GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

小田和正 ニューシングル「ダイジョウブ」c/w「哀しいくらい」4/25発売

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトBMG・小田和正SPECIAL SITEより

シングル「ダイジョウブ」
 NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」主題歌
c/w 「哀しいくらい」

4/25発売
品番:FHCL-7003
定価:1,050円(税込)

いよいよ公式発表です。
カップリングはオフコースのナンバー「哀しいくらい」のカバー。
あの「言葉にできない」が収録された佳作アルバム「over」(1981年)からのセレクションです。

関連記事:小田和正 新曲「ダイジョウブ」歌詞掲載

オフコース 「over」(オフコース・アルバム紹介)

小田和正
「ダイジョウブ」

小田和正 新曲「ダイジョウブ」歌詞掲載

ブログネタ
小田和正 に参加中!
→NHK報道資料(pdfファイル)←

2年ぶりの新曲リリースもいよいよですね。

小田和正
「ダイジョウブ」

視聴率と違う「ドラマ満足度」

ブログネタ
オリコン・ドラマ満足度調査 に参加中!
「冬の連続ドラマ 放送中間・満足度ランキング」byオリコン

記事では、現在視聴率のツートップを争う「花より男子2」「華麗なる一族」の比較が中心だけど、他の結果を見ていると結構面白い。

シリーズものの「相棒」や現在視聴率3位の「ハケンの品格」はやはり各世代で支持され(特に「相棒」の根強さは注目)、「拝啓、父上様」「東京タワー」が意外(!?)と中高生の支持のほうが他の世代より高かったり、「ヒミツの花園」が結構善戦していたり、「渡る世間は鬼ばかり」が何故か唯一中高生8位でランクしていたり…

視聴率と満足度が決してリンクしていない面白い事例です。

けっこうばらけたこのランキングに唯一載らなかったドラマが「演歌の女王」
制作キャスト・スタッフには痛い話だ…

コブクロ
「蕾」(初回限定盤・DVD付)
続きを読む

あの「100tハンマー」ヤフオクで出品中

→紹介ページ←

以下の場所でも展示されるそうです。

期間: 2007年3月9日(金)〜20日(火)、3月26日(月)〜5月6日(日)
場所: 東京アニメセンター(東京都千代田区)

東京国際アニメフェア2007
期間: 2007年3月22日(木)〜3月25日(日)
場所:東京ビッグサイト・東京国際展示場(東京都江東区)内、“よみうりテレビ”ブース

CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)
エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1 (完全限定生産)

ツアードキュメントブック 「SPIN OFF from TM 2007」発売決定

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
→ソニー・マガジンズ特設サイト←

B5変形・平綴じ
価格:税込7,500円
発売日:8/10
(上記サイトで予約中)

TM NETWORK
「GORILLA」

甲斐よしひろ、TOKIOに楽曲提供

→元ニュース←

タイトルは「ラン・フリー」
ミディアムバラードだそうですね。

「J-WAVE LIVE 2000+6」BS FUJIで3/10オンエア

ブログネタ
小田和正 に参加中!
BS FUJI 公式サイト

紹介ページは平井堅+サプライズゲスト小田和正のツーショット写真掲載つき。

関連記事:小田和正+平井堅「J-WAVE LIVE 2000+6」で共演

平井堅「瞳をとじて」

スキマスイッチ、今秋に初アリーナツアー

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
→元ニュース←

今回はチケット入手全敗だっただけに、朗報です、はい。

スキマスイッチ
「夕風ブレンド」(初回限定盤・DVD付)

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III- @ZEPP TOKYO 2日目

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
宇都宮さんいわく「僕と木根が話し合って決めた微妙な選曲」でおくる、SPIN OFF from TM 2日目は、初日と一部セットメニュー変更。
変わらなかったのはトークのぐたぐた感でしょうか?
そのトークの中では、歌って欲しいTMナンバーのリクエストを客席に聴いたりしていました。
ちなみに「一途な恋」は息継ぎできないのでダメだそうです(苦笑)

曲順は「続きを読む」参照。

TM NETWORK
「NETWORK TM」


続きを読む

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III- 初日@ZEPP TOKYO

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
ついにやってきました SPIN OFF from TM 初日。
20周年前夜祭的存在だった初回、後夜祭+レア度アップの前回に対し、特に明確なテーマは示されなかった今回。
ただし「TM NETWORKではもうやらないだろうレアな曲を演奏する」精神は健在。
そして既に、全ての曲が「過去」であることを感じさせたライブだった。

宇都宮隆・木根尚登・浅倉大介・葛城哲哉・阿部薫の5人だから醸し出すダラダラ感も健在。
トークのために曲に入れないこともしばしば。
木根さん曰く「同じメンバーだから、4年前からずっとツアーしている」気分だとか。
それでも初日らしく(?)、MCの時に段取りミスがありました。

曲目は「続きを読む」参照

TM NETWORK
「CHILDHOOD'S END」


続きを読む

木根尚登 アルバム「道」発売記念インストアイベント開催

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
→木根尚登公式サイトより←

木根尚登 ミニライブ&サイン会が以下の会場で開催されます。

4/4(水)18:00〜
 東京ドームシティラクーア ガーデンステージ ap square
  対象店舗:新星堂全店

4/7(土)11:00〜
 福岡 キャナルシティ博多 B1 サンプラザステージ
  対象店舗:HMVキャナルシティ

4/13(金)19:00〜
 大阪 ダイヤモンドシティ・プラウ ノースコート
  対象店舗:タワーレコード北花田店

4/21(土)14:00〜
 愛知 イオン岡崎ショッピングセンター1Fセントラルコート
  対象店舗:タワーレコード岡崎店

4/21(土)17:00〜
 名古屋 アスナル金山 明日なる!広場 
  対象:当日の即売会場でお買い上げの方

5/19(土)14:00〜/16:00〜
 東京 ラ・フェット多摩 南大沢内メインステージ 
  対象:当日の即売会場でお買い上げの方

イベントはこのあと何ヶ所か増えるようです。

あと、アルバム購入特典については公式サイトをごらんください。
ちなみに「SPIN OFF from TM 2007 –tribute LIVE III–」会場では、アルバムまたはDVD予約者に、アルバム「道」サイン入りアナザージャケットを木根さん自ら渡してくれるそうです。

なお、アルバムの収録曲は→こちらの記事参照←

木根尚登
「道」

DVD「NAOTO KINE CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO-Music Exchange-」収録内容

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
→木根尚登公式サイトより←

2007年4月4日 発売
品番:YRBN-13146
価格:5,250円(税込)

収録内容
[Live December 17th, 2006 Shibuya DUO -Music Exchange-]
空に続くロマンティック
MY BEST FRIEND
Bless This Love
Still feel loneliness
投函されない手紙
Clover
Love sing, slowly 〜魔法の笑顔〜
Soldier Blue
遠い国まで
つれづれ
For Years
橋はどこにあるの
クジラが飛ぶ日
浮雲 -Good & bad old days-
Bye Bye Bye
桜ヶ丘
誰かが君を愛してる
MY BEST FRIEND

[Bonus Features]
Back Stage Document
Special Talk Selection from 12.16
Music Video 「桜ヶ丘」

同時発売のアルバム「道」の収録曲は→こちらの記事参照←

DVD「NAOTO KINE CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO-Music Exchange-」

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III- グッズ発表

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
→こちら←

今回もガチャガチャ登場です。

いよいよ明日ツアースタート。

TM NETWORK
「Self Control」

「AP BANG! 東京環境会議vol.1」出演者第二弾決定

「AP BANG! 東京環境会議vol.1」公式サイトより

いずれもLIVE TIME ゲスト
3/16: 小泉今日子、PE'Z
3/17: 鬼束ちひろ、銀杏BOYZ
3/18: Crystal Kay、岡村靖幸、WISE、タカチャ

第1次発表は→こちら←

鬼束ちひろ(!)、シンガー小泉今日子(!!)&岡村靖幸(!!!)の復活ステージにもなるようです。

沿志奏逢

BGM Vol.2 ~沿志奏逢

ap bank fes’05

to U

ap bank fes’06

ほんじつのおかいもの

絢香×コブクロ
「WINDING ROAD」


木根尚登や佐藤竹善の新譜も予約。

また小田和正「ダイジョウブ」も予約開始。
CD店の情報では4/25発売。
c/wはオフコースのカバー(曲未定)

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III- リハーサル風景

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
こちらを御覧下さい↓
→阿部薫 どびん茶瓶かおる便←

順調に進んでいるようです。
今週末にはいよいよ初日ですね。

TM NETWORK
「GORILLA」

オフコース 「君住む街へ」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1987年、オフコースのツアー「as close as possible」のラストを飾る日本武道館。
終演後の熱気さめやらぬ会場で、そのバラードは初めて流された。

その曲のタイトルは「君住む街へ」
オフコースのメンバーが交互にボーカルをとるスタイルをとった優しいメッセージ・ソングは、作詞作曲した小田和正によると、ツアー中にメンバーで話し合って生み出した作品だという。

「君住む街へ」は、ツアーのライブビデオ収録を経て、1988年にシングル化。
あわせて冬の北海道、そして三浦半島のレストランを舞台にしたビデオクリップも作成された。
同年発売のアルバム「STILL a long way to go」のオープニングを飾り、アルバムと同名のツアーの本編ラストを飾った。

オフコースは、このツアーの最中、1989年2月での解散を発表する。

「君住む街へ」はオフコース解散の象徴的な曲となり、翌年発売されたベストアルバムにはこの曲が冠された。
そしてオフコースのラストライブ「the night with us」でも歌われた。

ソロになってから、小田和正は一時期「君住む街へ」をあまり歌わなかったが、1995年のツアー「FUN MORE TIME!」以降はアンコールを中心にこの曲を歌うようになる。
そして2001年、オフコースのセルフカバーアルバム「LOOKING BACK 2」のラストナンバーとして収録され、翌2002年のツアー「Kira Kira」では本編最後を飾った。

今も小田和正のライブに欠かせない1曲である。

関連:
オフコース「STILL a long way to go」

オフコース「君住む街へ 1984-1988」

オフコース 1989.2.26「the night with us」東京ドーム

小田和正 「LOOKING BACK 2」

オフコース
「STILL a long way to go」

オフコース
「君住む街へ 1984-1988」

小田和正
「LOOKING BACK 2」

宇都宮隆 SPIN OFF from TM 2007 -tribute LIVE III- 第3弾曲 『Magenta』2/28配信開始

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
→宇都宮隆公式サイトより←

木根尚登作曲による孤高のバラードだそうです。

作詞は木根さんのソロ作品に詞を提供している田中花乃(花乃ルサカ)。
アレンジはTM NETWORKのサポートメンバーにもなったことがある吉村龍太。

どんな曲になるんでしょうか…

TAKASHI UTSUNOMIYA THE BEST“FILES”

佐藤竹善 with コブクロ「木蘭の涙」 Gyaoで配信中

→こちら←(3/3まで)

スターダストレビューの名バラード「木蘭の涙」を、佐藤竹善+コブクロのコーラスワークで聴かせる、珠玉のトラックです。
一見の価値あり。

佐藤竹善
「THE HITS -CORNERSTONES 3-」
(「木蘭の涙」)収録

小室哲哉 久々の男性アーチストプロデュース

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
→元ニュースはこちら←

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

FM 802 SPECIAL REVUE

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
3/31(土) 大阪フェスティバルホール 18:30開演

プロデュース:三代目魚武濱田成夫

音楽監督:高野寛

出演アーティスト:三代目魚武濱田成夫・金子マリ・窪塚洋介・斉藤和義・坂本美雨・手嶌葵・浜田真理子・一青窈・リクオ 他

バンド:高野寛(g)・斉藤哲也(pf)・福原将宣(g)・矢部浩志(dr)・大田譲(b)・春名正治(sax.per)

中島みゆきの楽曲で構成されるステージだそうです。

FM802はこういう粋なイベント多いなぁ…

→イベント公式サイト←

「元気ですか」
(中島みゆきカバー集)

小田和正 NHK朝ドラマ「どんと晴れ」主題歌に新曲「ダイジョウブ」を提供

ブログネタ
小田和正 に参加中!
→NHK公式サイト(小田和正さんのコメントあり)←

小田和正公式サイト

これはアルバム「そうかな」以来、2年ぶりのCD化を期待してもいいのかな?

小田和正
「たしかなこと」

木根尚登 ニューアルバム「道」収録曲タイトル

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
FC会誌より

・君への道
・Seasons
・桜ヶ丘
・ここにある未来
・花を贈ろう
・妹(原曲:南こうせつ)
・Index 1
・Soldier Blue
・Collection
・Index 2
・Eris 〜10番目の星〜
・イレイス

木根尚登
「道」

NAOTO KINE CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO-Music Exchange-(DVD)

Yahoo! 「エンジェル・ハート」特集でU_WAVE「Daydream Tripper」などオンエア

→エンジェル・ハート 特集ページ←

U_WAVE「Daydream Tripper」をはじめ、「エンジェル・ハート」全てのオープニング・エンディングテーマが視聴できます。

「Daydream Tripper」がエンディングになった回は結構ターニングポイントの回だったので、是非無料オンエアして欲しいなぁ…。

U_WAVE
「Daydream Tripper」

CMな話

ハウス「北海道シチュー」CM(CMソング:小田和正「大好きな君に」)と、オフコースのベストアルバム「i(ai)」のCM、オフコース・小田和正とは別の共通点があるのはご存じでしょうか?

それは、出演している女優さんが一緒だと言うこと。

その女優は、松岡璃奈子さん
(リンク先は大田プロ・プロフィール欄)

「のだめカンタービレ」の双子のフルート奏者・鈴木萌さんを演じた方、といえばわかる方も多いかも。
(実際に双子で、姉妹共に芸能活動しているようです)

独特の空気感がある女優さんですよね。

→東芝EMI オフコースサイト←
(「i(ai)」のCMがごらんになれます)

小田和正
「そうかな」
(「大好きな君に」収録)

オフコース
「i (ai)」 (DVD付)
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA TOUR 2018
特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

小田和正
KAZUMASA ODA TOUR 2018
日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ