GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 ホール・アリーナ公演最終日

ブログネタ
小田和正 に参加中!
「全国の皆さんに、小田がよろしく言っていたとお伝えください」
(小田さんのトークより)


追加公演(11・12月の東名阪ドームツアー)が決まるまでは、今日が Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 千秋楽。
そのせいか、小田さんも、バンドも、スタッフも、そして観客も、「今日が最終日」という感じに会場が包まれていました。

まずはコンサート開演直前に、9/20のリハーサル中に行われた、小田和正誕生祝いの風景が流され、開演前から会場のテンションがあがる一方。

ライブが始まり、最初のトークで小田さんは「ついに最終日を迎えてしまいました!」「全国各地に来てくれた人達、そして来たくても来れなかった人達に、感謝をこめて歌わせてください。今日はここにいる皆さんが代表です!」と発言し、当然のごとく盛り上がる観客達。

ライブは進んで中盤、Talk & Live コーナー。
「俺が普通に歌うとかわいい声になるから、いつも考えて歌う」なんて発言も。
他にも「最近、楽屋では高い声が出なくて、『大丈夫か?』と心配になるけども、本番では出る。みんなの気のせいかな?」という話も出てきました。

また、オフコース再始動の頃の曲を歌う前「ヤス(鈴木康博)が抜けて、4人でやることになって、グループ名はどうする?ヤスがいないのにオフコースでいいのか?っ、て…。でも、ドゥビー・ブラザーズなんて、オリジナルのメンバーなんかいないのにそのままなので、まっ変えずに行こうか、ということになった。でも、4人でやるのを決めるのに十数ヶ月必要だった。もしグループ名を変えていたら、もっと違う曲ができていたのかな…」という話も。

オフコース初期の頃、インタビューを受けても小さい記事にしからならなくて、ショックだったとのこと。
その中でも「小田さんにとって音楽は何ですか」という質問を受けることがあって、「何も準備していないし、考えていない、安易すぎる質問」とコメントしつつも、「俺にとって音楽は、何かを伝えることなんだろう」としゃべっていました。

御当地紀行は京阪神の総集編。
最後に「今ツアーの御当地紀行はこれで終了です!」とも。
(…ドームではどうするんだ?)

最後の方には、小田さんは「このツアーをはじめる前は、先のことまで考えられませんでしたが、ツアーを回って、みんなの笑顔を見ていたら、また続けられると思いました」とコメント。
続けて「そのためには、またいい曲を書きたい。いい曲を書かないとねぇ」ともおっしゃってました。

そして「全国の皆さんに、小田がよろしく言っていたとお伝えください」ともコメントしてました。

セカンドアンコールでは「今回のツアーを支えてくれたイベンター、そしてスタッフに捧げます」というコメントからスタート。

更に2回のアンコール後も拍手が鳴りやまず、サードアンコールも実現。
1曲はギター弾き語りで、もう1曲は「もう歌う曲がありません」とコメントしながら、本編で歌った曲を観客と大合唱。
舞台を去る前、小田さんは「また会おうぜ!」と叫んで、コンサートを終えました。

一応追加公演があるので、セットリストは「続きを読む」参照。
※少しずつ記事を書き直します。

PS.今日のトークには出てきませんでしたが、昨日のライブでは「今年も『クリスマスの約束』やります」とのことでした。ちなみに、クリ約スタッフ一同からお花が届いていました。

関連記事:
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @テアトロン(香川県さぬき市)(2008.7.26)
<ゲスト:スターダストレビュー>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目(2008.8.12)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ最終日(2008.8.13)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館1日目 (2008.9.10)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館2日目 (2008.9.11)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 K.ODA 61th Birthday LIVE (2008.9.20)
<オンステージシート体験>

------------

ツアー特設サイト

今日も どこかで
僕の贈りもの
ワインの匂い
We are
over
NEXT SOUND TRACK
The Best Year of My Life
Oh!Yeah!
伝えたいことがあるんだ
個人主義
自己ベスト
そうかな
自己ベスト-2


続きを読む

globe、TBS系「オールスター感謝祭 超豪華!クイズ決定版」に出演

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:グータラ日記。

大元:kco's online

TBS系「オールスター感謝祭 超豪華!クイズ決定版」
明日(9/27)18:30〜23:48(生放送)

ちなみに小田和正さんの出演はない、と昨日のライブ中にご本人が断言していたそうです。
小田ファンの方々、番組の誇大広告にはくれぐれもご注意を。

Get Wild(A)
Get Wild(B)

小田和正ツアー「今日も どこかで」@武道館・松山・福岡+京都音博

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、武道館・松山・福岡公演関連および京都音楽博覧会の写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

青木功とのツーショット写真や、バースデーケーキの写真があります。

いよいよ、本日はアリーナ・ホールツアー千秋楽。

関連記事
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館1日目

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館2日目

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 K.ODA 61th Birthday LIVE

※松山公演のセットリスト(蜜柑さん提供)は、「続きを読む」参照。

小田和正「今日も どこかで」


続きを読む

木根尚登レギュラーラジオ番組スタート

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

木根尚登の「ニュー・タウン・ストリート」
K-MIX
(静岡エフエム放送)
10月3日(金)より毎週金曜 18:30〜18:55

…聞けない(ぼそ)

木根尚登
「ノックは3回〜Knock Three Times〜」

Goodings RINA カバーアルバム「The Nightbird」リリース

情報源:CDジャーナル

Goodings RINA 「The Nightbird」
発売日:2008.10.8
商品番号:VICL-63002
定価:2,200円(税込)

収録曲
・め組のひと(ラッツ&スター)
・Shangri-La(電気グルーヴ)
・sure dance(米米クラブ)
・Frontin'(Pharrell)
・恋のメキシカン・ロック(橋 幸夫)
・SUNDAY MORNING(maroon 5)
・EVERY BREATH YOU TAKE(The Police)
・泣いたままで listen to me(バービーボーイズ)
・世界はそれを愛と呼ぶんだぜ(サンボマスター)
・SOMEBODY TO LOVE(Queen)

何ですか、この80〜90年代 J-POP ファンの通なツボをつく選曲は?

それにしても「Shangri-La」のカバー、最近目立つな。
むちゃくちゃ難曲なのに。
(ネタにするのもはばかられるほど、酷いカバートラックあったし)

The Nightbird -Goodings RINA N COVER-

globe 「Get Wild」 着うた配信開始

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:globe 公式サイト


11/26発売シングル「Get Wild」の着うたが、本日よりミュゥモ・レコ直・MUSIC.JP・dwangoで配信開始。

あと、ミュゥモショップでシングルを予約すると、「globeミュゥモショップ限定スペシャル音源(1枚)」がつくそうです。
特典付予約受付期間:2008年9月24日(水)16時〜2008年11月25日(火)正午まで
特典は無くなり次第、終了とのこと。

PC:http://shop.mu-mo.net/avx/sv/list1?artist_id=GLOBE
携帯:http://m-shop.mu-mo.net/avx/sv/list1?artist_id=GLOBE

globe
「Get Wild」(A)
globe
「Get Wild」(B)

fragrance feat.辻香織、小田和正「たしかなこと」をカバー

fragrance feat.辻香織 「The Book of Love〜No.1 VARIETE」
発売日:2008.9.17
商品番号:SRVC-1007
定価:2,500円(税込)

収録曲
1. 名もなき詩(Mr.Children)
2. 全力少年(スキマスイッチ)
3. 冷たい頬(スピッツ)
4. 明日晴れるかな(桑田佳祐)
5. ばらの花(くるり)
6. たしかなこと(小田和正)
7. 1/2(川本真琴)
8. BEST FRIEND(kiroro)
9. 冬がはじまるよ(槙原敬之)
10. 東京にもあったんだ(福山雅治)

試聴は→こちら

最近、大橋卓弥さん(スキマスイッチ)を皮切りに、「たしかなこと」のカバーが徐々に増えてきてますね。
それにしても小田さんの好みに近い選曲だな、このカバーアルバムは。

The Book of Love No.1 〜VARIETE

小田和正
「たしかなこと」

さだまさしトリビュートアルバム「さだのうた」

ブログネタ
さだまさし☆☆ に参加中!
情報源:サンスポ

さだまさしトリビュート さだのうた
発売日:2008.10.22
商品番号:FRCA-1198
定価:3,000円 (税込)
制作・発売:ユーキャン
販売:ユニバーサル ミュージック

参加アーチスト
BEGIN ・ 林英哲 ・ SEAMO ・ 平原綾香 ・ THE ALFEE ・ 松浦亜弥 ・ 中西圭三 ・ 森山直太朗 ・ 錦織健 ・ 立川談春

(カバー曲は未定)

アルバム公式サイト

立川談春さんはトーク再現のための参加だそうです。
さすが、さだまさし。

さだまさしトリビュート さだのうた

NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 Final @ DUO MUSIC EXCHANGE

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK ツアー中の5月からはじまった木根さんのソロライブ「Talk & Live 番外編」も、今日で千秋楽。
場所は、吉祥寺・Star Pains Cafe と共に木根ソロのホームといえる「渋谷 DUO MUSIC EXCHANGE」

ライブは、前半ギター弾き語り、中盤ゲストを交えてトーク&ライブ、後半ピアノ弾き語り、という構成。

本日のゲストは日本テレビ「アナ☆パラ」で共演していた、フリーアナウンサーの駒村多恵さん(木根さんはコメンテーターとして同番組に出演)。
とにかく上手く再現できないほど、脱線多数のトークでした。
駒村さんは、学生時代にオーディションで歌っていたという長山洋子「ヴィーナス」、駒村さん自作曲の「生きる」、木根作品からの選曲「さくらの花の咲く頃に(渡辺美里)」を披露してくれました。
ちなみに駒村さんが出演している日本テレビ系「ズームイン!! SUPER」のカメラが入っていたので、近いうちに同番組でオンエアされるようです。

アンコールでは駒村さんの他、「アナ☆パラ」仲間として、日テレ・葉山エレーヌアナ、元官僚で俳優・コメンテーター仲間の早坂実氏、読売新聞・鈴木美潮記者、番組プロデューサーも登場。
この5人+客席で「Happy Birthday」を歌い、ケーキ付で木根さんの5日早い誕生日を祝いました。

あと終演後、葛城哲哉さんと久保こーじさんが、ファンに挨拶しながら招待席から楽屋に移動していました。

※昨日のゲストの模様は「Easy Listening」「つきうさぎ(セットリストあり)」参照。

また、木根さんよりアルバム完成報告もありました。
アルバムタイトルは「NEW TOWN STREET」
発売は11月で、これに連動して12月にフルバンドを従えてのライブを、渋谷 DUO で開催予定とのこと。

本日はその中から、アルバムの中核になるという「悲しみのチルドレン」を披露してくれました。

セットリストは以下の通り。
あすかじゅりさんのご指摘で修正しました)

1. GATE
2. 君への道
3. クジラが飛ぶ日
4. Soldier Blue
5. H2O
6. ノックは3回
7. 友よ風に抱かれて

以下3曲:with 駒村多恵
8. ヴィーナス(長山洋子)
9. 生きる(駒村多恵)
10. さくらの花の咲く頃に(渡辺美里)

11. 観覧車
12. Winter Comes Around
13. ポニーテール
14. Ci e la musica
15. 空へつづくロマンティック
16. 青空

Encore
17. 色づく街
18. アナ☆パラ・フォーエバー(未発表曲)
19. 悲しみのチルドレン(新曲)

関連記事:
NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 5/4 吉祥寺

NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 5/6 吉祥寺

NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 7/5 上野

----------

NAOTO KINE CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO-Music Exchange- (DVD)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 K.ODA 61th Birthday LIVE

ブログネタ
小田和正 に参加中!
今日は小田和正さん61回目の誕生日。

そして1997年「Thru The Window」仙台公演以来、11年ぶりの誕生日当日のライブを、オンステージシートで体験することが出来ました。
(通算3回目、今ツアー初)
※オンステージシート…舞台上、バンドの後ろに設けられた客席のこと(「クリスマスの約束」では必ずステージ後方に観覧席を作っていますが、まさにあんな感じです)。1998年「Thru The Window」日本武道館公演からはじまり、2002年「kira kira」ツアーからは全公演で実施。抽選により観客を選出(一部会場はS席のみ抽選の対象です)。

バンドメンバーやスタッフと同じ目線で見る小田さんは、客席から見る小田さんとは違って見えたような気がします。
いろいろ細かいものも見えて、非常に貴重な体験でした。
何より目の前を小田さんが何度も通り過ぎてゆくのは、一種の至福といえるでしょう。

そのバースデーライブは、オープニングからほぼ総立ち状態。
最初のトークで小田さんは「昨日から何かサプライズがあるかと思って、どきどきしている」とコメント、観客にまで「何か隠していないか?」と聞く状況。
その牽制(?)のせいか、今回は「Happy Birthday」を歌う局面や、スタッフによるサプライズはありませんでした。
(ちなみに客席の何カ所からか、時折歌声があがってました)

一方、小田さんはステージ裏の客席に2回、ステージ正面のスタンド席に1回乱入。
仮設の階段からステージ裏の客席に駆け上がる小田さんを、階段下から見上げるという体験は、非常に貴重な光景でした。

誕生日ということもあって、客席の十数カ所でメッセージカードが掲げられ、何より観客からの拍手がかなり熱のこもったものでした。
そのせいか、アンコールで小田さんは「こんな素敵な誕生日になるなんて」「こんなにうれしいことがあると、バチが当たるのではないかと思う」とコメントしてました。

またツアーについても「声も出るし、みんな来てくれるし、やめられねえな」とコメントしていました。

アンコールでは「このまま終われないでしょう」とコメントしてから、今ツアー初披露の曲を演奏してくれました。
そしてラストソングは「博多にまた戻って来れるように」という気持ちを込めての選曲だそうです。

セットリストは「続きを読む」参照。
今回はセットリストの後に、ネタバレチックなトークも書きました。

関連記事:
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @テアトロン(香川県さぬき市)(2008.7.26)
<ゲスト:スターダストレビュー>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目(2008.8.12)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ最終日(2008.8.13)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館1日目 (2008.9.10)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館2日目 (2008.9.11)

ツアー特設サイト

小田和正
今日も どこかで
オフコース
「ワインの匂い」
小田和正
「個人主義」


続きを読む

ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」 12年ぶりに再演

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο


音楽座「マドモアゼル・モーツァルト」告知サイト

1991年に小室哲哉が音楽を担当したミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」が、12年ぶりに再演。
今回も小室さんが音楽担当。

公演日程
2008.12.18(木)〜12.28(日)
東京・池袋:東京芸術劇場 中ホール

2009.1.31(土)2.1(日)
神奈川県:グリーンホール相模大野

2009.3.6(金)3.7(土)
西宮市:兵庫県立芸術文化センター


小室哲哉「マドモアゼル・モーツァルト」

LGYankees 「Dear Mama feat.小田和正」 オーケストラバージョンをチャリティとして9/17より配信

ブログネタ
小田和正 に参加中!
朝日新聞(小田さんのコメント付)
配信での売上の一部を、宮城県栗駒市(岩手・宮城内陸地震の被災地)に寄付。

NO DOUBT TRACKS (LGYankees 所属レーベル)

LGYankees
「NO DOUBT!!!? NO LIMIT」(初回限定盤・DVD付)
(「Dear Mama feat.小田和正」収録)

木根尚登テレビ出演情報

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

日本テレビ系
「堺雅人×塚地武雅の演説型情報バラエティ 恋愛新党!」
9月26日(金)24:55〜25:10予定

(特番編成のため、通常より15分遅れの予定)

番組公式サイト

こういう番組が、ある意味すごいコンビで放映していたんですね。
深夜放送恐るべし、侮りがたし。

で、木根さんはどういった形で出るんだろう??

木根尚登
「ノックは3回 〜Knock Three Times〜」

Keyboard Magazine Presents Special Talk Show & Live : Secrets of Tetsuya Komuro's Music

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
私は行けなかったのですが、以下のお三方が参加&ブログ記事にしています。

Easy Listening (ろじゃむさん)

ぶろぐ@およよの部屋(およよさん)

うさこといっしょっ!(Makikoさん)

あまぐりのつぶやき(石崎あまぐりさん)

よろしかったら御覧下さい。

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-
THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

Gyao 昭和TV 「不滅の!フォーク検定」に鈴木康博出演

こちら(Gyao)
(10/1(水)まで)

鈴木康博
「いいことあるさ」

ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”上海公演 記者会見&ライブ映像

ブログネタ
CHAGE&ASKA に参加中!
情報源:まんぼのつぶやき日記blog

e+ MOVIE

まもなく日本公演もスタート。

ASKA 「UNI-VERSE」


続きを読む

大阪アジア音楽祭

情報源:でんちゅ〜Blog♪ |電柱|ー ̄)


「音楽でつなぐアジアの絆 大阪アジア音楽祭」
日時:11月9日(日)(17:00開演)
会場:大阪・フェスティバルホール
入場料:5,000円(税込・全席指定)
出演:谷村新司(ホストプロデューサー)/毛阿敏/CHAGE/渡辺美里/POSITION/siori/CRYSTALS/and more
イベンター:キョードー大阪

メンツがいいんだけど、参加無理だな(遠い目)

渡辺美里「Dear My Songs」

CHAGE「waltz」
谷村新司
リクエストライヴ・アルバム 〜The ゲネプロ〜「音帰し」

TM NETWORK ベストアルバム「TM NETWORK THE SINGLES 2」 初回限定版ボーナストラック内容一部発表

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
宇都宮隆公式サイトより

11/26リリースのベストアルバム「TM NETWORK THE SINGLES 2」。
初回限定版のボーナストラック内容の一部が発表されました。

・TIME
(PASSED SO SLOWLY)
・FOOL ON THE PLANET
(WHERE ARE YOU NOW)
・DIVE INTO YOUR BODY
(DUB INSTRUMENTAL MIX)
・WE LOVE THE EARTH
(Single version)
・Dreams of Christmas
('91 N.Y. MIX)
・一途な恋
(ANOTHER MATERIAL)

…微妙ですね(ぼそ)
まだ何曲か入るそうなので、それに期待するしかないのかな。

個人的には1988年東京ドーム「STARCAMP TOKYO」の音源に期待したいんだけど。

関連記事:TM NETWORK ベストアルバム「TM NETWORK THE SINGLES 2」 11/26発売

TM NETWORK THE SINGLES 1 (初回生産限定盤)

小田和正ニューシングル「今日もどこかで」詳細

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

小田和正ニューシングル「今日も どこかで」
フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング(2009年3月末日までO.A)

品番:FHCL-7005
定価:525円(税込)

・収録内容
1. 今日も どこかで 
2. 今日も どこかで(会場のみんなとバージョン)
3. 今日も どこかで(オリジナルカラオケ)

※レコ直・BMGモバイルでは、10/22より着うた先行配信、11/5より着うたフルスタート。

ちなみに「会場のみんなとバージョン」は、日本武道館1日目2日目にて録音されました。

「今日も どこかで」は小田和正ツアー「今日も どこかで」特設サイトで、フル視聴可能です

小田和正
「今日も どこかで」

小室哲哉「Far Eastern Wind - Autumn」 iTunesで配信開始 & 関連イベント情報

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:Easy Listening


小室哲哉アルバム「Far Eastern Wind - Autumn」
iTunesのみ、9/10より配信
全11曲:1,500円(税込)
※10曲は個別配信可能

配信はこちら

小室哲哉スペシャルイベント開催
9/16(火)アップルストア・銀座店19時〜20時(予定)
キーボード・マガジンがお送りする小室哲哉のトーク&ライブイベント。
iTunes Storeで好評配信中のソロプロジェクト“Far Eastern Wind”シリーズに関する話のほか、MacやPro Toolsを使った曲作りを実演。完成した楽曲はライブで披露。

関連:アップル銀座店

TK INSTRUMENTAL WORKS SELECTION 1985-2003

ほんじつのおかいもの

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
キーボード・マガジン (Keyboard magazine) 2008年 10月号 AUTUMN [雑誌] (CD付き)


表紙&巻頭特集が小室哲哉。
iTune 発表の作品群について語っています。

また小田和正ライブ写真&栗尾直樹インタビュー(機材紹介)も掲載。

globe TBS系 9/24放送 「CDTVスペシャル! 15周年プレミアライブ」に出演

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:グータラ日記。

CDTVスペシャル! 15周年プレミアライブ公式サイト

放映日:2008年9月24日(水) 18:55〜23:24

(幕張メッセより生中継)

司会:恵俊彰・ベッキー
出演予定アーチスト:aiko・Every Little Thing・GLAY・globe・倖田來未・コブクロ・サザンオールスターズ・島谷ひとみ・中島美嘉・浜崎あゆみ・福山雅治・ポルノグラフィティ・Mr.Children・NEWS・PUFFY &サプライズゲスト
※サザンオールスターズは新聞報道から

気になるアーチストの名前もちらほら。
録画は確実にすると思う。
globe は何を歌うんだろう?

globe
「Get Wild」(A)
globe
「Get Wild」(B)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館2日目

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田さんにとって「思い出がいっぱいある場所」である武道館公演2日目。

「音楽がすきで、音楽をすることが楽しかったけど、その百倍嫌なことがあった」として、オフコース初期の頃、営業に行ったらマイクが一本しかなかったとか、千葉のデパートに行ったら子供が走り回り、館内放送が鳴り響く階段の踊り場で歌わされた、というエピソードを披露。
そういうのが積み重なって、他人と組まずに全部自分たちでやるようになったとのこと。

で、「銀河鉄道999」の主題歌のオファーがあった時、悩んで、みんなでミーティングを重ねて、みんなに(オフコースを)知ってもらういい機会だとしてオファーを受けたら、翌日「ゴダイゴに決まりました」と連絡があって、よけいに自分たちでやるようになった、なんて話もしてました。
(ちなみにオフコースにオファーがあった映画「銀河鉄道999」は1979年公開。「さよなら」リリース数ヶ月前の出来事)

他にもNHK「昼のプレゼント」で、落語家・柳家小さん(立川談志を破門にした師匠)と一緒に出演し、「僕の贈りもの」を歌ったという話も出てきました。

また、今日が9.11テロの日であり、「あの日はスタジオにいた」「自分には何も出来ないけど」「今日を大切にしよう、という思いを込めて」とコメントしてから、The New Christy Minstrels「TODAY」をカバーしていました。

曲作りについては、明治安田生命の新曲のオファーに「シンプルな曲を超えるのは大変だ。けれども、そういうオファーがあるのは嬉しい」とのコメントも。

御当地紀行は、武道館前(自転車に乗ってはしゃぐ小田さん)にはじまり、各地の総集編を経て、東京ドーム(アクアシティ観覧車)で終わる構成。
追加公演の会場となる東京ドームを前に「ここでライブをやるとは思いもしませんでした」とコメントしてました。

後半では、昨日は無かった客席巡回もありました。

最後には「何時になるかわかりませんが、また武道館でライブをやりたい」とおっしゃっていました。
横浜に優るとも劣らない、小田さんの武道館への愛着を強く感じだ3時間でした。

セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事:
日本武道館夜話 OFF COURSE Version

日本武道館夜話 K.ODA Version

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 第1日目(7/6)
(ゲスト:ムッシュかまやつ)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 第2日目(7/7)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 9/21

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 9/22
(ゲスト:松たか子)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 12/6
(ゲスト:矢野顕子・ゆず)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館最終日(12/7)
(ゲスト:スキマスイッチ)

----------

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @テアトロン(香川県さぬき市)(2008.7.26)
<ゲスト:スターダストレビュー>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目(2008.8.12)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ最終日(2008.8.13)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館1日目 (2008.9.10)

ツアー特設サイト

小田和正
今日も どこかで
オフコース
「over」
小田和正
「伝えたいことがあるんだ」


続きを読む

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @日本武道館1日目

ブログネタ
小田和正 に参加中!
最初のトークでの「武道館に戻ってきました」というコメントが示すとおり、小田さんにとって武道館は横浜同様、ホームグラウンドの感覚なのかもしれません。
小田さんは「いつもより客席が近くに感じる」とコメントしてましたので、他のアリーナ会場にはない武道館独特の距離感が、小田さんの好みなのでしょう。

トークでは、「いい年して『こころ』や『僕らの街で』のような青臭い曲を今でも書いて、となどと言われますが、オファーがあるから書いています。そういうオファーがあることが嬉しいことです」なんて話も出ていました。

また、先日のイベント「京都音楽博覧会」でYMO(HASYMO)の細野春臣さんと初めて会った、という話が出ました。
高橋幸宏さんは「僕の贈りもの」のドラムを叩いているけど、細野さんとはこれまで縁が無かったそうです。
(ちなみに、トークには出ませんでしたが坂本龍一さんとは「今だから」をはじめ交流多し)
細野さんとは殆どしゃべらなかったそうですが、それで満足だったようです。

更に、オフコースの初期のファンが少ない頃、30人くらいのファンから年賀状が来ていて、その時は絵も書いて返事を出していたというエピソードも披露。
「この中に、その年賀状をもらったという人がいますか?」と小田さんが聞いたところ、客席からお一人、手を挙げてました。
小田さんは驚きながら「ありがとうございます」ってコメントしてました。

御当地紀行は東京ミッドタウンでスタートし、全国総集編ダイジェストを挟んで、神宮の野球場でしめてました。
ここ数年、小田さんは野球をしていないようです。

折々にオフコース「over」ツアー・日本武道館10日間公演(1982年)とリンクする話をするところが、印象的でした。(ネタバレ的になるので「続きを読む」参照)

セットリストは「続きを読む」参照。
ここにシングル「今日も どこかで」のカップリング曲についても触れてます。

ちなみに井上真央さんをはじめ小田さんゆかりの方々や、各テレビ番組・ラジオ局・雑誌に混じって、安室奈美恵さんからの花束がありました。
どういう縁なんでしょうか?非常に気になります。



関連記事:
田家秀樹ブログ・新・猫の散歩「小田さん、武道館。」
----------

日本武道館夜話 OFF COURSE Version

日本武道館夜話 K.ODA Version

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 第1日目(7/6)
(ゲスト:ムッシュかまやつ)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 第2日目(7/7)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 9/21

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 9/22
(ゲスト:松たか子)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館 12/6
(ゲスト:矢野顕子・ゆず)

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」日本武道館最終日(12/7)
(ゲスト:スキマスイッチ)

----------

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @テアトロン(香川県さぬき市)(2008.7.26)
<ゲスト:スターダストレビュー>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目(2008.8.12)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ最終日(2008.8.13)

ツアー特設サイト

小田和正
今日も どこかで
オフコース
「NEXT SOUND TRACK」
小田和正
「こころ」


続きを読む

TM NETWORK ベストアルバム「TM NETWORK THE SINGLES 2」 11/26発売

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
宇都宮隆公式サイトより

「TM NETWORK THE SINGLES 2」
2008年11月26日発売予定
発売元:ソニー・ミュージックダイレクト

初回仕様:ボーナスディスク付き2枚組CD
定価:3,150円(税込)

通常版
定価:2,520円(税込)


・収録予定曲(初回仕様・通常盤共通)
1. COME ON EVERYBODY
2. JUST ONE VICTORY (Remix Version)
3. COME ON EVERYBODY (WITH NILE RODGERS)
4. KISS YOU (KISS JAPAN)
5. Get Wild '89
6. DIVE INTO YOUR BODY
7.THE POINT OF LOVERS' NIGHT
8.TIME TO COUNT DOWN
9.RHYTHM RED BEAT BLACK
10. RHYTHM RED BEAT BLACK (VERSION 2.0)
11. LOVE TRAIN
12. WILD HEAVEN
13. 一途な恋
14. Nights of The Knife

※初回仕様の収録曲は未定

A面集なのに「We Love The Earth」が未収録(涙)

TM NETWORK THE SINGLES 1 (初回生産限定盤)
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ