GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

木根尚登 「浮雲」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
2001年、Rojam Entertainmentからリリースされたミニアルバム。
前作「The Biginning Place 〜始まりの場所〜」から3年ぶり、1999年のTM NETWORK再始動以来初となる、ソロ新作でもある。

新曲4曲と、TM NETWORK「GIRLFRIEND」及びソロ「ホントの君 ウソの君」といった名バラードのライブバージョン(両曲とも2001.3.31 Talk & Live in 八ヶ岳音楽堂での音源)を収録した。
新曲4曲は木根本人が作曲、「ポニーテール」「浮雲 - Good & bad old days -」は前田たかひろが、「For Years」「遠い国まで」が小室みつ子が作詞。ポップなサウンドに、ちょっと切ない歌詞が載っている。
一方、ライブバージョンはバイオリンとピアノが名曲を美しく引き立てる、新曲達とは好対照なトラックとなった。 新曲達の持つ切なさを、最後の2曲が優しく包み込む感じである。

木根尚登が持つポップな面と、名バラードライターとしての力量が両方織り込まれた1枚。

関連記事:
TMN「BLACK」「RED」「BLUE」
(「BLUE」に「GIRLFRIEND」収録)

木根尚登 「liquid sun」
(「ホントの君 ウソの君」収録)

木根尚登
「浮雲」
1. ポニーテール
2. 浮雲 - Good & bad old days -
3. For Years
4. 遠い国まで
5. GIRLFRIEND
6. ホントの君 ウソの君

POWER OF MUSIC 〜100年後の未来に残したい曲〜

ブログネタ
小田和正 に参加中!
J-WAVE・NORTH WAVE・ZIP FM・FM802・CROSS FM で展開されたキャンペーンの結果がでました。

→こちら←

TOP 10に、小田和正「たしかなこと」、オフコース「生まれ来る子供たちのために」が選出されています。
「たしかなこと」がランクインしたのは、アンジェラ・アキさんプッシュの影響?

小田和正「そうかな」
(「たしかなこと」収録)
オフコース
「Three and Two」
(「生まれ来る子供たちのために」収録)

木根尚登 「THE BEST OF NAOTO KINE 15 GOODIES」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
2000年にリリースされた、木根尚登ソロ初のベストアルバム。
全曲リマスタリングしており、音質が向上している。

収録曲はTMN終了後のソロ作品が中心で、一方でデビュー曲「泣かないで」や、ミニアルバム「NEVER TOO LATE」の曲が収録されないなど、ややバランスには欠ける。
しかし歌詞カードに添えられた彼のコメントを読んでいると、この曲達に対する彼自身の思いが伝わってくる。
彼のソロワークの手がかりとなる1枚、木根ソロ初心者向けである。

木根尚登
「THE BEST OF NAOTO KINE 15 GOODIES」
1. REMEMBER ME?
2. Marching for new day
3. UNKNOWN TOWN 〜見知らぬ街〜
4. 永遠のスピード
5. 友よ風に抱かれて
6. それでもいいと思ってた
7. Still feel Loneliness
8. 長い影
9. 思い出はクレセント
10. 今はただ君を
11. Sad Emotion
12. 投函されない手紙
13. ホントの君 ウソの君
14. Time Passed Me By
15. Roots of The Tree

木根尚登 「The Biginning Place 〜始まりの場所〜」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1998年にリリースされたアルバム。
シングル「誰かが君を愛してる」以降のソロワークが収録された。

小室哲哉・嶋田陽一・山本英美ら、これまでのソロワークを支えてきたミュージシャンに加え、先行シングル「永遠のスピード」や「長い影」で大江千里が作詞で参加している。

本作の特徴は、今回から木根みずから編曲を手がけた作品であること。
作曲は全て自作、作詞も多く手がけるなど、本人の関与度が高い。
タイトルからも解るように、彼自身の挑戦が伺える作品。

ちなみにシングル曲でもある「UNKNOWN TOWN 〜見知らぬ街〜」は、音楽監督を手掛け、彼自身も出演した映画「キリコの風景」の主題歌である。

木根尚登
「The Beginning Place 〜始まりの場所〜」
1. SOME MORE
2. パラノイアな風景
3. 投函されない手紙
4. 永遠のスピード
5. 長い影
6. 雨のトロイメライ
7. GATE
8. 誰かが君を愛してる
9. 友よ、風に抱かれて
10. UNKNOWN TOWN 〜見知らぬ街〜
11. Marching for new day
12. 始まりの場所

木根尚登(KINE NAOTO supported by TETSUYA KOMURO) 「REMEMBER ME ?」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1996年、小室哲哉のサポート(木根との共同プロデュース)の元に作られたアルバム。
このためクレジットは「KINE NAOTO supported by TETSUYA KOMURO」となっている。

小室との共作としてアルバムリリース前に大賀埜々に提供された「Close to the night」や、TM NETWORKの木根作品のセルフカバー「Sad Emotion」「Time Passed Me By」などを収録。
これまでのソロ作品は、全て「作曲:木根尚登」であったが、今回「Wish on the hill」「SATURDAY MORNING 6A.M.」は小室作曲であるなど、これまでとは違ったスタイルになった。
また山本英美がコンポーサーとして「Tenderness」等の作詞に関与しているのも特徴。

サウンドはタイトルチューン「REMEMBER ME ?」に象徴されるように、アコースティックな質感のアレンジとなった。これは小室が木根の持ち味を活かしたものといえる。
当時ダンスサウンドで一世を風靡していた小室にとっては異質な作品であるが、逆に小室の音の世界が広いことを示している。

先行シングルともなった「REMEMBER ME ?」は、木根尚登のライブで一時期欠かせない存在となっていた。

関連記事:
TM NETWORK 「GORILLA」
(「Sad Emotion」収録)

TM NETWORK「Self Control」
(「Time Passed Me By」収録)

木根尚登
「REMEMBER ME ?」
1. REMEMBER ME ? (original mix)
2. Close to the night
3. Still feel Loneliness
4. Wish on the hill
5. SATURDAY MORNING 6A.M.
6. Bless this Love (original mix)
7. Tenderness
8. Sad Emotion
9. Time Passed Me By
10. REMEMBER ME ? (asian spices mix)

木根尚登 「liquid sun」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1995年にリリースした、ソロ初のフルアルバム。
TMN終了(1994年)後、初のアルバムである。

TMN終了後はじめてのソロ作品で、木根尚登原作の映画「ユンカース・カム・ヒア」の主題歌となった「ホントの君 ウソの君」、シングル「橋はどこにあるの」、木根が司会をつとめたNHK「日曜ソリトン」テーマ「風 太陽 海」などが収録される。
リリースが12月だったことから、「隣のサンタクロース」「冬の花」といった、冬を舞台とした曲が収録された。

参加ミュージシャンとして新たに石井靖史・山本英美が参加。
渡辺美里のヒット曲「いつか きっと」のコンポーザーである石井は、オープニングの「クジラが飛ぶ日」をはじめとして、奈良部昇平・嶋田陽一らが手掛けたアレンジ曲とは一線を画したサウンドを展開、木根尚登の別の一面を表現した。
また山本英美は、その後、一時期の木根尚登のソロライブでは欠かせない存在となった。

その後、このアルバムから「それでもいいと思ってた」がシングルカットされる。

木根尚登
「liquid sun」
1. クジラが飛ぶ日
2. 橋はどこにあるの
3. 隣りのサンタクロース
4. 雨音を聴きながら
5. 今はただ君を
6. 冬の花
7. ブリキのメロディ
8. それでもいいと思ってた
9. ホントの君 ウソの君
10. 心の旅先
11. 風 太陽 海

Gyao TV 「Clip ring」にて、小田和正「言葉にできない」オンエア

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正「言葉にできない」が、無料ネットテレビGyao TVにて、映画「手紙」の予告編として流れています。

→こちら←
小田さんのライブ映像も流れます。

関連記事:From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

小田和正
「LOOKING BACK 2」
(「言葉にできない」収録)

スキマスイッチ ニューシングル「アカツキの詩」、 ニューアルバム発売 & ツアー決定

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
→スキマスイッチ公式サイト←などより

アルバムの先行シングルとして、11/22にシングル「アカツキの詩」発売。

また11/29発売のアルバム(タイトル未定)には、「ボクノート」「ガラナ」「スフィアの羽根」「アカツキの詩」といったシングル曲の他、福耳「惑星タイマー」のセルフカバーも収録予定。

そして来年2月からツアーも決定。
(詳細は公式サイトを参考にして下さい)


スキマスイッチ
「ガラナ」(初回生産限定盤・DVD付)
福耳
「惑星タイマー」(通常盤)

木根尚登 「NEVER TOO LATE 夢の続き」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1993年、初のソロツアーを目前にリリースされたセカンドミニアルバム。

「ライブを意識した」とコメントしたとおり、先行シングル「もう 戻らない」をはじめ、ファーストアルバムとは好対照な、バンドサウンドに彩られた曲達が収録されている。

実質的なタイトルチューン「Not Too Late」にはコーラスで小室哲哉・宇都宮隆がTMNとして参加。
他にも、FENCE OF DIFFENCEの北島健二・西村聡志、葛城哲哉や清水信幸といった、彼の知り合いの音楽仲間が多く参加している。その後の木根尚登のソロワークでのアレンジ面を支えた嶋田陽一も、このアルバムから参加。
木根尚登のソロワークの基礎となった1枚。

木根尚登
「NEVER TOO LATE 夢の続き」
1. Not Too Late
2. もう 戻らない
3. 夜明けのスロー・ボート
4. 時代を抱きしめて
5. レイニーブルースが聞こえる
6. 君がいた夏

木根尚登 「Roots of The Tree」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1992年、ソロデビューシングル「泣かないで」に続いてリリースされた、木根尚登初のソロミニアルバム。
タイトルは「木根」の英語訳。

自らも作詞を手がけたこのアルバムには、作詞の小室みつ子、ギターの葛城哲哉を除き、アレンジャーの奈良部昇平をはじめ、TM NETWORK・TMNに縁の無かったミュージシャンが多くレコーディングに参加している。

このミニアルバムは彼が得意とするバラードが多く収録され、それ故に落ち着いた雰囲気で仕上がっている。
TM NETWORK・TMNで展開された音楽とは一線を画す、彼独自の世界が展開された1枚。

このミニアルバムには「泣かないで」を収録、そして「思い出はクレセント」がシングルカットされた。

木根尚登
「Roots of The Tree」
1. 思い出はクレセント
2. 泣かないで
3. H2O
4. Roots of The Tree
5. 風に向かって走れ
6. I'm On Your side

中島みゆき 最新オリジナルアルバム「ララバイSINGER」にセルフカバー収録

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
→元情報(オリコン)←

中島みゆきが11/22にリリースするオリジナルアルバム「ララバイSINGER」に、岩崎宏美「ただ・愛のためにだけ」、TOKIO「宙船(そらふね)、華原朋美「あのさよならにさよならを」、工藤静香「Clavis ―鍵―」といった最近の提供作品が、セルフカバーされて収録されるそうです。

中島みゆきのことだから、いずれは全曲セルフカバーすると読んでたけど、思ったよりも早く聞けることになりました。

中島みゆき「ララバイSINGER」


中島みゆき
「おかえりなさい」
(セルフカバー集)
中島みゆき
「御色なおし」
(セルフカバー集)
中島みゆき
「時代 -Time goes around-」
(セルフカバー集)

小田和正 「風のように」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
「風のように」は1997年、小田和正第二回監督作品「緑の街」の劇中歌として書き下ろされた。
秋を舞台に、ラブソングの中に自分の信念を織り込んでいく、小田和正らしい歌詞。そのアレンジはギターを軸にしたバンドサウンドであった。
映画では、河合我聞がこの曲を歌っていた。
同年、映画主題歌としてリリースされたシングル「緑の街」のカップリングとして、小田和正が歌ったバージョンが収録された。
このトラックのアレンジは、映画で用いられたアレンジと同じものであった。


1997年9月、映画公開と連動する形でスタートした「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」で「風のように」が披露された。
その演奏はCD収録版から一新、ピアノ弾き語りを軸に歌い上げ、最後にバンドが参加して盛り上げるバラードとなっていた。
2000年にリリースされたアルバム「個人主義」には、「風のように」のライブ音源が収録された。


この曲はファンの支持が根強く、2000年の横浜八景島でのカウントダウンライブ「ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」でもキーボード弾き語りで披露された他、2002年にリリースされたベストアルバム「自己ベスト」にもライブバージョンが収録されている。

CHiYO 「名曲集」

このブログのPC版の方では、左側にamazonのアフリエイト・サービスのコーナーが用意されています。
最近、キーワード「小田和正」の処に、見慣れぬ「名曲集」というアルバムが登場したので、ちょっと調べてみました。

CHiYOという1991年生まれの女の子が、このアルバムでオフコースの「君が、嘘を、ついた」をカバーしていたそうです。

CHiYO OFFICIAL SITE で試聴できたので聞いてみました。

…今回はパス。
他の曲も含めて、なんかピンと来ない。

CHiYO
「名曲集」

オフコース
「The Best Year of My Life」
(「君が、嘘を、ついた」収録)
続きを読む

小田和正作品「遙かな思い」 慶應義塾ニューヨーク学院愛唱歌に

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田さんが2003年に横浜市金沢区にある横浜創学館に愛唱歌として提供した「遙かな思い」が、英語詞となった上で慶應義塾ニューヨーク学院愛唱歌となったそうです。

愛唱歌となった経緯は→こちら←参照。
英訳詞は→こちら←に掲載。

横浜創学館の愛唱歌紹介は→こちら←
学生達による歌唱を聞ける他、学生に向けた小田さんのメッセージが御覧頂けます。

こういうケースは今まで無かったんじゃないかと思う。
許可した横浜創学館、太っ腹だな。

小田和正
「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」
(「遙かな思い」収録)

つま恋の話

拓郎&かぐや姫「つま恋」で初共演(スポニチ・livedoor)


中島みゆきがサプライズゲストで登場して、吉田拓郎への提供曲「永遠の嘘をついてくれ」を拓郎と二人で歌ったとか…
その後は、拓郎が中島みゆきの「ファイト!」をカバーしたそうで。
両曲とも大好きなんで、生で聞きたかったなぁ。
詳細はサンケイスポーツの記事参照(こちら)

他にもムッシュかまやつがゲスト出演した他、小田和正・イルカ・山本コータロー・松山千春が客席にいたそうです。

吉田拓郎
Long time no see
中島みゆき
パラダイス・カフェ

チューリップ「青春の影」

キリンラガービールのCMに、チューリップ「青春の影」が「心の旅」に続いて起用されました。

→キリンラガービール・公式サイト←
(サイトだけのロングバージョンも御覧になれます)

「青春の影」は小田和正とCHAGE & ASKAのジョイントライブのタイトルとなり、ライブには財津和夫さんがゲストで出演した曲。

また、2003年の「クリスマスの約束」でアーチストにアンケートを採った時、曲単位でトップとなった曲。

いい曲だと思います。まさにスタンダード・ナンバー。


ちなみに、「Yahoo! ミュージック サウンドステーション」ではチューリップのヒット曲を無料配信中です。
→こちら←

Tulip おいしい曲すべて 1972-2006(特典DVDパック)

「爽健美茶限定 矢井田瞳LIVE DVD」到着

ブログネタ
矢井田瞳 に参加中!
爽健美茶の企画だった「矢井田瞳がみんながリクエストした元気になる曲を歌う」限定ライブ
兄弟商品である「一(はじめ)」を飲みまくって応募したのですが、結果はライブ招待には落選。
でもWチャンスのDVDが本日届きました。

DVDの内容は以下の通り。

・開演前の模様
1. Go my way
・ネットラジオ収録風景
2. Tomorrow never knows
3. NO MORE CRY
・リハーサル風景
4.My Sweet Darlin'

感想は「続きを読む」参照。

矢井田瞳
「Go my way」
続きを読む

もう笑うしかない

渋谷公会堂が「C.C.レモンホール」へ(シブヤ経済新聞 ・livedoor)


渋谷公会堂が出来て40年以上。

その歴史を踏まえてネーミングして欲しかった。

サントリーは企業としていい活動しているだけに、今回の件は非常に残念。

というより、今からさっさと直して欲しい。

ネーミングライツの乱用だわ。

サントリーホールを「BOSS ホール」とでもしないかぎりは。

思い出を汚された気分。

木根尚登 TALK & LIVE in 渋谷公会堂(DVD)

BOOWY「1224」(DVD)

小田和正 「my home town」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1992年8月、小田和正が西宮スタジアム、そして故郷・横浜スタジアムで開いたライブ「MY HOME TOWN」のテーマとして書き下ろされた曲。
小田が故郷・横浜をモチーフにして曲を書くのは、オフコース時代の「秋の気配」以来15年ぶりのことであった。
この「my home town」は、小田が横浜に対して抱く私的で強い思いを、詞とメロディで具現化した歌だった。

ライブでは、最初キーボード(ピアノ)弾き語りではじまり、途中からフルバンドで演奏された。
この曲は同時期に第一生命のCMに起用され、レコーディングもされたが、すぐには発表されなかった。
翌1993年、当初のアレンジとは一部変更した上で、アルバム「MY HOME TOWN」のタイトルチューンとして収録された。
そして1995年のツアー「FUN MORE TIME!」では、曲の前半部分が弾き語りという形で披露された。

2000年大晦日、小田の故郷・金沢文庫に近い横浜八景島で開かれたカウントダウンライブ「ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON!!」の終盤、小田は会場を貫く花道の上で、この曲を涙ながらに歌った。
そして2002年にリリースされたベストアルバム「自己ベスト」の収録に当たり、この曲を新録。
同年のツアー「kira kira」では、ライブのオープニング曲となった。
この曲をピアノで弾き語った後、バックバンドの演奏を背に会場に設けられた花道を歩く小田の姿は、このツアーが八景島ライブの続きであるような感じを抱かせた。

2005年「大好きな君に」ツアーでは、小田が大学時代を過ごした街・仙台、そして横浜公演でピアノ弾き語りにより披露されている。

小田和正 アルバム
「MY HOME TOWN」
DVD
小田和正カウントダウン・ライブ
ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!

小田和正 アルバム
「自己ベスト」

「古畑任三郎 VS SMAP」復活

元ニュース・日刊スポーツ・livedoor


10月9日(月)21時よりオンエア。

かつてフジテレビは番組改編期のゴールデンタイムに「北の国から」を再放送した実績あるTV局。
この後は「踊る大捜査線・スピンオフ」が続く予定。

変な企画が跳梁跋扈宇する面白くもない特番より、よっぽど楽しみ。

警部補 古畑任三郎
1st DVD-BOX

小田和正 「いつか どこかで」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正第1回監督作品「いつか どこかで」主題歌であり、この映画のサウンドトラック的アルバム「sometime somewhere」のタイトルチューン。
第一生命のCMソングにも起用されている。
映画の舞台が夏の終わり、その季節の切なさが、別れを歌うバラードにフィットしている。

ベストアルバム「伝えたいことがあるんだ」にも収録されている。

小田和正
「sometime somewhere」

小田和正
「伝えたいことがあるんだ」

木根尚登イベント出演 ようやく公式発表

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

Expo Memorial Concert 青春のグラフィティコンサートvol.7

9/24(日)13:00〜19:30

名古屋市中区 久屋大通公園 久屋広場

料金:無料

出演者:伊藤敏博、因幡晃、大野真澄、木根尚登、熊木杏里、kengo、沢田聖子、杉田二郎、猫、ばんばひろふみ、平川地一丁目、ブレッド&バター、細坪基佳(五十音順)
その他、スペシャルゲスト有り

Handmade Gallery -The Best Works of NAOTO KINE-

小田和正「あの人に会える」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1989年、オフコース解散後初となる小田和正ソロシングル「Little Tokyo」のカップリング、そして翌1990年の3rdソロアルバム「Far East Cafe」のエンディングに収録されたバラード。

晩夏から初秋の頃を描いた歌詞に、静かなメロディがマッチングしている。
ちなみにこの曲では、小田和正がギターを弾いている。

小田和正
「Far East Cafe」

松たか子の新曲「みんなひとり」は竹内まりや提供曲

松たか子公式サイト「club.M」

前作「僕らがいた」でもスキマスイッチをはじめ様々なアーチストとコラボレートしている松たか子。
現在のJ-POPシーンでは貴重な存在である気がする。

竹内まりや提供曲「みんなひとり」は11/29発売。
同曲は松たか子主演のフジテレビ系ドラマ「役者魂」主題歌になります。

松たか子
「僕らがいた」
竹内まりや
「返信/シンクロニシティ(素敵な偶然)」

本田美奈子.さん追悼CD 「wish」 11/1リリース

元ニュース(スポニチ・livedoor)

BARKSのネット記事

本田美奈子.さん幻の復帰作「wish」がCDになるそうです。
プロジェクト名は「井上鑑& M.H.I.バンド」、本田さんのプロデューサーを務めていた井上鑑さんを軸に、山木秀夫・小倉博和など17名が参加。
ボーカルは福山雅治・高尾直樹・坪倉唯子の3人が歌うそうです。

「LIFE 〜本田美奈子プレミアムベスト〜」(DVD付)
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ