GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

TM NETWORK ニューシングル「Welcome Back 2」& More

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
R and C TM NETWORK サイト宇都宮隆公式サイト木根尚登公式サイトより

TM NETWORK ニューシングル「Welcome Back 2」
2007年10月31日発売

R and C CO., LTD
品番:YRCN-90003
価格:1,260円(税込)


ラジオ出演情報
TOKYO FM 「WONDERFUL WORLD」番組内
「DIGA WONDERFUL STREET WORL」

10月22日(月)17:40〜17:55(生放送)
 渋谷スペイン坂スタジオより生放送



オリコン記事によると、今回のライブは「オリジナル音源をより鮮明な音で提供する」「みなさまが知っている曲を知っているアレンジで連発する」とのこと。
ということは、ファンセレクション↓の収録曲が多く演奏されるってこと?
木根さんがライブで「小室が、今回は知っている曲連発で行くって言って、そんな選曲になった」って言ってたけど、アレンジは大胆に変えると思っていたからなぁ…。オリジナル準拠はかなり意外。
あと、渋谷公演はアコースティックスタイルだという情報あり。

ちなみに「Welcome Back 2」の「2」は、セカンドって意味?それとも「to」の当て字?

※一部ではアルバム情報もでているけど、どうなるんだろ…?


関連記事:
11/2.3 TM NETWORK LIVE @パシフィコ横浜

TM NETWORK -REMASTER- 東京公演決定

TM NETWORK
「Welcome to the FANKS!」

小田和正公式サイト情報

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより
「Staff Diary」に今日(9/20)の小田さんが載ってます。

小田和正さん自身の書き込みもあります。
来年、ツアーがあるようです。

小田和正
「こころ」

小田和正
「ダイジョウブ」

小田和正 「ためらわない、迷わない」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1988年、小田和正セカンドソロアルバム「BETWEEN THE WORD & THE HEART」収録曲。
過去を悔悟を込めて振り返りながらも、前向きに進もうとする、そんな決意が込められたバラード。

1990年、初のソロツアー「K.ODA TOUR 1990」では本編ラストを飾った他、1992年のスタジアムライブ「MY HOME TOWN」、2000年大晦日のカウントダウンライブ「ちょっと寒いけどみんなで same moon!」など、折々のライブで歌われている。
また小田和正最初のベストアルバム「Oh!Yeah!」にも収録されている。

関連記事:
小田和正 「BETWEEN THE WORD & THE HEART」

小田和正 「Oh!Yeah!」(アルバム)

小田和正
「BETWEEN THE WORD & THE HEART」

木根尚登 シングル「ノックは3回」詳細情報

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

シングル「ノックは3回 〜Knock Three Times〜」
2007.10.10 発売

品番:YRCN-90000
価格:税込 1,050円

収録曲
1. ノックは3回 〜Knock Three Times〜
 NHKみんなのうた 2007年10月〜11月のうた
  Music & Words:木根尚登
  Arrangement:中村修司

2. 君への道
  Music & Words:木根尚登
  Arrangement:中村修司

3. 色づく街に
  Music & Words:木根尚登
  Arrangement:中村修司

4. ノックは3回 〜Knock Three Times〜(長い版)

5. ノックは3回 〜Knock Three Times〜(カラオケ)

新曲2曲に、アルバム「道」から1曲。

木根尚登「ノックは3回〜Knock Three Times〜」

オフコース・小田和正 「やさしさにさようなら」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
オフコースが1978年に発表したシングル。
別れた恋人への思いを歌ったバラードでもある。
同年発売されたアルバム「SELECTION 1973-78」にも収録されている。

この曲は1995年、小田和正シングル「君との思い出」のカップリングとしてセルフカバーされる。
アレンジと共に歌詞も大幅に改められたそのトラックは、翌年発売されたアルバム「LOOKING BACK」にも収録された。
1997年から1998年からのツアー「Thru The Window」でも披露されている。

オフコース
「SELECTION 1973-78」

小田和正
「LOOKING BACK」

佐藤竹善 シングル「サヨナラ」 アルバム「ウタヂカラ〜CORNERSTONES 4〜」収録曲発表

Sing Like Talking公式サイトBARKSより

今回のテーマは「ロングチャートイン曲」だそうです。

シングル「サヨナラ」
2007.10.17 発売


初回盤(CD+DVD):UPCH-9341 税込1,500円
※「サヨナラ」プロモーションビデオ収録

通常盤(CD):UPCH-5493 税込1,200円

収録曲
1. サヨナラ
2. そして僕は途方に暮れる
3. 私の願い (LIVE: Welcome to my room vol.2)
4. Friend (LIVE: Welcome to my room vol.2)



アルバム「ウタヂカラ〜CORNERSTONES 4〜」
2007年11月14日発売


初回盤:UPCH-9348 3,000円(税込)
※ボーナストラック「少年時代」収録

通常盤:UPCH-1567 3,000円(税込)

収録曲
・サヨナラ
・真夏の果実
・ロビンソン
・桜坂
・そして僕は途方に暮れる
・万里の河
・俺たちの旅
・「いちご白書」をもう一度
・初恋
・雨の物語
※初回盤ボーナス・トラック「少年時代」


佐藤竹善「サヨナラ」(初回盤・DVD付)

TM NETWORK 「1/2の助走」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK のファーストアルバム「RAINBOW RAINBOW」収録。
コンテスト出場曲「1974」、デビューシングル「金曜日のライオン」をはじめ、ファンタジー・SF色の強いこのアルバムに収録されたシンプルなラブ・バラードとして、異彩を放っている。
作曲は木根尚登、「木根=バラード」の公式が既に成立している1曲といえる。

初期の代表曲としてベストアルバム「GIFT FOR FANKS」に収録、1994年のTMN終了ライブや、2003年「TM NETWORK tribute live」でも演奏されている。また木根尚登ソロライブでも、何度か演奏されている。

関連記事:
TM NETWORK「RAINBOW RAINBOW」

TM NETWORK「GIFT FOR FANKS」

1994.5.18 TMN 4001 DAYS GROOVE 1984-1987

TM NETWORK
「RAINBOW RAINBOW」

オフコース・小田和正 「昨日、見た夢」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1988年にリリースされたオフコースのラストアルバム「STILL A LONG WAY TO GO」のラストナンバー。
このアルバムの後にリリースされたシングルは、すべてこのアルバムからのシングルカットであるため、この曲を「オフコース最終曲」と認識するファンも多い。
(実際、ラストシングルとしてリリースする計画もあった)

曲はシンプルなラブソングだが、ファンへの感謝の言葉とも受け取れる佳作である。

1988年から1989年のオフコースラストツアー「STILL a long way to go」で歌われた他、小田和正ソロの初ツアーでもアンコールで披露された。

1995年には小田和正によってセルフカバーされ、シングル「so long my love」のカップリングに収録される。また同年のツアー「FUN MORE TIME!」のオープニングを飾っている。
なお、このセルフカバーバージョンは、翌1996年リリースのアルバム「LOOKING BACK」に収録された。

2002年のツアー「kira kira」では、上記セルフカバーバージョンとは違うアレンジで演奏されている。

関連記事
オフコース「STILL a long way to go」

小田和正 「LOOKING BACK」

オフコース
「STILL A LONG WAY TO GO」

小田和正「LOOKING BACK」

TM NETWORK ニューシングル 10/31リリース

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK -REMASTER- 追加公演FC申込の封筒に書かれていました。

詳細は追って公式サイトで発表だそうです。

当然ライブで期待していいんですよね?

TM NETWORK
「GET WILD DECADE RUN」

TM NETWORK -REMASTER- 東京公演決定

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
3peace+αLaughter brings good luckより

TM NETWORK -REMASTER-

11/26(月)渋谷C.C.Lemonホール

      開場17:45 開演18:30
27(火)渋谷C.C.Lemonホール
      開場17:45 開演18:30
12/3 (月)日本武道館
      開場17:30 開演18:30

定価7,000円(税込)
一般発売日:10/28

横浜だけだと思っていたライブの追加公演が決定したようです。
チケットの売れ行きが好評だったのかな?

でも、東京とはいえ平日…
最低でも武道館だけは行きたいな。

関連記事:11/2.3 TM NETWORK LIVE @パシフィコ横浜

TM NETWORK
「Welcome to the FANKS!」

夏川りみ 「歌さがし〜リクエストカバーアルバム」

夏川りみ オフィシャルサイト

hotexpress

まずは9/26より、中島みゆき「時代」、コブクロ「忘れてはいけないもの」をiTunes限定配信。

J-POP指向での再始動、選曲が気になります。

「夏川りみ SINGLE COLLECTION Vol.1」

TM NETWORK 「Come on Everybody」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK 1988年リリースのアルバム「CAROL」の先行シングルとしてリリースした曲。
既に発表されている「Come on Let's Dance」「Be Together」に続く、「ダンスナンバー3部作」の最後を飾る。
アルバムの中核である「組曲 CAROL」の構成曲ではないものの、その世界とリンクしたような歌詞。メッセージ色の強いダンスナンバーに仕上がっている。

リプロダクトアルバム「DRESS」ではユーロビート色が強くリメイクされた他、リプロダクト・ベストアルバム「CLASSIX 2」でも小室哲哉の手でリメイクされた。
また「CAROL」ツアーをはじめ、1994年の TMN 終了ライブ、20周年記念ライブなどでも演奏されいぇいる。
そして、TM NETWORK が1988年に紅白歌合戦に出場した際、この曲のスペシャルミックスを歌っている。

関連記事:
TM NETWORK 「Come on Let's Dance」

TM NETWORK 「Be Together」

TM NETWORK 「CAROL」

TM NETWORK 「DRESS」

TMN「CLASSIX 1・2」

1994.5.19 TMN 4001 DAYS GROOVE 1987-1994

TM NETWORK
「CAROL」

音楽イベント「Your Songs , Our Songs」に小田和正出演

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

INGNI Presents
「Your Songs , Our Songs」
produced by FM802

FLYING POSTMAN PRESSの創刊100号(10月20日発行号で100号)を記念してのスペシャルイベントに出演が決定。

公演日時:2007年11月4日(日)
     16:00開場 17:00開演
会場:大阪城ホール
料金:6,300円(全席指定・税込)
チケット発売日:10月6日(土)

VOCALS: 中孝介 / ET-KING / 小田和正 / Salyu / トータス松本 / 風味堂 / 藤井フミヤ / 藤田恵美 / 矢井田瞳 and more
SPECIAL BAND MEMBER : 森俊之(Key)/ 亀田誠治(B)/ 佐橋佳幸(G)/ 河村“カースケ”智康(D)/ 石成正人(G)/ 斎藤有太(Key)/ 山本拓夫(Sax)/ 大滝裕子(Cho.)/ 登坂亮太(Cho.)

FM802 「Your Songs , Our Songs」ホームページ


小田和正
「こころ」
続きを読む

小田和正 「風と君を待つだけ」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1992年、アルバム「sometime somewhere」、そしてアルバムと同時にリリースされたシングル「いつか どこかで」のカップリングに収録された曲。
三菱自動車のCMに起用されている。
アップテンポサウンドに、友・恋人へのエールを送るような歌詞を乗せた、メッセージソングに仕上がっている。

アルバムと連動したツアー「sometime somewhere」や、同年のスタジアムライブ「MY HOME TOWN」で歌われた。

小田和正
「sometime somewhere」

木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7 9/8 吉祥寺

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根さんの今年の目標「ソロ50本ライブ」の49本目、ということで、「日本青年館(最終日会場)の前夜祭」と称して行われた今日のライブ。

会場である吉祥寺スターパインズカフェは、昨日でちょうど10才。
最多出場者の一人が木根さんだそうです。

メインゲストは間慎太郎さん。
さらに本名陽子さんと籐子さんが参加するという贅沢なものになりました。

間慎太郎さんは、あの間寛平のジュニア。
実は間さんが思いついたという「血ぃ吸うたろか」のエピソードからはじまり、忌野清志郎の影響を受けて音楽をはじめたこと(で、いきなり木根さんのリードで、予定外の「雨上がりの夜空に」披露へ)、学生時代「Get Wild」のドラムを担当したら、親友のボーカルから「お前、ボーカルの邪魔」と言われたこと、といったエピソードが披露されました。

その間さんが好きだという本名陽子さんの「カントリー・ロード」
本名さんが二人の共通の知人であったことに加え、本日のライブを見に来ていたことから、ステージに呼ばれてこの曲を歌うことに。
でも、二人が練習していたキーとは違っていたため、急いで本名さんのキーに合わせる木根さんと間さん。本名さんの呼びかけにも答えず、真剣に集中して修正していました。
(間さんは自分のライブで本名さんをステージに呼び込んだ時も、キーを間違えたらしい…)
ちなみに木根さんも間さんも自分のキーを意識していないとのこと。弾き語りとボーカルの違いではないかという結論に達してました。

二人の共演の最後を飾った TM NETWORK ナンバーは間さんのリクエスト。イントロが印象的だそうです。

木根さんのソロトークは、台風の日、森口博子さんと一緒に氷川きよしさんの誕生パーティーに行った話と、今後の予定。
TM NETWORK の方は、小室さんから何故か人づてに「3曲作ってくれ」と注文が来たそうで、どうやら11月以降も期待していいようです。

そしてアンコールに登場したのが籐子さん。
わざわざコーラスだけのために参加しました。
(籐子さんのブログを読むと、彼女がこの曲がお好きなんですね)

曲順は「続きを読む」参照

参考:
間慎太郎オフィシャルサイト

本名陽子ブログ

籐子公式サイト


関連記事:
木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
(2007.2.4 吉祥寺)

木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
5/6 吉祥寺


木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
7/1 渋谷



木根尚登
「道」

間慎太郎「シンプルマン」

本名陽子
「カントリー・ロード」

籐子
「籐子」

続きを読む

中島みゆき、ほぼ日刊イトイ新聞に登場

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
ほぼ日刊イトイ新聞「中島みゆきさん、お久しぶり。」

中島みゆきさんと糸井重里さんとの対談です。

中島みゆき
「I Love You , 答えてくれ」

TM NETWORK 「Be Together」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK が1987年にリリースのアルバム「humansystem」収録曲。
小室みつ子による陽気な歌詞と、小室哲哉独特のシンセ・ダンスナンバーが組み合わさった一曲。
メッセージ性の強い曲やピュアなラブソングが多いこのアルバムの中で、それらと融和しつつも独特の個性を放つナンバーである。

その後、タイトルのテーマが似ていることもあり、メンバーに「Come on Let's Dance」や「Come on Everybody」と共に、「ダンスナンバー3部作」と称されることとなる1曲。
リプロダクトアルバム「DRESS」ではユーロビート色が強くリメイクされた他、ライブ音源アルバム「COLOSSEUM II」にも収録された。
1994年の TMN 終了ライブでも演奏されている。

ファンの間ではおなじみのナンバーだったこの曲が、世間一般に有名になるのは1999年。
TM NETWORK 再始動にあわせて、当時小室プロデュースの元、同じレーベルに所属していた鈴木あみにカバーさせたこの曲が大ヒットしたことによる。

一躍J-POPの有名ナンバーとなったこの曲はその後、20周年記念ライブをはじめ、TM NETWORK のライブで多く演奏されることとなった。

関連記事:
TM NETWORK 「Come on Let's Dance」

TM NETWORK 「humansytem」

TM NETWORK 「DRESS」

TMN 「COLOSSEUM I・II」

1994.5.18 TMN 4001 DAYS GROOVE 1984-1987

TM NETWORK
「humansystem」

小田和正 「恋する二人」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正監督第1回作品「いつか どこかで」のサントラ的アルバム「sometime somewhere」収録曲。
先行シングル「あなたを見つめて」のカップリングとして1991年に発表。

恋のはじまりを歌った曲。
ギターが気持ちよくこの歌詞にはまっている。

アルバムと連動したツアー「sometime somewhere」や、1992年のスタジアムツアー「MY HOME TOWN」で歌われた。

関連記事:小田和正「sometime somewhere」

小田和正
「sometime somewhere」

Big Bang Radio 木根尚登 トーク&ライブ 配信開始

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

ドリバン
(要登録・視聴無料)

『Big Bang Radio 木根尚登 トーク&ライブ』
※9月27日まで公開


木根尚登「ノックは3回 〜Knock Three Times〜」

Bank Band 新曲「はるまついぶき」 ミュージックステーションでオンエア

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
ミュージックステーション公式サイト

他の歌番組にも出るかな?

関連記事:
Bank Band 新曲「はるまついぶき」 9/1よりダウンロード配信開始

Bank Band with Salyu
「to U」

TM NETWORK 「Come on Let's Dance」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1986年の3rdフルアルバム「GORILLA」の先行シングル。
この曲で、シンセサウンドとダンスサウンドの融合、という TM NETWORK 独特のサウンドが確立されたといっていい。
メッセージソング的要素が強い曲でもあるが、TM NETWORK 独特のニュアンスで綴られているのも注目点。
ビデオクリップもボーカル・宇都宮隆が前面に出てくるものとなった。
TM NETWORK のターニングポイント的1曲。

その後、リプロダクトアルバム「DRESS」でもユーロビートの装いをまとった形でリプロダクトされた。

1994年のTMN終了ライブ、2004年の TM NETWORK 20周年ライブなど、演奏される機会が多い曲。

関連記事:
TM NETWORK「GORILLA」

TM NETWORK「DRESS」

1994.5.18 TMN 4001 DAYS GROOVE 1984-1987

TM NETWORK
「GORILLA」

elf チャリティーコンサート -Save the Small- に木根尚登出演

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

2007/10/11 (木) 中野サンプラザ
17:45開場 18:30開演

席種・料金:S席・5500円 A席・4000円(税込)
※未就学児童の入場不可。

出演:田中美奈子 / 大野俊三 / 島田歌穂 / 島健 / 木根尚登 / ドリーミング / 宇都美慶子 / 宇山基道 / CHAKA / 山本リンダ

問い合わせ先:サンライズプロモーション東京

木根尚登
「道」

めざせ日本青年館!〜木根尚登応援企画blog

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
めざせ日本青年館!〜木根尚登応援企画blog

木根さんの50本ライブの最終日・日本青年間に向けての企画です。
参加する方も、参加しない方も、関心のある方は御覧下さい。

木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7 日程

関連記事:
木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
(2007.2.4 吉祥寺)

木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
5/6 吉祥寺


木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
7/1 渋谷


木根尚登
「Roots of The Tree」

小田和正 京都音楽博覧会に出演

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイト

京都音楽博覧会公式サイト

2007年9月23日(日・祝)

開場11:00 開演12:30 終演予定19:00

京都梅小路公園・芝生広場(京都駅から徒歩約15分)

全席自由6,800円(税込)

※チケット発売中

出演アーティスト
くるり / Jason Falkner (from アメリカ) / Liadan (from アイルランド) / Taraf de Haidouks (from ルーマニア) /大工哲弘&カーペンターズ (from 沖縄)/ ふちがみとふなと (from 京都) / COCCO / 小田和正

「ベストオブくるり TOWER OF MUSIC LOVER」

小田和正
「こころ」

河口恭吾 カバーアルバム「君を好きだったあの頃」発売

CD Journalより

河口恭吾「君を好きだったあの頃」
CRCP-40188
定価:3,000円(税込)
2007年11月21日発売

収録曲(曲順未定)
・LOVE LOVE LOVE (Dreams Come True)
・優しい雨 (小泉今日子)
・First Love (宇多田ヒカル)
・PIECE OF MY WISH (今井美樹)
・SAY YES (CHAGE&ASKA)
・TRUE LOVE (藤井フミヤ)
・ラブ・ストーリーは突然に (小田和正)
・LA-LA-LA Love Song (久保田利伸)
・渡良瀬橋 (森高千里)
・Love Letter (槇原敬之)
・メロディー (玉置浩二)
・歌うたいのバラッド (斉藤和義)
・幸せであるように (フライングキッズ)

以前彼がカバーした尾崎豊「I LOVE YOU」が収録されなかったのは、ドラマ主題歌中心の選曲のせい?それがちょっと残念。

プロデューサーやアレンジャーに佐橋佳幸、Dr.KYON、安部潤が参加しているところは注目点。

河口恭吾
「I LOVE YOU singles」
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ