この記事はここからお読み下さい。

Vol.5 "たしかなこと" K.ODA 1999-2005

1999年、「言葉にできない」が明治生命のCMソングに起用される。
このトラックは、小田がCM用に新たに録音したものだった。
新録音された「言葉にできない」は、直ぐにリリースされなかったが、このCMが世間で話題になる。

2000年、小田は6年半ぶりのオリジナルアルバム「個人主義」をリリースする。

タイトルが示すようにメッセージ性を色濃くしたこのアルバムで、小田は大きな注目を浴びる。
同年のツアー「same moon!!」では、小田がピアノを弾きながら「言葉にできない」を歌っていた。

ツアーの追加公演として、横浜八景島で「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」が行われる。
そのライブの終盤、「my home town」で小田は涙を見せる。


2001年、小田はセルフカバーアルバム第二弾「LOOKING BACK 2」をリリースする。

このアルバムに、「same moon!!」ツアーのライブ音源に、別に録音されたストリングスを重ねた「言葉にできない」が収録される。
アルバムには他に、5人のオフコースの終わりを告げたアルバム「over」から「愛の中へ」「言葉にできない」、オフコースのラストアルバム「STILL a long way to go」から「夏の別れ」「she's so wonderful」「君住む街へ」が選曲される。
CMで注目の「言葉にできない」、そしてオフコースの代表ナンバー「さよなら」が収録されたこともあって、「LOOKING BACK 2」はオリコン一位に輝く。
このあたりから、「言葉にできない」はJ-POPのスタンダードナンバーへと昇華する。

2001年12月25日深夜、TBS系列で「クリスマスの約束」が放映される。
小田が選んだJ-POPの名曲達を、生み出したアーチストへの敬意を込めて歌う。
18年前、小田が挫折した「日本グラミー賞」構想が、番組のコンセプトとして再生された瞬間だった。
その番組のオープニングを飾ったのは「言葉にできない」だった。

2002年、シングル「キラキラ」の大ヒットを受けて、ベストアルバム「自己ベスト」がリリースされることになる。
小田和正ソロの代表ナンバーに加え、セルフカバーされたオフコースの代表ナンバーがセレクションされたこのアルバムに、「言葉にできない」も収録される。
「愛を止めないで」「さよなら」「Yes-No」「言葉にできない」「ラブ・ストーリーは突然に」「伝えたいことがあるんだ」「woh woh」、そして「キラキラ」…小田和正の音楽人生を集約したこのアルバムは、200万以上の大ヒットアルバムになる。

同年の「kira kira」ツアー、そして「クリスマスの約束」も好評のうちに終わる。

2003年、アジアツアーで小田は「言葉にできない」を歌う。
同年の「クリスマスの約束」で、Mr.Childrenの桜井和寿が小田との共演に際し選んだ曲のひとつが「言葉にできない」であった。

2004年、明治生命は明治安田生命となり、小田の新曲「たしかなこと」と交代するかたちで「言葉にできない」はCMソングとしての役割を終える。
「たしかなこと」は、「言葉にできない」を意識して書き下ろされていた。

同年、TBS系列で「風のようにうたが流れていた」が放送される。
小田の音楽人生を振り返るこの番組の最終回で、小田は「言葉にできない」「たしかなこと」の両曲を披露する。

そして2005年。
小田和正はオリジナルアルバムを携えてのツアーを予定している。




END
2000.10.12 セットリスト

1,忘れてた 思い出のように
2,こんな日だったね
3,また、春が来る
4,青い空
5,はるかな夢
6,好きになって、よかった(加藤いづみ)
7,君たちを忘れない
8,哀しいくらい
9,goodtimes & badtimes
10,言葉にできない
11,FAR EAST CLUB BAND SONG
12,ラブ・ストーリーは突然に
13,伝えたいことがあるんだ
14,YES-NO
15,the flag
16,19の頃
17,woh woh

18,Far East Club Band メドレー
19,愛を止めないで
20,またたく星に願いを
21,君住む街へ
22,とくべつなこと

23,same moon
24,忘れてた 思い出のように
#インスト(woh woh)

25,こんな日だったね