GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2005年01月

今日のBGM

今日のBGMはTMN「EXPO」




「あの夏を忘れない」「大地の物語」「月はピアノに誘われて」の3曲が特にお勧め。
一応、私の好きな「We Love The Earth」も入っているけど、アルバム収録のバージョンより、シングル収録のオリジナルバージョンの方がお勧めかな?(「TMN RED」収録)




それにしても…
「風のようにうたが流れていた」が放映されていた頃はオフコース・小田和正を多く聞いていたのに、TMトリビュートが決まったとたん、聴く音楽はもっぱらTM NETWORK。
考えてみれば「風のようにうたが流れていた」の前は、TM NETWORK 20周年ということもあってTM NETWORK一色…

私って影響されやすいんだ(^_^;ゞ

I'm FANKS

去年買ったmp3プレイヤー。
暫定的にTM NETWORKや小田和正・オフコースのアルバムを数枚適当に放り込んだままでした。
でも、TMトリビュートライブがあるということで、他の作業しながらTM NETWORKの楽曲をほぼコンプリート。
(ちなみに小田和正も完了し、これからオフコースへ)

mp3になった曲を早速聴きながら、「やっぱり俺ってFANKSなんだ」って事を実感。

今は何故か「Accident」「永遠のパスポート」に妙にはまっています。
いずれも2ndアルバム「CHILDHOOD'S END」の収録曲。

CHILDHOOD’S END
しかし「永遠のパスポート」はこの前のトリビュートでやったし、「Accident」は去年のウツのソロツアーで披露しているんだよね…(遠い目)

うーん

迷っています

続きを読む

SPIN OFF from TM-tribute live 2005-TOUR Vol.2

宇都宮隆氏のサイトで「SPIN OFF from TM-tribute live 2005-TOUR」のスケジュール発表。

4月8日(金)・9日(土)Zepp Tokyo
4月16日(土)・17日(日)Zepp Fukuoka
4月20日(水)・21日(木)大阪 なんばHatch
4月23日(土)・24日(日)Zepp Nagoya
4月30日(土)・5月1日 (日) Zepp Sendai
5月3日(祝)・4日 (水・祝) Zepp Sapporo

微妙に東京地区が狭すぎるような気がするんですが…(涙)
前回NHKホール2daysが完売したんだから、そのクラスにして欲しい。

その前回のライブもDVD化決定。
但しFC販売かツアーグッズのみで、一般発売無し。
皆さん、お気をつけ下さい。

オフコース「若い広場」

今夜、オフコースが出演したドキュメント番組「若い広場」が、NHK総合で24時10分からオンエア。
DVDは既に出ていますが、多分見るんだと思います。

Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界
もう20年以上前なんですよね(遠い目)

ちなみに、このドキュメントで作られたアルバム「over」の中に、あの「言葉にできない」が収録されます。

over

SPIN OFF from TM -tribute live 2005- TOUR 決定

2003年、TM NETWORKデビュー20周年のプレイベントとして行われた「TM NETWORK tribute LIVE」
サブタイトル「UTSU & KINE'S SELECTION FROM TM SONGS」の通り、宇都宮隆と木根尚登が浅倉大介をはじめTMN時代のバックバンドを率いてTMナンバーを披露する、いわば「TMN−小室哲哉」なライブ。

今年は「SPIN OFF from TM-tribute live 2005-TOUR」という形で再演決定。
(木根尚登公式サイトより)
メンバーは宇都宮隆・木根尚登・浅倉大介、他。
鳥肌物のセットリストだそうで…

昨年末、ファン投票の上位20曲で作られたベスト版「Welcome to the FANKS!」からも何曲か来るのかしら?
だとしたらものすごく楽しみ。
この20曲の中ですら、TM NETWORKの20周年ライブや前回のこの企画でも演奏されなかった曲はあります。
また20曲以外にも、名曲はまだまだあります。

今年はglobeの10周年なので小室さん抜きなのでしょうか…
正直、三人がそろわないという点では残念なことではあります。
そして、そのことがこのライブについて賛否両論の意見があるのも事実。
否定派の意見もなんとなくわかります。

でも、個人的には今年は三人それぞれのソロ活動と思っていた私的にとって、TM NETWORKの曲が限りなくオリジナルなスタイルで聞ける、このライブを楽しみにしております。


TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR NETWORK続きを読む

好対決

古田敦也のブログがいきなりトラックバック千越えを果たしたと思えば、元祖トラバ女王・眞鍋かをりも新ネタで同じく千越えの猛追状態。

ネットニュースが古田選手の「打倒眞鍋かをり」発言を伝えたために、トラバが高騰した気配はあるものの、両者とも互いにほめ合うほど面白いブログなのは確か。

これからも好対決期待しています。

新テレビドラマ

とりあえず「優しい時間」は全部見る気がする。
映像が綺麗、まさに倉本聰独特の世界。

あとは「みんな昔は子供だった」かな。
「Mの悲劇」「不機嫌なジーン」は展開次第。
ちなみに「義経」は放送十分で見るの止めました。「新選組!」は三谷脚本だから見ていたのだ、と改めて実感。

廃盤CDディスカウントフェア

小室哲哉の1stアルバムにして屈指の名盤

Digitalian is eating breakfast
が入っています。

おまけにオフコースのどうでもいいベスト盤(東芝EMIが適当にこさえたもの)の中に

SELLECTION 1978-81
という、メンバーの手で作られた「公式ベスト」が混じっている状態。

どういうことよ?

ちなみに「Digitalian is eating breakfast」には、シティーハンターの主題歌にもなった「Running to Horizen」収録。
「SELLECTION 1978-81」は、「愛を止めないで」「さよなら」「Yes-No」「I LOVE YOU」とオフコースの代表曲満載。
どちらも買って損はないです。

ディスカウントフェア公式サイト

チケットとれるかな?

中島みゆきツアースタート
前回のツアーもよかったので、是非参加したいけど…

多分激戦・・・(涙)


いまのきもち

日本一のトラックバックのネタ

これだそうです

…で、一件加担。




眞鍋かをり : Bikiniの休日

独り言

記事になっているよ…

新情報?

小田和正さんのお店「Far East Cafe」に行ってきました。続きを読む

新ブログ

ヤクルトスワローズ捕手で、プロ野球選手会会長の古田敦也氏がブログスタートだそうですよ。
目標は大きく打倒「眞鍋かをりブログ」だそうで。
・・・去年の九月なら絶対抜いていただろうに。
逆に言えば、ブログやる余裕が古田さんに出来たのかな?とも。

スポーツ選手では古田選手とジュビロ磐田のゴン中山選手が好きなので、当面じっくりウオッチさせていただきます。

お大事に

ブログ設置と共に、いくつかのブログをチェックするようになりましたが…

「トラックバック女王」という二つ名がある眞鍋かをりのブログ
読んでいて切なくなりました。続きを読む

2004年のベストトラック

今一度、2004年を振り返ると・・・

ベストトラックは小田和正の「風のようにうたが流れていた」
同名の音楽番組のために書き下ろされた曲で、2005.1.7現在CD未発表状態。

少年時代の輝きを振り返る感じだけど、透明感あふれる詞に美しいメロディ、ピアノ弾き語り主体のアレンジ…
小田さんらしい綺麗なバラードです。

個人的には、小田さん(当時はオフコース)との出会いだった「さよなら」や、最近CMで有名になった「言葉にできない」より好きな曲ですね。

番組は終わってしまって、今はDVDで振り返るしかないけど、早くCDでじっくり聴きたいです。
今年どうやらアルバム出るようだから、そこに収録されることを祈って…

小田和正公式サイト続きを読む

2004年のライブを振り返る

昨年の個人的ベストライブは「TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL“NETWORK”in NIPPON BUDOKAN」でした。

アルバム「NETWORK -Easy Listening-」と4/21の20周年ライブでは、正直少々ピンと来なかった面がありました。でも、その後のツアーでは新曲も含めて納得し、そして最終日の武道館2Days…

やられました。

一応予想していた「Get Wild」オープニング。
でも、サンプリングのイントロであっけなく自壊しました。
バックがFence of Deffenseだから、小室さんのシンセ音とバンドサウンドがものすごく気持ちよくアレンジされていて…
続いて「All-Right All-Night」「Be Together」「Come On Let's Dance」「Self Control」
ずるいですよ。もう踊り続けるしかないもの。

その後に「Confession」、バックバンドをTMN時代のメンバーに替えての「We Love the Earth」…
この十年、何度も生で聴きたかった名曲達に、心奪われましたよ。

第三部のトランスバージョンも、横浜アリーナよりもアレンジがよくなって納得。

そして、これは二日目のアンコールだけ、ではあるけど…

松本孝弘の登場

「humansystem」「Beyond The Time」
いずれも自分がFANKS(=TM NETWORKのファンのこと)になっていく課程で聴いていた名曲達。
その2曲を、宇都宮さん&木根さんの絶妙なハーモニー、小室さんの生キーボードプレイ、べーあん(阿部薫)のドラム、そして松本さんのギター、という生演奏で聴ける幸せ。
本当にあの日集ったFANKSへの最高のプレゼントでした。

ライブ最後に、この日そろった歴代主要サポートメンバーとTMの三人が演奏したのが「Seven Days War」
彼らがユニット名につけた「NETWORK」の名前が象徴する、言葉にできないセッションタイムでした。

FANKS続けていてよかったです、はい。


TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR NETWORK続きを読む

たしかなこと

小田和正さんの明治安田生命CM曲「たしかなこと」(CD未収録曲)、TBSのドラマ「星野仙一物語」のテーマソングになるようです。
先ほど番組宣伝で「たしかなこと」が流れていました。

早くCDにして欲しい、いい曲なんだけどね…
その時間は、「踊る大捜査線THE MOVIE 2」→「CHAGE & ASKAライブ」の録画中…

テレビ番組「風のようにうたが流れていた」のトラックで我慢するか。

Blogタイトルの由来

このBlogのタイトルについては、あっさりと決まりました。

自分のサイトを持つときは、
「どうやって小田和正とTM NETWORKを併存したサイト名が出来るだろうか?」
と悩みました。適当な共通キーワードがなく、結局は自分のハンドルネームをサイト名に冠する、ということで落ち着きました。

今回はあっさり決まりました。
TM NETWORKの最新曲「Green Days」(ライブDVDに収録)

TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR NETWORK(LIVE DVD)

オフコースの名曲「緑の日々」(後に小田和正がセルフカバー)

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989 (シングルA面集)

LOOKING BACK(小田和正)

自己ベスト(小田和正)

Green Days = 緑の日々 じゃないか(ポン!)
ということで、あっさり悩まず決定した次第。
2曲とも好きですよ。

スタート

正月ということもあって、ブログをスタートしました。

本当なら去年の4月(TM NETWORK 20周年ライブ)とか、10月(小田和正のテレビ番組「風のようにうたが流れていた」スタート)からはじめれば、ネタ的にはちょうどよかったのだろうけど、色々あってこのタイミングになりました。

趣味である音楽を中心に、他の事柄も語っていこうと思っています。

ネット歴・サイト歴共に5年以上になりましたが、BLOGは本当にはじめて。
色々あると思いますがよろしくお願いします。
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ