GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2005年11月

本田美奈子

去年の日本武道館のチャリティイベントで、「1986年のマリリン」を歌った彼女。
そのパワフルな歌唱力は、彼女をリアルに知らないはずの世代まで総立ちにさせていました。

訃報、残念でなりません。

(追記)
記事巡回で見つけたタイトルにグッと来ました
「歌姫、還らず」

渡辺謙や吉井怜のように復活して欲しかった。

関連書き込み:本田美奈子に捧ぐ

LIFE〜本田美奈子プレミアムベスト〜(初回限定盤)

木根尚登 Talk & Live Vol.9

今回は木根さん+ギター+キーボードの三人編成。

ニューアルバム「Life」を主体としたセットリスト。
本人もお気に入りのようで、歌・演奏ともなかなかいい感じでした。

木根さんのTALKのほうも、いつもの通り脱線するほど好調でした。

詳細は「続きを読む」参照。



木根尚登「Life」
続きを読む

小田和正追加公演@新潟

キョードー北陸ホームページより

11月22日(火) 新潟フェイズ

今ツアーの追加公演?

小田和正「そうかな」

ドラマ「火垂るの墓」&Bank Band「生まれ来る子供たちのために」

両方とも、個人的には十分納得出来る作品だったと思います。

井上真央うまいわ…

過去記事:Bank Band、オフコース「生まれ来る子供たちのために」カバー

火垂るの墓

玉置成実「Get Wild」

感想は「続きを読む」参照。

玉置成実「Get Wild」
続きを読む

木根尚登アルバム「Life」楽曲紹介

1. ONE DAY AND NEW DAY
「君との出会い」がテーマ。
実質的なタイトルチューン。

2. 君からのエアメール
「ONE DAY AND NEW DAY」の"life"が「生活」を指すなら、この曲の"life"は「生きること」
曲中で次第に明かされる、二人の別れの理由が切ない。

3. Clover
日置明子への提供曲のセルフカバー。
切ない状況の恋人同士を歌ったバラード。

4. I Say Good Morning
ケンカした恋人への気持ちを歌った曲。

5. MY BEST FRIEND
先行シングルとしてリリースされた曲。
昔の音楽仲間、そして自分自身に呼びかけるような歌。

書き下ろされたのが2004年、TM NETWORK20周年という区切りの年。
翌年の「SPIN OFF from TM -tribute LIVE 2005-」でも披露。
そういったシチュエーションが似合う楽曲です。    

6. i
ここでもアルバムタイトルの「Life」が歌詞に登場。
すれ違っていく恋人へのメッセージが、歌詞に込められている。

7. Hello Mr.Alone
振られたばかりの男の切ない気持ちを歌った曲。

8. 空につづくロマンティック
恋人とのドライブをモチーフにした、さわやかなアップテンポナンバー。
読売テレビ・日本テレビ系「浜ちゃんと!」エンディングテーマ。

9. 6月6日
小説家木根尚登の代表作「ユンカース・カム・ヒア」
そのモデルとなった犬、ユンカースへの鎮魂歌。

10. 帰れない二人
井上陽水・忌野清志郎が共作した名バラードのカバー。
ライブでは時折フォークの名曲をカバーする木根さんだが、CD化されたのは初。

11. こぶし
渡辺美里への提供曲のセルフカバー。
月をモチーフにしたロマンチックなバラード。

木根尚登「Life」

映画「ユンカース・カム・ヒア」

ほんじつのおかいもの

・平原綾香「From To」

・木根尚登作品集「Handmade Gallery 〜The Best Works of NAOTO KINE〜」

・玉置成実「Get Wild」

…結局小室プロデュースと言うことで、買ってしまいました「Get Wild」

感想は木根さんのアルバムのレビュー書いてから。

あと、ASKAの新譜も予約。

ASKA「SCENE III」(初回限定盤DVD付き)

Golden Circle Vol.8 に小田和正ゲスト出演決定

日時:11/20(日)17:00開場・18:00開演

会場:品川プリンス ステラボール

出演:寺岡呼人, 亀田誠治, スキマスイッチ, ミドリカワ書房
スペシャルゲスト:小田和正

チケット料金:1階スタンディング・2階指定 5,500円(税込)

チケット発売中
続きを読む
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

オフコース/小田和正「生まれ来る子供たちのために」 1979〜2020

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史 1979〜2019

ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正「はるかな夢」と「the flag」〜 アルバム「個人主義」のコントラスト〜

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

「自己ベスト・2」収録曲から見える、小田和正の心境の変化〜「ひとりで生きてゆければ」「生まれ来る子供たちのために」「the flag」〜

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

Episode「TM VISIONS」「eZ」〜TM NETWORK History〜

Episode of 「Fool On The Planet」 TM NETWORK Version

Episode of 「Fool On The Planet」 木根尚登編

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ