GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2006年03月

オフコース「愛を止めないで」ドラマ主題歌に

東芝EMI:オフコースサイトより

NTV系全国ネット ドラマコンプレックス
「たくさんの愛をありがとう」
4月4日(火)後9:00〜11:20
出演:桃井かおり、奥菜惠、田中聖(KAT-TUN)他
主題歌・挿入歌:オフコース「愛を止めないで」

オフコース「Three and two」
(「愛を止めないで」収録)
オフコース・グレイテストヒッツ
1969-1989

もう笑うしかない

元ニュース:PSE法、経産省が対象除外「ビンテージもの」リスト初公表


その「特別承認に係る電気楽器等一覧」(PDFファイル)

YAMAHA KX-5(ショルキー)がビンテージで、同時期に作られたKX-88はビンテージじゃないそうです。
YAMAHA SY-77がビンテージで、その上位機種のSY-99はビンテージじゃないそうです。

おまけに間違い多数。

…リスト発表しただけ恥の上塗りですよ、これ。
もう笑うしかない。

ちなみに私が持っているシンセは、一応ビンテージになるそうです。
売る気は全然ありませんが。


おまけにまだまだ混乱があるみたいで…
実は「中古品全部OK」ではない可能性も出てきました。
#詳しくは川内博史衆議院議員のブログのコメント欄参照。

ここはそもそも、のんびり音楽を語るためのブログでした。
それなのに、その基盤がガタガタになりそうな状況です(涙)。

関連記事はこちらをクリック

GAKU-MC / 桜井和寿 コラボレーション・シングル「手を出すな!」リリース決定

元ニュース



New Single「手を出すな!」
2006.5.31 発売
番号:TFCC-89173
税込:1,200円

1. 手を出すな!
2. 手を出すな! (Remix by Yukihiro Fukutomi)
3. 手を出すな! (Remix by DJ ajapai)

・初回プレス完全限定アナログ盤も同時リリース!
 TFJC-38020 ¥1,500(Tax include.)

サッカー番組のテーマソングですが、タイトルには別のメッセージも託されているようです。
面白そうなコラボです。

オフィシャルサイトも出来てます。

渡辺美里「さくらの花の咲くころに」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
さくらを歌った名曲が数ある中、僕的にはやっぱりこの曲を選んでしまう。

渡辺美里「さくらの花の咲くころに」

美里はバラードの中で、日本の情感を細やかに丁寧に描き出す。
代表的なところでは「悲しいね」であったり、「卒業」だったりする。

その中でも「さくらの花の咲くころに」は秀逸だといえる。
この曲は何度もセルフカバーされ、ベスト盤にもチョイスされた。
そのことが、それを示している。

何よりも、今も彼女がこの曲を大切に歌い続けていることが嬉しい。

渡辺美里「ribbon」(初収録アルバム)
She loves you
うたの木 seasons”春”
M・Renaissance 〜エム・ルネサンス〜

久しぶりにブログ紹介

今話題の方のブログ

ひっかかり

ZERO LANDMINE

小田和正・春の歌

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正の楽曲(除くオフコース)で春の歌といえば、「春風に乱れて」「また、春が来る」が挙げられる。

「春風に乱れて」は1990年にリリースされた「Far East Cafe」の収録曲。春先に芽生えた切ない片思いを、アップテンポのサウンドに載せて歌っている。コーラスには鈴木雅之・佐藤竹善(Sing Like Talking)が参加、小田と共に錯綜する思いを表現した様なコーラスワークを披露している。
この曲の初披露となった「K.ODA TOUR 1990」では、ステージ上のモニターに桜吹雪が映し出された。翌年のベストアルバム「Oh!Yeah!」にも収録。その後のツアーでも何度となく歌われ、2000年のカウントダウン「ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」でもセットリストに組み込まれた。

一方、「また、春が来る」は2000年に発表されたアルバム「個人主義」収録。季節の移ろいを眺めながら、別れた恋人のことを思う曲。四季折々の風景が歌詞に出てくるが、それ故にタイトルのフレーズが切なく響いてくる。
ちなみに小田は春まだ来ぬ雪の札幌のスタジオで、この曲を書いたという。

PSE法:当面の間、中古品販売を事実上容認

毎日新聞ニュース


「販売」を「レンタル」として見なすという、すごい曖昧な「決着」ですね。
「当面の間」ではなく、「法律が当初予定していなかった中古品については、完全に除外する」まで声を上げる必要がありますね。

・「PSEマーク」が付いていない家電製品は安全じゃないかもしれないよ?
・マークが付いていない家電製品の安全性を確認したい人は、検査機関に持ち込んでね。

という事にすれば、OKだと思うんですよね。

関連記事はこちらをクリック

U_WAVE(宇都宮隆)「Daydream Tripper」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
宇都宮隆のプロジェクト(ユニット)「U_WAVE」とアニメ「エンジェルハート」とのコラボレーションソング「Daydream Tripper」、4/26発売決定です。

カップリングは「エンジェルハート」のミニドラマだそうですが…

宇都宮ソロでは久しぶりのCDリリース作品です

Daydream Tripper

PSE法:坂本龍一さんら音楽家が制度そのものの見直し訴え

元ニュース(毎日新聞)より引用。

 国の安全基準に適合することを示す「PSE」マークがない一部家電製品の販売が4月から禁止される問題で、坂本龍一さんら音楽家が23日会見し、楽器だけでなく中古家電全体を対象から除外するよう制度の見直しを訴えた。坂本さんらは同日午後、要望書を経済産業省に提出する。

 会見したのは坂本さんのほか、作曲家・演奏家の東儀秀樹さんや音楽プロデューサーのサエキけんぞうさんら4人。

 経産省はビンテージものと呼ばれる希少価値の高い中古楽器を規制対象から事実上除外することを決めているが、坂本さんは「何がビンテージかはお役人に決められる問題ではない。楽器を除外すればミュージシャンが黙るだろうという意図がみえみえだ」と批判した。

 要望書の賛同者には、小室哲哉さんや山崎まさよしさんらミュージシャン約50人と音楽団体8団体が名を連ねている。

…以上

声明の本文はこちら

頑張れ心ある音楽家達

【発起人】坂本龍一・細野晴臣・高橋幸宏・松武秀樹・椎名和夫                        

【賛同者】浅倉大介、アンジェラ・アキ、伊藤大助 (クラムボン)、宇都宮隆、エイジアエンジニア、m-flo、大友良英、おおはた雄一、尾崎亜美、小原礼、小山田圭吾、木根尚登、Caravan、杏子、桑原茂一、COIL、小坂明子、小林武史、小室哲哉、今剛、サエキけんぞう、Shinnosuke(SOUL'd OUT)、スガシカオ、スキマスイッチ、高木正勝、テイ・トウワ、DJ KENTARO、東京スカパラダイスオーケストラ、東儀秀樹、土橋安騎夫、中西康晴、中村哲、西山毅(HOUND DOG)、難波正司、野村義男、元ちとせ、畠山美由紀、原田郁子(クラムボン)、Face 2 fAKE、ミト(クラムボン)、向谷実、山崎まさよし、ヤマタカEYE、吉田美奈子、RAM RIDER、LISA、RYO the SKYWALKER(50音順)

【賛同団体】
社団法人日本芸能実演家団体協議会
社団法人音楽制作者連盟
演奏家権利処理合同機構ミュージック・ピープルズ・ネスト
日本シンセサイザー・プログラマー協会
(特)レコーディング・ミュージシャンズ・アソシエイション・オブ・ジャパン
日本音楽家ユニオン
日本作編曲家協会
日本ミキサー協会

関連記事はこちらをクリック

スキマスイッチ「ボクノート」

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
紅白出場曲となった「全力少年」やCM曲「飲みに来ないか」と、ここのところ目立つスキマスイッチの楽曲はアップテンポ系だった。一方、シングル「雨待ち風」のようなバラードも彼らの音楽の魅力である。
そのスキマスイッチの最新シングル「ボクノート」は、まさに後者のラブバラードである。ピアノの美しい音と、「僕の音」をテーマにした歌詞が、美しいバラードを紡ぎ出している、
続きを読む

木根尚登+椎名へきる=「ひだまり」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

3月19日に行われた、椎名へきるコンサートツアー初日の東京公演で、椎名へきる、木根尚登でユニットを結成することが発表されました。

ユニット名は「ひだまり」
その名の通り、皆様に温もりをお届けするアコースティックなユニットです。
デビューシングル(?)のリリースも、以下の通り決定致しました。

ひだまり Debut Single「Size Up」
2006年4月26日(水)発売
品番:SRCL6252 税込1,223円
※初回生産盤限定仕様:スペシャル・ステッカー封入

小室のV2・globe・TKD・ガボール、ウツのBOYO-BOZO・U-WAVEに次いで、木根さんもTM外ユニット結成のようです。

イベント等では色々ユニットを組んでいた木根さんですが、ユニットとしてCDをリリースするのは初めてですね。

最近の椎名へきるさんのプロデュースを手掛けていた木根さんですが、それが縁というところでしょうかね?

ひだまり「Size Up」

河村隆一カバーアルバム「evergreen」発売決定

元ニュースより


5/24発売

収録曲
『花の首飾り』ザ・タイガース
『「いちご白書」をもう一度』荒井由実
『ブルースカイブルー』西城秀樹
『オリビアを聴きながら』尾崎亜美
『Yes-Yes-Yes』オフコース
『スローモーション』来生たかお
『Virginity』レベッカ
『恋の予感』安全地帯
『恋におちて』小林明子
『OH MY LITTLE GIRL』尾崎豊
『愛燦燦』美空ひばり  
『I for You』LUNA SEA
+1曲(曲名未定)

※初回盤ボーナストラック:アンドレア・ボッチェリ『Time To Say Goodbye』(ライブ音源)

ちょっと「おっ!」と思わせるセレクション。
80'sナンバーが多いのが嬉しいかも。

オフコース・春の歌

ブログネタ
小田和正 に参加中!
オフコースの春の歌は、やはり「僕の贈りもの」だろうか?
ファーストアルバム「僕の贈りもの」の先行シングルでタイトルチューンのこの曲は、淡い季節としての春、そして秋を、シンプルなバラードで歌っている。


後に小田和正はこの「僕の贈りもの」を、ソロアルバム「BETWEEN THE WORD & THE HEART」「LOOKING BACK」でセルフカバーしている。前者がピアノを主体にした静かなアレンジなのに対し、後者はアレンジを一新、アップテンポでポップな曲に仕上がっている。

矢野顕子「はじめてのやのあきこ」

昨年、小田和正ライブのゲストに矢野顕子がゲスト参加した。(その時の記事はこちら
その時、矢野さんのキーボードと小田さんの生ギターで歌ったのが「中央線」だった。

元々はTHE BOOMの曲で、矢野顕子がカバー、そして矢野さんと小田さんがイベントで共演した際に演奏された後、音楽番組「クリスマスの約束」で小田和正がカバーされた曲。

この日の演奏は、このアルバム「はじめてのやのあきこ」で同曲を二人がカバーしたことで実現したものだった。

あの演奏での空気感に惹かれて、アルバムを手に取りました。

このアルバム、矢野顕子と様々なミュージシャンが共演しているのですが、ミュージシャンそれぞれの持ち味が生かされている感じで、なかなかいい感じです。

なおアルバム公式サイトに皆さんのインタビューなどが載っています。
是非御覧下さい。

収録曲
1. 自転車でおいで(参加ゲスト・アーティスト:槇原敬之)
2. 中央線(参加ゲスト・アーティスト:小田和正)
3. PRESTO
4. ごはんができたよ(参加ゲスト・アーティスト:YUKI)
5. 架空の星座(参加ゲスト・アーティスト:井上陽水)
6. ひとつだけ(参加ゲスト・アーティスト:忌野清志郎)
7. そこのアイロンに告ぐ(参加ゲスト・アーティスト:上原ひろみ)

TM NETWORK (TMN)「We Love The Earth」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
季節感がないようで、夏と冬の季節はくっきりとした情景を描き出すTM NETWORKの楽曲。

春の曲を選ぶならこの曲でしょうか?

「We Love The Earth」

何気なく触れられた「春の蜃気楼」という歌詞が、この曲のポップ感を増している気がします。

アルバム「EXPO」のバージョンよりも、シングルバージョン(ベストアルバム「TMN Red」収録)がお勧めです。

ファンズセレクションベスト「Welcome to the FANKS!」に1枚目の3曲目(つまり3位)に収録された、ファンの人気の高い曲でもあります。


ちなみに「Another Meeting」にも「春」は描かれていますが、あの曲は四季を歌っているので…

4/8(土) 小田和正「Thanks Day」山野楽器銀座本店で開催

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

4月8日(土)10:30〜20:00
山野楽器銀座本店 7階
イベントスペース「Jam Spot」
入場無料

内容
・写真パネル・ツアーパンフなどの展示
・ビデオ上映
#本人の来場はありません。
あらかじめご了承ください。

…今回は地方でのイベントはないのか?
それともこれから?

小田和正
「そうかな」

定番の卒業ソング

元記事:定番の卒業ソングNo.1 by オリコン

1位 贈る言葉(海援隊)
2位 卒業写真(松任谷由実)
3位 卒業(尾崎豊)
4位以下は元記事参照

「贈る言葉」強いですねぇ。
…実は私も好きです。
「人として」がもっと好きですが。

関連記事:卒業ソング

光陰矢のごとし
-3年B組金八先生主題歌集-

「PSE法、希少楽器に救いの手」とはいうが・・・

ビンテージ楽器以外にも一応例外措置はありますが、この例外措置の手法を含めて、まだまだ色々問題がありそうです。

音楽に限らず、中古業者全体の悲鳴を聞くと、PSE法が何のためにあるのか疑問になります。
経済産業省の対応もいろいろ問題があるようですし…

ただ、今回のことは、
「声を上げなければ何も変わらない、
声を上げれば少しでもマシになる」

っていうことを教えてくれた様な気がします。

ニュース記事はこちら

関連記事はこちらをクリック

小田和正「AERA」に登場

ブログネタ
小田和正 に参加中!
「現代の肖像〜不器用な世代への応援歌〜」という記事です。

小田和正
「そうかな」

「開歌前線 from 野音」に木根尚登出演

DISK GARAGEサイトより

2006年4月9日(日)日比谷野外大音楽堂
開場13:00・開演13:30 雨天決行
チケット代:カテゴリー1 1,000円・カテゴリー2 500円

出演者:えちうら・kaede・GRAND COLOR STONE・the strange drama・the BOOGIE JACK・ダンデライオン・10,000promises.・NIRGILIS・ひだまり(木根尚登&椎名へきる)・BabyBoo・三浦大知・MAY・Lady Marmalade・倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス・[MCパフォーマー] ナオト・インティライミ

木根さんは椎名へきるとのユニットで登場です。

木根さん、この中で最年長のような気がする…

Handmade Gallery
〜The Best Works of NAOTO KINE〜

加藤いづみツアー'06 〜春のゆめ〜決定

公式サイトより

4月29日(土)福岡 DREAM BOAT
17:30開場・18:00開演
(福岡市中央区赤坂1-11-17 赤坂ウィングアネックスビル4F)
チケット発売:3月25日(土)
問い合わせ:DREAM BOAT 092-713-4233/つくす092-771-9009

5月2日(火)広島 Live Cafe JIVE
19:00開場・19:30開演
(広島市中区薬研堀2-13)
チケット発売:4月1日(土)
問い合わせ:ユニオン音楽事務所 082-247-6111/LIVE Cafe Jive 082-246-2949

5月7日(日)松山 MONK
17:30開場・18:00開演
(松山市三番町1-10-16 相原ビル)
チケット発売:4月8日(土)
問い合わせ:MONK 089-945-9512/デューク松山 089-947-3535

5月9日(火)高松 黒船屋
19:00開場・19:30開演
(高松市北浜町3-2 北浜Alley-C)
チケット発売:4月8日(土)
問い合わせ:黒船屋 087-826-3636/デューク高松 089-947-3535

5月10日(水)神戸 ROUGH RARE<ラフレア>
19:00開場・19:30開演
(神戸市中央区明石町18-2)
チケット発売日:未定
問い合わせ:ソーゴー大阪06-6344-3326

5月21日(日)宇都宮 ESPRIT
17:30開場・18:00開演
(宇都宮市池上町2-2 ZOOM 中村第一ビル2F)
チケット発売日:未定
問い合わせ:ESPRIT 028-637-9191/フリップサイド宇都宮028-633-1009

5月30日(火)名古屋 TOKUZO
18:30開場・19:00開演
(名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F)
チケット発売日:未定
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

5月31日(水)京都 RAG
18:30開場・19:30開演
(京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町521京都エンパイヤビル5F)
チケット発売日:未定
問い合わせ:ソーゴー大阪06-6344-3326

6月1日(木)金沢 もっきりや
19:00開場・19:30開演
(金沢市広坂1-3-11)
チケット発売日:未定
問い合わせ:FOB企画 076-232-2424

6月4日(日)仙台 retro Back Page
17:30開場・18:00開演
(仙台市青葉区国分町3-3-3 定禅寺ヒルズ)
チケット発売日:未定
問い合わせ:GIP 022-222-9999

6月13日(火)14日(水)17日(土)18日(日)東京 南青山MANDALA
(東京都港区南青山3-2-2 MRビル)
チケット発売日:未定
問い合わせ:ディスクガレージ 03-5436-9600

チケット料金4,000円(会場によって別途ドリンクチャージあり)

加藤いづみ
「Slow」

渡辺美里「Sing and Roses」

渡辺美里がライフワークの様に毎年開催していた、西武球場(→西武ドーム)のライブが昨夏で終了した。
その直後の秋にリリースされたオリジナルアルバムが「Sing and Roses」だった。
このアルバムには、大江千里・木根尚登(TM NETWORK)・小淵健太郎(コブクロ)・有賀啓雄といったこれまでの美里のコンポーザーに加え、槇原敬之・TAKURO(GLAY)が楽曲を提供している点が注目点である。
これまでの美里ワールドを継承しつつも、これまでの作品とはちょっと違う世界が広がっている。

最後の西武ドームライブの直後に詞を書き下ろしたというアルバム収録曲「No Side」には、「終わりは始まり」というフレーズがある。
このアルバムは、一つのターニングポイントを迎えた彼女の「決意」の一作の様な気がする。
続きを読む

「シティハンター」GyaoTVで3/13よりオンエア決定

特集ページはこちら

City Hunter
Sound Collection X
-Theme Songs-

DJ TK 無料ダウンロード第3弾「@Buddha Bar」発表

ブログネタ
音楽配信・ダウンロード に参加中!
こちらからどうぞ。

小室さんらしいマニアックなサウンドです。

THE GREATEST HITS
-小室哲哉作品集 a-

THE GREATEST HITS
-小室哲哉作品集 S-

ほんじつのおかいもの

矢野顕子
「はじめてのやのあきこ」
1. 自転車でおいで(参加ゲスト・アーティスト:槇原敬之)
2. 中央線(参加ゲスト・アーティスト:小田和正)
3. PRESTO
4. ごはんができたよ(参加ゲスト・アーティスト:YUKI)
5. 架空の星座(参加ゲスト・アーティスト:井上陽水)
6. ひとつだけ(参加ゲスト・アーティスト:忌野清志郎)
7. そこのアイロンに告ぐ(参加ゲスト・アーティスト:上原ひろみ)


コラボ相手が贅沢です。
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ