GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2008年03月

小田和正「Weekly ぴあ」インタビュー掲載

ブログネタ
小田和正 に参加中!
Weeklyぴあ:小田和正「変わらない品格」表紙 & 10ページ独占ロング・インタビュー

関東版:4月3日(木)発売
関西版・中部版:4月10日(木)発売


「めざましテレビ」でも、本日より新曲「今日も どこかで」オンエア開始。
番組公式サイトで一部が流れています)

小田和正
「自己ベスト・2」

雑誌「男の隠れ家」に小室哲哉インタビュー記事

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源: - PRESENCE -

「男の隠れ家」公式サイト
・Person of the month 必聴! 男の音楽 小室哲哉(音楽プロデューサー)


男の隠れ家 2008年 5月号 (雑誌)

K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』 & 『kira kira』 FINAL 〜東京からアジアへ〜

ブログネタ
小田和正 に参加中!
K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』
2003.5.4 早稲田大学記念会堂
SE. my home town (INST)
1. 言葉にできない
2. Yes-No
(オリジナル)
3. 春風に乱れて
4. 愛を止めないで
5. 夏の日
6. Oh!Yeah!
7. さよなら
(LOOKING BACK Ver.)
8. 僕等の時代
9. 勝手に寂しくならないで
10. 遙かな想い
(横浜創学館・愛唱歌)
11. 明日
12. woh woh

※御当地紀行 in 早稲田大学
13. だからブルーにならないで
14. 愛の中へ
15. 忘れてた 思い出のように
16. ラブ・ストーリーは突然に
17. 伝えたい事があるんだ
18. キラキラ
19. 生まれ来る子供たちのために
20. 君住む街へ

Encore
21. またたく星に願いを
22. Yes-Yes-Yes
23. 時に愛は
24. I LOVE YOU
25. Yes-No
(オリジナル)
26. 眠れぬ夜
27. キラキラ
SE. キラキラ (INST)〜明日


小田和正『kira kira』FINAL
〜東京からアジアへ〜 (SHIBUYA-AX)
SE. my home town (INST)
1. キラキラ
2. 愛を止めないで
3. YES-NO
(オリジナル)
4. 緑の街
5. my home town
6. Oh!Yeah!
7. さよなら
(LOOKING BACK Ver.)
8. 大好きな君に
9. 勝手に寂しくならないで
10. 明日
11. woh woh

※御当地紀行総集編
12. 愛の中へ
13. 忘れてた 思い出のように
14. ラブ・ストーリーは突然に
15. 伝えたいことがあるんだ
16. 言葉にできない
17. 君住む街へ

Encore
18. Death Mach
(Far East Club Band)
19. またたく星に願いを
20. 緑の日々
SE. キラキラ(Inst)
21. キラキラ


2003年の国内公演からセレクション。
早稲田大学での公演はチャリティライブであるとともに、当初はアジアツアーの初日になるはずであった。しかし当時流行したSARSの影響でツアーは延期、タイトルにその名残を残した。

そのアジアツアーの初日が SHIBUYA-AX での『kira kira』FINAL となった。
これを皮切りに香港・シンガポール・台湾で公演。
もちろん各地で御当地紀行がオンエアされた。

セットリストについては、前年のツアー『kira kira』の構成を踏まえつつも、前半部分を中心に曲が一部入れ替わった。
また当時CD未発表の「明日」「大好きな君に」といった曲も演奏された。

ちなみにこの年の小田さんは、CHAGE and ASKA、スターダスト・レビューとのジョイントライブをはじめ、イベントに多く出た1年でもある。

自己ベスト
自己ベスト
そうかな
そうかな(「明日」「大好きな君に」収録)


「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」製作開始

ブログネタ
踊る大捜査線 THE MOVIE に参加中!
警視庁・東京湾岸署のオープンにあたって(odoru.com)

東京湾岸署(本物)の開署にあわせて発表というのが、さすがというべきか…

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』

ブログネタ
小田和正 に参加中!
ツアー初日(SHIBUYA-AX)
1. キラキラ (ピアノ弾き語り)
2. my home town
3. 風の街
4. 春風に乱れて
5. 夏の日
6. 愛を止めないで
7. Oh!Yeah!
8. 海へ続く道
(加藤いづみ)
9. さよなら (LOOKING BACK Ver.)
10. 僕等の時代
11. 緑の日々
12. ラブ・ストーリーは突然に
13. 伝えたいことがあるんだ
14. キラキラ
15. 愛の中へ
16. 忘れてた 思い出のように
17. 君住む街へ

Encore
18. Far East Club Band メドレー
19. woh woh
20. 桜坂
(福山雅治)
21. 勝手に寂しくならないで
22. またたく星に願いを
23. 時に愛は
24. 私の願い


2002.6.14 パシフィコ横浜国立大ホール
SE. my home town (INST)
1. my home town
2. 風の街
3. 春風に乱れて
4. 愛を止めないで
5. 夏の日
6. 昨日 見た夢
7. Oh!Yeah!
8. さよなら
(LOOKING BACK Ver.)
9. 僕等の時代
10. 勝手に寂しくならないで
11. woh woh

※御当地紀行
12. だからブルーにならないで
13. 愛の中へ
14. 忘れてた 思い出のように
15. ラブ・ストーリーは突然に
16. 伝えたい事があるんだ
17. キラキラ
18. 風の坂道
19. 君住む街へ

Encore
20. 海へ続く道
(加藤いづみ)
21. Far East Club Band メドレー
22. またたく星に願いを
23. Yes-No
(オリジナル)
24. 時に愛は
25. I LOVE YOU
26. キラキラ
SE. キラキラ (INST)


ツアー最終日(愛知県体育館)
SE. my home town (INST)
1. my home town
2. 風の街
3. 春風に乱れて
4. 愛を止めないで
5. 夏の日
6. Oh!Yeah!
7. さよなら
(LOOKING BACK Ver.)
8. 僕等の時代
9. 勝手に寂しくならないで
10. woh woh

※御当地紀行
11. だからブルーにならないで
12. 愛の中へ
13. 忘れてた思い出のように
14. ラブ・ストーリーは突然に
15. 伝えたいことがあるんだ
16. キラキラ
17. 風の坂道
18. 君住む街へ

Encore
19. 海へ続く道
(加藤いづみ)
20. Far East Club Band メドレー
21. またたく星に願いを
22. Yes-No
(オリジナル)
23. 時に愛は
24. I LOVE YOU
25. ムーンライトセレナーデ
(グレン・ミラー)
26. キラキラ
27. same moon
SE. キラキラ (INST)〜僕らの夏


アルバム「自己ベスト」と連動して行われたツアー。
会場はライブハウス・ホール・野外会場・アリーナと多種多彩。

ライブハウス以外では、オンステージシート・花道・客席内サブステージが設けられ、カウントダウンライブや Talk & Live など、近年の小田和正の活動をツアーで再現する形になった。
またライブ中盤には Talk & Live コーナーが設けられ、多彩なトークと共に「さよなら」「僕等の時代」「勝手に寂しくならないで」「woh woh」といった曲がアコースティック形式で奏でられている。

セットリストは「自己ベスト」「LOOKING BACK 2」を軸としつつも、オフコース時代のナンバーも随所に織り込まれた選曲となった。
また上記の通り、ツアー中の曲目が結構変わったツアーでもあった。
初日のSHIBUYA-AXは、渋谷の街頭に生中継する関係で曲順が大幅に入れ替わった。
その後も小田さんの体調不良による休演の影響もあったのか、セットリストは何度か入れ替えがあった。

コーラスには「same moon!!」ツアーに続いて加藤いづみが参加、前回の松山公演で加藤いづみに書き下ろした曲が「海に続く道」として披露された。
またツアー終盤では小田さんがサックスを吹く「ムーンライト・セレナーデ」も披露された。

ライブのラスト、インストの「キラキラ」をバックに流されたメッセージは「みんないつもキラキラ!」であった。

なおASKA・大友康平がゲスト出演、金沢公演ではNHK総合「音楽旅人」のビデオ収録がなされている。

LOOKING BACK 2
LOOKING BACK 2
自己ベスト
自己ベスト

ほんじつのおかいもの

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
DVD
「TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007」
(FC限定版)

DVD「NAOTO KINE CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇Vol.7 FINAL〜ここにある未来〜2007.9.28 日本青年館」
(FC限定版)

「おかいもの」というより「おとどけもの」

小田和正 新曲「今日も どこかで」がフジテレビ系「めざましテレビ」テーマソングに

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング
小田和正「今日も どこかで」
3月31日よりオンエア開始
CDリリース未定

めざましテレビ公式サイト


やっぱりツアータイトルと一緒でしたね。
CD化はいつだろうか…

小田和正
「自己ベスト・2」

木根尚登 日本テレビ「アナ☆パラ」にレギュラー出演

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

日本テレビ 毎週月曜日〜木曜日
14:55〜16:53(生放送)
「アナ☆パラ」
水曜レギュラーコメンテーターとして出演

こういう仕事を引き受けるとは思わなかった…

木根尚登
「ノックは3回 〜Knock Three Times〜」

K.ODA LOOKING BACK 2 TALK & LIVE (2001年)

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1. 風の街
2. Yes-No
3. woh woh
4. さよなら
5. 愛の中へ
6. 君住む街へ
7. 勝手に寂しくならないで
8. 夏の終り
9. 僕の贈りもの


アルバム「LOOKING BACK 2」発売を記念して開かれたライブイベント。
主要都市のライブハウスで開かれた中、地元・横浜はみなとみらい・ドッグヤードガーデンでおこなわれたことから、外から見ることも出来た。

360度客席というステージ構成の中、小田さん&ギタリスト稲葉さんのギターと、鎌田さんのアコーディオンorパーカッションというアコースティック形式で演奏された。
またタイトルだけに、トークも充実したライブでもあった。

LOOKING BACK 2
LOOKING BACK 2


CD「TM NETWORK THE SINGLES 1」5月28日発売

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
CD「TM NETWORK THE SINGLES 1」5月28日発売
定価:3,150円(税込)
発売日:2008年5月28日
商品番号:MHCL-1331/2
レーベル:Sony Music Direct

初回生産限定盤・ボーナスディスク付2枚組
全曲NEWリマスタリング

収録予定曲(一部変更される場合あり):新星堂より
Disc 1
・金曜日のライオン (Take It To The Lucky)
・1974 (16光年の訪問者)
・アクシデント
・DRAGON The FESTIVAL (ZOO MIX)
・YOUR SONG ("D"MIX)
・Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX)
・GIRL
・All-Right All-Night (No Tears No Blood)
・SELF CONTROL
・Get Wild
・KISS YOU
・RESISTANCE
・BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
・SEVEN DAYS WAR
・BE TOGETHER <←コンサートパンフの広告には載ってませんでした>

Disc 2
・1974 (CHILDREN'S LIVE MIX)
・Come on Let's Dance (The SAINTS MIX)
・Self Control -VERSION THE BUDOKAN-
・YOUR SONG (Special Lnstrumental Disco Mix)
・Electric Prophet (1984/12/5 渋谷PARCO PART3 Live より)
・Dragon The Festival (1985/10/31 日本青年館 Live より)

※10月に第2弾リリース予定。

…またベストですか!?(かなり遠い目)
「TIME CAPSULE」で充分じゃん…
しかもコンサートパンフに堂々広告が載ってました(涙)

どうせなら「全シングル、マキシ&紙ジャケ化」って方が、まだ食指が動く。

TMN (TM NETWORK)
「TIME CAPSULE all the singles」

TM NETWORK公認 トリビュートCDアルバム  「I LOVE TM NETWORK」 6月4日発売

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK トリビュート 特設ページ
(TM NETWORK コメント付)

TM NETWORK公認 トリビュートCDアルバム
「I LOVE TM NETWORK」

発売日:2008年6月4日
定価:1,800円(税込)
品番:DDCA-6003
レーベル:Asian Dynasty Records
販売元:バウンディ株式会社

収録曲
1.Be Together
2.Get Wild
3.Don't Let Me Cry
4.Telephone Line
5.Come On Let's Dance
6.Kiss You
7.Self Control
8.We Love The Earth

CDリリースに先立ち、「Be Together」が4月2日に、「Get Wild」が5月14日に、それぞれiTunes Store・レコード会社直営♪(着うた・着うたフル)にて先行限定リリース。

ようやくこういうトラックが登場しましたね。

TM NETWORK
「DRESS」

TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS!! @横浜BLITZ 2日目

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
セットリストは初日に比べ大幅変更。
どうも1日目と2日目での日替わりメニュースタイルになりそうな感じです。

「REMASTER」とかぶる曲が多いけど、これは前回公演が東京・横浜限定で、そのコンセプトを関東以外に届けるというところでしょうかね?

セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事:TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS!! 初日@横浜BLITZ

TM NETWORK
「SPEEDWAY」

続きを読む

TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS!! 初日@横浜BLITZ

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
「どうもタイトルの意味するところを、勝手に読み違えていたようだ」
その言葉が3曲目で頭をよぎりました。

また3人揃って十数年ぶりに演奏した2曲が、個人的に大好きな曲達ばかりだっただけに、嬉しかったです。

アレンジはいずれもオリジナルベースですが、「REMASTER」同様バンドサウンド的なアプローチが濃く、また小室さんによるアディショナル・キーボードプレイも多々ありました。

演奏・歌唱の面でもさほど問題なく、また「REMASTER」からはじまった、某 Talk & Live 並のダラダラトークも、それなりにオチる方向へは向いてきたかと。
(以前は話のオチが無いままだったからねぇ…)

ただセットリストは、ツアー終盤までに一部変更していそうな気がします。

ネタバレOKの方は「続きを読む」をクリックし、掲載したセットリストを御覧下さい。
おそらく冒頭の言葉の意味を、理解して頂けると思います。

TM NETWORK
「SPEEDWAY」

続きを読む

本日、TM NETWORK Tour スタート!

ライブが終了次第、こちらのネタバレ掲示板にセットリストをアップする予定です。(携帯はこちら

掲示板なので、参加した方の書き込みもOKです。
(というより、お待ちしております)

では、後ほど。

小田和正 ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!! 2000.12.31-2001.1.1 横浜八景島シーパラダイス マリーナヤード

ブログネタ
小田和正 に参加中!
SE. たしかなこと (INST)
1. 忘れてた 思い出のように
2. Far East Club Band Song
3. 春風に乱れて
4. 眠れぬ夜
5. 真夏の恋
6. 夏の日
7. 秋の気配
8. さよなら
9. ためらわない、迷わない

以下3曲 with 山本潤子
10. 忘れないわ(Hi-Fi-Set)
11. 歌を捧げて
12. 翼を下さい
(赤い鳥)
13. woh woh
14. 夜空ノムコウ
(SMAP)
15. 風のように
#御当地紀行 八景島編
(フイルム中で「お正月」を歌う)
16. Little Tokyo
17. the flag
18. もっと近くに
19. 恋は大騒ぎ
20. だからブルーにならないで
21. そのままの君が好き

with 鈴木雅之
22. 私の願い
以下5曲 with 山本潤子・鈴木雅之
23. 恋人(鈴木雅之)
24. め組のひと(ラッツ&スター)
25. ラブ・ストーリーは突然に
26. またたく星に願いを
27. YES-YES-YES

※カウントダウン&花火
with 佐橋佳幸
28. 風の街
29. こんな日だったね

with 山本潤子・鈴木雅之・佐橋佳幸
30. 勝手に寂しくならないで
31. Yes-No
(オリジナル)
32. my home town
33. 夢で逢えたら
(ラッツ&スター)
34. same moon
SE. same moon (INST)

Encore
35. 愛を止めないで
36. Yes-No
(オリジナル)

ツアー「same moon!!」の追加公演として行われた野外カウントダウンライブ。
ちなみにこの3日前に、「八景島まであと3日」というライブが渋谷 On Air East で開かれている。

当日の演奏曲は、オフコース・小田和正ソロから代表曲を中心に幅広く選ばれており、ライブ序盤の「四季メドレー」をはじめ、メドレー形式で多く演奏された。
ゲストは山本潤子・鈴木雅之・佐橋佳幸。
山本潤子・鈴木雅之のナンバーもセットリストに組み込まれた。

会場はメインステージから客席後方まで花道が設けられ、小田さんは多くの場面で走りながら歌っていた。
またキーボードが弾き語りできる昇降可能なサブステージも設けられ、「風のように」「my home town」といった曲が歌われた。

この日の模様はビデオ・DVD化されている。

個人主義
個人主義
小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!
小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!


TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS!! オフィシャルツアーグッズ公開

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
こちら

いよいよ明後日からツアースタート。
気分は「IGNITION, SEQUENCE, START」

TM NETWORK
「SPEEDWAY」

TK Library ・Fun Club 始動?

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:グータラ日記。


詳細はこちら

今度こそダイジョウブ…、だよね?

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-
THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

Kazumasa Oda Tour 2000 "SAME MOON !!"

ブログネタ
小田和正 に参加中!
ツアー初日
SE. とくべつなこと(INST)
1. 忘れてた 思い出のように
2. こんな日だったね
3. また、春が来る
4. 青い空
5. はるかな夢
6. 好きになって、よかった
(加藤いづみ)
7. 夜の行方
8. 哀しいくらい
9. goodtimes & badtimes
10. 言葉にできない

※御当地紀行
11. FAR EAST CLUB BAND SONG
12. ラブ・ストーリーは突然に
13. 伝えたいことがあるんだ
14. YES-NO
15. the flag
16. 19の頃
17. woh woh

Encore
18. 「Far East Club Band」メドレー
19. 恋は大騒ぎ
20. 君住む街へ
SE. woh woh (INST)


ツアー千秋楽
SE. とくべつなこと(INST)
1. 忘れてた 思い出のように
2. こんな日だったね
3. また、春が来る
4. 青い空
5. はるかな夢
6. 好きになって、よかった
(加藤いづみ)
7. 君たちを忘れない
8. 哀しいくらい
9. goodtimes & badtimes
10. 言葉にできない

※御当地紀行
11. FAR EAST CLUB BAND SONG
12. ラブ・ストーリーは突然に
13. 伝えたいことがあるんだ
14. YES-NO
15. the flag
16. 19の頃
17. woh woh

Encore
18. 「Far East Club Band」メドレー
19. 愛を止めないで
20. またたく星に願いを
21. とくべつなこと
22. 君住む街へ
23. same moon
24. 忘れてた 思い出のように
SE. woh woh (INST)
25. こんな日だったね


アルバム「個人主義」リリースに連動して行われたツアー。
ツアータイトルは、親友でオフコース・小田和正のレコーディング・ミックスを担ってきたビル・シュニーとの合い言葉「same moon」が冠された。
石畳とアーチ状の洋館を思わせるセットには、小田和正用のキーボードが置かれず、本人が演奏する楽器もグランドピアノとギターになる等、前回の「Thru The Window」Tourでの「ギター・ピアノ主体」という傾向が色濃く反映された。また、アルバムの持つ雰囲気のせいか、あるいはツアータイトルにもよるところが多いのか、フィルム・照明などの演出は、星空・月、そして夕暮れを思わせるものが多かった。
コーラスには加藤いづみが参加した。

ライブ曲目は、アルバム「個人主義」の曲を主軸に、CMに起用された「言葉にできない」をはじめオフコース時代の名曲達、コーラスで参加した加藤いづみの代表曲「好きになって、よかった」や、バックバンドであるFar East Club Bandのインストゥルメンタル作品が織り込まれた構成となった。

基本的にはアンコールを含め、曲目にあまり変化はなかった。横浜最終日は「君たちを忘れない」に代わり「my home town」が演奏された。
アンコールでは他に「真夏の恋」「夏の日」が演奏された。
加藤いづみの故郷・松山と横浜で小田さんが彼女に書き下ろした新曲「海へ続く道」を、大阪最終日からはバンドメンバー全員のアカペラによる新曲「same moon」も披露された

小田さんのライブでは恒例となった「御当地紀行」であるが、今回の目玉は「路上ライブ」、ぞうさんギターを抱えて公園等で熱唱する小田さんで締めくくられた。多くの演目は、誰でも知っている童謡や「春夏秋冬(泉谷しげる)」「恋(松山千春)」「翼を下さい(赤い鳥)」などの他の人の曲であったが、横浜公演での「my home town」「秋の気配」をはじめ、「夏の日」「夏の終り」など、自分の持ち歌も披露するところもあった。

そしてライブの最後には「Remember we're watching at the same moon」という、ツアータイトルに込めた気持ちを表したメッセージが浮かび上がっていた。

なお、今回のツアーでのゲストは、九州厚生年金会館でのSing Like Talkingの佐藤竹善(「愛を止めないで」「Oh!Yeah!」)、名古屋2日目の松山千春(「長い夜」「woh woh」)のお二人であったが、名古屋1日目の御当地紀行には中日ドラゴンズ・星野監督が登場している。

個人主義
個人主義


CHAGE and AYAYA ?

ブログネタ
CHAGE&ASKA に参加中!
情報源:ナタリー

「コラボ☆ラボ〜夢の音楽工房」公式サイト
本日オンエア分は、ゲスト:CHAGE・松浦亜弥
で、次回からは二人で司会担当。

…いや、なんちゅうか、びっくりの一言。

CHAGE BEST SONGS
PROLOGUE

松浦亜弥ベスト 1

小田和正 1999 "FUN MORE TIME!"FINAL

ブログネタ
小田和正 に参加中!
SE. FUN MORE TIME!のテーマ
1. 君住む街へ
2. 昨日 見た夢
3. Come on
4. それとも二人
5. 春風に乱れて
6. きかせて
7. let me hold you baby
8. ラブ・ストーリーは突然に
(アカペラ・バラード)
※御当地紀行&スーパーバンド・メンバーからのメッセージ(山本潤子・大江千里・稲垣潤一・白井貴子・坂崎幸之助・大友康平)
9. 君たちを忘れない
10. 伝えたいことがあるんだ
11. 愛を止めないで
12. そのままの君が好き
13. だからブルーにならないで
14. またたく星に願いを
15. 風の坂道
16. ためらわない、迷わない

Encore
17. 眠れない夜
with 泉谷しげる(泉谷しげる)
18. 春夏秋冬 with 泉谷しげる(泉谷しげる)
19. Yes-No (オリジナル)
20. my home town

1999年唯一のソロライブ。
「神戸国際会館が新装開店するのでライブして欲しいといわれた。しかしツアーを神戸からはじめるという約束は果たしたし、スーパーバンドはスケジュール調整で無理だった。それならツアーが出来なかった「FUN MORE TIME!」をやろうと思った」として開かれたライブ。

選曲は「FUN MORE TIME!」を基本とし、アカペラで歌う「ラブ・ストーリーは突然に」が再現されたが、一方で1曲目に「君住む街へ」を持ってきた他、「伝えたいことがあるんだ」「君たちを忘れない」といった同ツアー以降の新曲や、「ためらわない、迷わない」がセットリストに組み込まれるなど、ツアーとは違う独特のセットリストになった。
また4年前と違い、楽曲をメドレー風に繋げるアレンジも目立った。

スケジュールの都合で山本潤子さんをライブに呼ぶことは出来なかったが、代わりに神戸に縁が深い泉谷しげるがゲストとして駆けつけた。

伝えたいことがあるんだ
伝えたいことがあるんだ


続きを読む

小田和正 "POWER STATION FINAL" & "THRU THE WINDOW ENCORE" (1998年)

ブログネタ
小田和正 に参加中!
POWER STATION FINAL
1. ラブ・ストーリーは突然に (ピアノ弾き語り)
2. 風に吹かれて
3. やさしさにさようなら
4. 思い出に変わるまで
5. so long my love
6. たそがれ
7. 今夜だけきっと
with 根本要(スターダスト・レビュー)
8. 小さな祈り with 中村雅俊(中村雅俊)
9. 卒業写真 (Hi-fi Set・Vo.山本潤子)
※映像集"Power Station と私"
10. 愛を止めないで
11. もっと近くに
12. そのままの君が好き
13. 伝えたいことがあるんだ
14. 君との思い出
15. 風のように

Encore
16. 翼をください
(赤い鳥・Vo.山本潤子)
17. ラブ・ストーリーは突然に with 佐橋佳幸
18. 夜空ノムコウ (SMAP)
19. my home town
20. またたく星に願いを
21. 君住む街へ
22. Far East Cafe

※モニターに浮かぶ「See You again & get together soon」のメッセージ。

"POWER STATION FINAL"は「THRU THE WINDOW」ビデオ発売日と同日に行われた、日清パワーステーションでのファイナルライブ。
ライブ映像と同期させて演奏する試みがなされた他、ゲストも多数登場。
何より、随所で閉鎖されるパワステへの惜別あふれるライブになった。

「最近の曲でもいいのがあります。練習したので聴いてください」というMCから歌い出した「夜空ノムコウ」は、その後のテレビ番組「クリスマスの約束」につながるものがある。

THRU THE WINDOW ENCORE
1. 緑の街
2. 風の坂道
3. 風に吹かれて
4. やさしさにさようなら
5. 秋の気配
6. 思い出に変わるまで
7. 卒業写真
(Hi-fi-set・Vo.山本潤子)
※御当地紀行・慶應義塾大学編
8. 愛を止めないで
9. もっと近くに
10. ラブ・ストーリーは突然に
11. そのままの君が好き
12. 伝えたいことがあるんだ
13. 君との思い出
14. 風のように

Encore
15. 君たちを忘れない
16. 翼をください
(赤い鳥・Vo.山本潤子)
17. またたく星に願いを
18. Yes-No
(LOOKING BACK Ver.→オリジナル)
19. 君住む街へ
SE. 緑の街


慶應義塾大学三田祭前夜祭として行われたコンサートで、同年の自動車事故後、初のソロライブでもある。
タイトル通り「THRU THE WINDOW TOUR」の選曲に近いライブだったが、新曲「君たちを忘れない」が初披露された。
「ラブ・ストーリーは突然に」ではイントロでいきなり「歌いたい人!」と募集をかけ、学生7人と共に歌っていた。

K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE


続きを読む

TM NETWORK Live Set List Since 1999

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
以前から構想だけはあったセットリスト紹介。
まもなくツアーが始まる、ということもあり、今回挑戦してみました。

今回は時間の関係で1999年の再始動後に絞りましたが、TM NETWORK デビュー25周年となる来年の4月までには、1984年から1994年のものにも挑戦しようと思います。

TM NETWORK Live Set List Since 1999

GET WILD DECADE RUNGET WILD DECADE RUN
TM NETWORK

10 YEARS AFTER
TM NETWORK

Happiness×3 Loneliness×3/80'sHappiness×3 Loneliness×3 / 80's
TM NETWORK

Major Turn-RoundMajor Turn-Round
TM NETWORK

LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]
TM NETWORK

LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]
TM NETWORK

CASTLE IN THE CLOUDSCASTLE IN THE CLOUDS
TM NETWORK

NETWORK TMNETWORK TM
TM NETWORK

NETWORK -Easy Listening-NETWORK -Easy Listening-
TM NETWORK

TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK" [DVD]

Welcome Back 2Welcome Back 2
TM NETWORK

SPEEDWAYSPEEDWAY
TM NETWORK

TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 [DVD]TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 [DVD]

TM NETWORK -REMASTER- 日本武道館

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
SE. MALIBU
1. WELCOME BACK 2
2. Come on Everybody
3. Still Love Her

※木根アコギソロ(Girlfriend)
4. Human System
5. Seven Days War
6. N43
7. We Love The Earth
8. Telephone Line
9. Beyond The Time
10. Be Together

※北島ギターソロ(トルコ行進曲)
11. CAROL (INST)
12. Time To Count Down
13. Self Control

※ドラムソロ
14. Love Train

・Encore
15. ACTION
16. Wild Heaven
17. Get Wild
SE. YOU CAN FIND


パシフィコ横浜からはじまった「REMASTER」最終公演となる日本武道館ライブは、それまでのホール4公演の集大成的要素と、リリース直前のニューアルバム「SPEEDWAY」のコンセプトが混在する形となった。

ギター・ベース・ドラムと揃えたフルバンドスタイルでの演奏も艶を増す一方、木根尚登がはじめてインストナンバーを演奏するなど、新しい試みも取り入れられた。

ビデオ収録され、この4月にDVD化される。

関連記事:TM NETWORK -REMASTER-

SPEEDWAY


SPEEDWAYSPEEDWAY
TM NETWORK

TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 [DVD]TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 [DVD]

THRU THE WINDOW K.ODA TOUR 1997-1998

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1997.12.21 パシフィコ横浜国立大ホール
1. 緑の街
2. 風の坂道
3. 風に吹かれて
4. やさしさにさようなら
5. 遠い海辺
6. 秋の気配
7. 思い出に変わるまで
8. so long my love

※御当地紀行
9. 愛を止めないで
10. もっと近くに
11. ラブ・ストーリーは突然に
12. 僕の贈りもの
13. そのままの君が好き
14. 伝えたいことがあるんだ
15. 君との思い出
16. 風のように

Encore
17. 君にMerry Xmas
18. またたく星に願いを
19. Yes-No
(LOOKING BACK Ver.→オリジナル)
20. 緑の日々
21. 君住む街へ
SE. 緑の街
(ビデオクリップ)

このツアーは本編のセットリストが全く変わらなかった。
唯一ツアー初日・2日目に選んだ神戸公演で、最初に「2年前、神戸でこの曲を歌ったとき、次のツアーはここから始めようと思った」といって「君住む街へ」をピアノ弾き語りで歌ったことのみ。
アルバム「LOOKING BACK」「伝えたいことがあるんだ」からの選曲が主体であるが、それ以外の曲も多く演奏された。

一方、アンコールは「Oh!Yeah!」「真夏の恋」等、多彩な曲目が用意された。
下はその一例。

1998.1.31 日本武道館・アンコール
・夏の終わりに (今滝真理子)
・クリスマスを過ぎても with 佐藤竹善(PLUS ONE)
・Yes-No with 佐藤竹善(LOOKING BACK Ver.→オリジナル)
・さよなら
・翼をください
(赤い鳥・Vo.山本潤子)
・緑の日々
・君住む街へ


1998.2.3 東京国際フォーラム・アンコール
・またたく星に願いを
・Yes-No
(オリジナル)
・言葉にできない
・だからブルーにならないで
・君住む街へ
・ラブ・ストーリーは突然に

※「言葉にできない」はオフコース最終ライブ「the night with us」以来の演奏。

ライブ初登場のグランドピアノにはじまり、キーボード・アコギ・エレキ・エレアコと小田さんが使う楽器も多彩なツアー。
コーラスは山本潤子さんと今滝真理子さんが交互に務めたが、最終3公演はふたりがそろい踏みした。
ちなみにステージは洋間をイメージしたもので、中央に「窓」を模したモニターが置かれた。

アンコールの後に流れる「緑の街」の中で、"You will see anything THRU THE WINDOW"のメッセージと共に、モニターの中で扉が閉められた。

ライブビデオ収録用に追加公演を行った最終日の模様が、その後ビデオ化された。
また「風のように」のライブトラックは、2000年リリースのアルバム「個人主義」にも収録されている。

LOOKING BACK
LOOKING BACK
伝えたいことがあるんだ
伝えたいことがあるんだ
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE


続きを読む

TM NETWORK -REMASTER-

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
パシフィコ横浜・初日
SE. nuworld
1. Still Love Her
2. Here, There & Everywhere
3. We Love The Earth
4. Human System
5. Seven Days War
6. N43
7. Telephone Line
8. Beyond The Time
9. Wild Heaven
10. 小室キーボードソロ

(CAROL 〜 VAMPIRE HUNTER D 〜 MEMORIES)
11. Be Together
12. Self Control
13. Time To Count Down
14. WELCOME BACK 2

Encore
15. Get Wild


渋谷2日目
SE. EXPO
1. Love Train
2. Come on Everybody
3. Still Love Her
4. Human System
5. Seven Days War
6. We Love The Earth
7. Telephone Line
8. Beyond The Time
9. Be Together
10. CAROL (INST)
11. Time To Count Down
12. Self Control
14. WELCOME BACK 2

Encore

パープルディ2曲
14. Get Wild
15. Action


パシフィコ横浜での楽器フェア連動企画としてのライブがきっかけとなって、全5公演開かれた TM NETWORK ライブ。
テーマは「みんなが知っているシングル曲を中心に、オリジナルアレンジで演奏する」。このため 87〜91年頃の曲を中心にしたセットリストとなった。
上記はホール2公演のものだが、会場毎にセットリストは一部変更された。

バックバンドにギター・ベース・ドラムと揃えたフルバンドスタイルでの演奏となり、サウンドもバンドのノリに近いものがあった。

また、このライブが、シングル「WELCOME BACK 2」、アルバム「SPEEDWAY」製作のきっかけともなっている。

関連記事:TM NETWORK -REMASTER-

WELCOME BACK 2


Welcome Back 2Welcome Back 2
TM NETWORK
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ