GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2008年07月

TM NETWORKコンテスト 「YOU LOVE TM NETWORK」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:グータラ日記。

TM NETWORKコンテスト「YOU LOVE TM NETWORK」告知ページ
コピー曲以外にも、TM NETWORKにインスパイアされたオリジナル曲でもエントリー可能だそうです。



I LOVE TM NETWORK
(「Get Wild」PV は Gyao で視聴可能)
TM NETWORK
SPEEDWAY
TM NETWORK THE SINGLES 1(初回生産限定盤)

カバーアルバム「On/Off」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
テイチクのレーベル「TAKUMI NOTE」がリリースしているボサノバ・ジャズ・レゲエ系 J-POP カバーアルバム「On/Off」に、オフコース「言葉にできない」、小田和正「たしかなこと」、ASKA「はじまりはいつも雨」などが収録されています。

ON/OFF
・収録曲/歌手
風になりたい/Hanah
GET BACK IN LOVE/因幡由紀
はじまりはいつも雨/絹子
言葉にできない/宏実
メロディー/睫攸媚
少年時代/Hanah
もう恋なんてしない/恒川恵美
セロリ/睫攸媚
空も飛べるはず/宏実
壊れかけのRadio/麗奈
ガラス越しに消えた夏/因幡由紀
TRUE LOVE/麗奈
夜空ノムコウ/恒川恵美
青春の影/絹子

On/Off 2nd season
・収録曲/歌手
遠く遠く/宮本淳子
PIECE OF MY WISH/mayumi fujita
チェリー/友歌里
ハナミズキ/simmy
らいおんハート/市村あろ羽
Squall/宮本淳子
長い間/友歌里
ひだまりの詩/hinaco
あなたに逢いたくて〜Missing You〜/對馬 香
永遠にともに/simmy
君がいるだけで/mayumi fujita
3月9日/hinaco
ZUTTO/市村あろ羽
たしかなこと/對馬 香


試聴はこちら

また発売記念ライブを、Yahoo!動画で見ることも出来ます。(「はじまりはいつも雨」「たしかなこと」)

ちなみにこのレーベル、秋川雅史さんが参加しているんですよね。
続きを読む

小田和正ツアー「今日も どこかで」@京都&テアトロン(香川)

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、京都&テアトロン(香川)公演関連の写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)
テアトロンの写真は、スタレビとの共演ショットです。

…えっと、ap bank fes'08 と、スタレビライブゲスト出演の写真はどこですか?

京都2日間のレポはこちら→つうさんのごちそうちょう

関連記事
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」@京都1日目

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」@テアトロン

小田和正
「そうかな」

Stardust Revue @テアトロン

ブログネタ
スターダスト・レビュー に参加中!
サンケイスポーツ

記事には出てませんが、小田さんがゲスト出演したそうです。
レポはこちら→つうさんのごちそうちょう

Stardust Revue
「31」

工藤静香、全曲中島みゆき作品のカバーアルバムリリース

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
情報源:サンケイスポーツ

「MY PRECIOUS 工藤静香 sings 中島みゆき」
2008.8.20リリース
ポニーキャニオン
定価:3,255円(税込)

中島みゆきオリジナル11曲(「空と君とのあいだに」「宙船(そらふね)」他)+中島みゆきの工藤静香提供曲3曲(「激情」「雪・月・花」他)で構成。

こういうワンアーチストの楽曲に徹したカバーアルバムも珍しいと思うが、みゆきファンの工藤静香だから出来た気がする。

「MY PRECIOUS 工藤静香 sings 中島みゆき」

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」@ テアトロン(香川県さぬき市)

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田さんの最初のMCが「ずっと先だと思っていたテアトロン公演が、今日になりました」というとおり、ツアー中盤ラストという位置にある今回の公演。

「ここはへんぴですし、来るのも大変ですが、他には得難いロケーションでしょ?」という小田さんの言葉と同感のファンがたくさん集結。
「海に面した点が横浜に似ている」というのが、小田さんがこの会場を好きになった理由のようです。

アコースティックコーナーの直前で小田さんが急にステージ裏に引っ込むので、何か小田さんのみにあったかと思えば…
「沖縄で座って歌った後、立ち上がったら観客が笑うので、何事かと思ったらパンツが透けていた。それがいやだったので、パンツを替えてきました。ただ、ぶっつけ本番です」と、スタッフにも言わずに実行した小田さん。

一方で小田さんからは、「沖縄にイベンター(デューク)のスタッフが偵察に来て、『テアトロンはもっと盛り上げてくれ』という。一方、沖縄のイベンターも今日来ていて『うちより盛り上がってくれるな』という。私は板挟みで、どうしたらいいんでしょうか?今日、盛り上がるかは皆さん次第です」なんて話も出ました。

アコースティックコーナーのトークではオフコース初期の頃を振り返り、「僕らがオリジナルを歌い始めたときは、メッセージソングが主流で、軟弱な歌と言われていた。でも『ワインの匂い』では、正やん(伊勢正三)と風を組んでいた大久保たちから評価されたのが嬉しかった。そのアルバム愛を歌った曲をつくりました」という話も出ました。

またキーボード弾き語りコーナーでは、「テアトロンのために1曲選んだ結果、この曲になりました」として、意外な1曲を披露しましたが、シチュエーションにはバッチリ合ってました。

御当地紀行は高松駅からはじまり、高松港・栗林公園・商店街をめぐりながら、何度も小休止する小田さん。
その後は、今回のイベンター・デュークのあるジャスコ(ナン付カレーを食べる小田さん)、レオマワールドとめぐり、最後金比羅宮でした。

本編後半の曲のいくつかが、この野外会場独特のシチュエーションにはまっていた気がします。

アンコールでは、翌日同所でのライブを控えたスターダストレビューが、登場。
「あっちのほうにいるはずです」と小田さんが指差した客席後方から中央通路を通って、スタレビの皆さん登場。
要さんが早速マイクを確保してしゃべり出すと、「誰だよ要にマイク渡したの」とぼやく小田さん。

そして、小田さんの「記念写真を撮りたいと思います」という言葉から、会場全体を撮す記念撮影へ。
撮影準備中、じっと出来ずにいろいろしゃべる根本さん。

記念撮影後、オダレビ(小田和正+スターダストレビュー)の共作「そして思い出は歌になった」の披露へ。その前に根本さんによる曲解説へ。

イベントの3日前に小田さんがスタレビの元に訪れ、「小田さん、イベントは3日後ですよ?」と根本さんが言ったら、小田さんが「歌詞書いたから曲つけろ」と歌詞を出したとか。
2時間半で完成すると、そのとたん「じゃ、よろしく」と去る小田さん。
タイトルもイベント当日に発表。
その曲を根本さんは歌っていて泣きそうになり、我慢したまま横で歌っている小田さんを見て結局泣いてしまったそうです。

いろいろと濃いライブでした。
セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事:
1996.8.10 小田和正・鈴木雅之「夢のまた夢」

1999.7.31 小田和正&鈴木雅之「そして...夢のまた夢」

2002.7.20 K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』 テアトロン公演

2005.7.23 Kazumasa Oda Tour 2005 『大好きな君に』テアトロン公演


Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)


ツアー特設サイト

オフコース
「I LOVE YOU」
小田和正
「LOOKING BACK」
スターダスト★レビュー 25年に一度の大感謝祭ライブ (DVD)


続きを読む

小田和正 Live Set List 〜テアトロン編〜

テアトロンライブを目前にして、過去4回のテアトロンライブを「小田和正 Live Set List 〜テアトロン編〜」として振り返ってみました。

海を背中にした独特のシチュエーションに小田さん同様はまってしまい、毎回参加しています。
今年も参加します。

速報はこちらに掲載予定。

関連記事:
1996.8.10 小田和正・鈴木雅之「夢のまた夢」

1999.7.31 小田和正&鈴木雅之「そして...夢のまた夢」

2002.7.20 K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』 テアトロン公演

2005.7.23 Kazumasa Oda Tour 2005 『大好きな君に』テアトロン公演

自己ベスト-2自己ベスト-2
小田和正

木根尚登「立川おとなバンドフェスティバル」ゲスト出演&日本農業新聞インタビュー掲載

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
立川まちおん
「立川おとなバンドフェスティバル」ゲスト出演

日時:9月7日〈日〉13:00〜17:00
会場:立川市市民会館(アミューたちかわ)大ホール
入場無料

公式サイト


日本農業新聞 8月2日(土)発行
nino特集「わたしと食」コーナーにインタビュー掲載

購入の問合せ:日本農業新聞 業務局販売管理部(TEL:03-5295-7407)
※余部がない場合はコピー 読者相談室(TEL:03-5295-7403)

日本農業新聞公式サイト


木根尚登
「ノックは3回〜Knock Three Times〜」
木根尚登
「LOST FOODS 僕らの食べものが危ない!」

2005.7.23 Kazumasa Oda Tour 2005 『大好きな君に』テアトロン公演

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正4度目のテアトロンライブは、前回同様ツアー「大好きな君に」の一環として開かれた。

セットリストは他の大阪・名古屋野外公演でのスペシャルメニューと違い、アリーナ・ホール公演のメニューに近かったが、「夏の日」など野外公演らしい楽曲も組み込まれた。

Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」
2005.7.23 さぬき市野外音楽会場テアトロン

SE. 小田和正インストメドレー
1. まっ白
2. ラブ・ストーリーは突然に
3. the flag
4. 夏の日
5. たそがれ
6. さよなら
7. 眠れぬ夜
8. 夏の終り
9. あの素晴らしい愛をもう一度
10. 恋は大騒ぎ
11. between the word and the heart
12. 僕らの夏
13. 私の願い
14. 風のようにうたがながれていた
15. たしかなこと


#御当地紀行 高松総集編

16. Re
17. 正義は勝つ
18. Yes-No
19. キラキラ
20. YES-YES-YES
21. 明日
22. 僕ら
23. 言葉にできない


・Encore
24. だからブルーにならないで
25. またたく星に願いを
26. 君住む街へ
27. 大好きな君に


28. Yes-No
29. キラキラ
30. たしかなこと
(with 観客)
31. そして今も
・大好きな君に
(Inst)

関連記事:Kazumasa Oda Tour 2005 「大好きな君に」

小田和正
「そうかな」

2002.7.20 K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』 テアトロン公演

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正3回目のテアトロン公演は、初のソロコンサートで、ツアー「kira kira」唯一の四国公演かつ野外公演となった。
この会場にも、他の会場同様、花道&サブステージ・オンステージシートが用意された。

小田曰く、「前にテアトロンでやったライブが忘れられなくて、またここにきました」とのコメントであったが、無情にも開演前と公演中ににわか雨が降る事態となり、雨に対してぼやきながらのライブとなった。
また、このライブのイベンター・デュークの宮迫社長とはオフコース時代からの縁で、彼とのエピソードもトークの随所に出てきました。

NHKの番組で笑福亭鶴瓶が好きな曲としてあげた、として「老人のつぶやきを」ギター弾き語り、最後には小田さんがサックス演奏披露、という従来のツアーメニューとはちょっと違う、スペシャルメニューのライブとなりました。

個人的には、小田さん提供曲でコーラス参加の加藤いづみが歌う「海へ続く道」が、島影の見えるこの会場のシチュエーションに見事にはまっていた気がします。

K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』
2002.7.20 さぬき市野外音楽広場テアトロン


・my home town (Inst)
1. my home town
2. 風の街
3. 春風に乱れて
4. 愛を止めないで
5. 夏の日
6. Oh!Yeah!
7. さよなら
8. 僕等の時代
9. 勝手に寂しくならないで
10. 老人のつぶやき
11. あの素晴らしい愛をもう一度
12. woh woh


#御当地紀行

13. だからブルーにならないで
14. 愛の中へ
15. 忘れてた 思い出のように
16. ラブ・ストーリーは突然に
17. 伝えたい事があるんだ
18. キラキラ
19. 風の坂道
20. 君住む街へ


・Encore
21. 海へ続く道(Vo.加藤いづみ)
22. Far East Club Band メドレー
 青い月の夜に
〜 Walled in Life
〜 Reserve
〜 A Stream of Time
23. またたく星に願いを
24. Yes-No


25. 時に愛は
26. I LOVE YOU
27. ムーンライトセレナーデ
(Inst)
 (小田・稲葉サックス 園山クラリネット)
28. キラキラ

29. Yes-No
・キラキラ
(Inst)

関連記事:K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』

自己ベスト自己ベスト
小田和正

加藤いづみ
「Izumi -Singles and More II-」
(「海へ続く道」収録)

小田和正ツアー「今日も どこかで」@新潟

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、新潟公演のオフショット写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

レポはこちら→つうさんのごちそうちょう

携帯日記によると、小田さんは新潟→つま恋→京都と移動。
本日はテアトロンのある香川県入りかな?

小田和正
「自己ベスト・2」

小室哲哉 インストアルバム 「Far Eastern Wind - Summer」 itunes で配信開始

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:グータラ日記


小室哲哉
「Far Eastern Wind - Summer」
配信は→こちら←

「Far Eastern Wind - Winter」に続く第2弾。
今回もタイトルが全部日本語です。

TK INSTRUMENTAL WORKS SELECTION 1985-2003

ap bank fes '08 公式サイトで3日目のライブレポ掲載

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
ap bank fes '08 3日目ライブレポ

今年のシークレットゲストは布袋寅泰。
その上、布袋×コブクロ×Bank Band、布袋×亀田誠治×KREVA(THE THREE)×Bank Band と、夏イベントらしいスペシャルな組み合わせもあったとか。

スペシャルといえば、コブクロ×絢香の生歌披露も。

忌野清志郎さん欠席は本当に残念。
Bank Band 最後の曲が、清志郎さんに届くといいなぁ、と思う。

個人ブログ記事ならでんちゅ〜Blog♪ |電柱|ー ̄)参照。

THE THREE(布袋寅泰・亀田誠治・KREVA)
「裏切り御免」
コブクロ×絢香
「Winding Road」
忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 (2枚組ライブアルバム)
Bank Band
(沿志奏逢 2)

1999.7.31 小田和正&鈴木雅之「そして...夢のまた夢」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正2回目のテアトロンライブは、鈴木雅之とのジョイントライブの最終公演。
但し3年前、同地で行われたライブ(対バンスタイル)とは違い、このライブでは小田和正とそのバックバンド「Far East Club」に、鈴木雅之とコーラスチームが参加するスタイル。
小田・マーチン共に最初から最後まで演奏に参加して、演奏曲もほぼ交互、時折互いの持ち歌を歌うシーンもあった。

この日のゲストは川村結花。
小田プロデュース、川村作曲でマーチンの曲「so long」プロデュースした縁もあってのこと。

なおこの日のライブのライブのオープニング、昨年自動車事故を起こした小田和正の完治と、「東京ラブ・ストーリー」をかけて、小田の発案による観客の「カンチ!」コールから演奏がスタートした。

小田和正&鈴木雅之スペシャルバンド
「そして...夢のまた夢」
1999.7.31 香川県志度町野外音楽広場テアトロン


SE. 夏の日の恋
1. ラブ・ストーリーは突然に
2. First Love
3. Yes-No
4. 君が君であるために
5. 愛を止めないで
6. 地球はメリーゴーランド
7. 私の願い


・以下2曲 ゲスト:川村結花
8. 夜空ノムコウ
9. so long


10. たそがれ
11. 別れの街
12. そのままの君が好き
13. 伝えたいことがあるんだ
14. もう涙はいらない
15. 恋人
16. またたく星に願いを
17. 夢のまた夢


Encore
18. 勝手に寂しくならないで
19. め組の人
20. 君住む街へ
21. 夢で会えたら
(with 川村結花)

小田和正
「伝えたいことがあるんだ」
鈴木雅之
「SO LONG」

1996.8.10 小田和正・鈴木雅之「夢のまた夢」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正初のテアトロン公演は、鈴木雅之との初のジョイントコンサート。
ゲストに佐藤竹善を迎え、それぞれのバンドをバックに演奏された。

小田和正のソロコーナーでは、アルバム「LOOKIG BACK」を出したばかりということもあり、アルバム収録曲から多く演奏された。
一方、小田とマーチンの共演曲が演奏されることは少なかった。

海に面したこの野外ライブ会場を、小田自身はいたく気に入ったようで、トークでも「故郷を思い出す」とコメントしていた。

小田和正・鈴木雅之「夢のまた夢」
1996.8.10 香川県志度町野外音楽広場テアトロン


SE.夏の日の恋
・小田和正・鈴木雅之・佐藤竹善 with Band
1. Yes-No

・小田和正 with Band
2. 愛を止めないで
3. もっと近くに
4. ラブ・ストーリーは突然に
5. 秋の気配
6. 真夏の恋
7. だからブルーにならないで
8. 君との思い出
9. 君住む街へ


#小田和正・鈴木雅之・佐藤竹善によるトークショウ

・小田和正・鈴木雅之・佐藤竹善
10. Spirit of Love

・鈴木雅之with Band
11. おやすみロージー
12. 恋人
13. もう涙はいらない
14. さよならいとしのBaby Blue
15. アダムな夜
16. 夢で会えたら
17. You'll Be Mine
 〜ランナウェイ
 〜め組の人
(メドレー)
18. Dry Dry
18. プライベート・ホテル


・小田和正・鈴木雅之
19. 私の願い

・小田和正・鈴木雅之・佐藤竹善 with Band
20. またたく星に願いを
21. 夢のまた夢


Encore
・小田和正・鈴木雅之・佐藤竹善
22. Oh!Yeah!

小田和正
「LOOKING BACK」
鈴木雅之
「MARTINI II」

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目

ブログネタ
小田和正 に参加中!
ap bank fes '08 経由で京都公演に一日だけ参加しました。

…小田さんの表情を全て肉眼でとらえられるライブなんて、何年ぶりだろうか。

ずっとアリーナ会場で小田さんの音楽に触れてきたこと、直前に参加した ap bank fes '08 ではモニターに頼らざるを得なかった客席だったこと、そして自分の席から手の届きそうなところにサブステージがあったことで、そのことをより強く感じたのかもしれない。

小田さんも上機嫌。
歌詞の歌い間違えから再度やり直す曲もあったけど、それすらも微笑ましい感じがした。
何より後半のある曲で、小田さんが客席へ突入したとき、あまりもみくちゃにされず、わずかな歌い間違えで一巡できたことは、東京・横浜での光景とは違い、感動すら憶えた。

御当地紀行は、京都駅から昨年小田さんが参加したイベントの会場である梅小路公園、鴨川、同志社前のレストラン「わびすけ」、ネスカフェのCMロケ地だったという鞍馬、そして将軍塚でした。
小田さんゆかりの場所が多かったですね。

至福の3時間弱でした。

セットリストは「続きを読む」参照。

小田和正
「自己ベスト・2」


続きを読む

ap bank fes '08 公式サイトで2日目のライブレポ掲載

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
ap bank fes '08 2日目ライブレポ

写真入りライブレポの他、インタビューがあります。
当然、小田さんも。
ステージ裏での小田さんのエピソードも書かれています。

関連記事:ap bank fes '08 2日目参加

小田和正
「自己ベスト」
(「Yes-No」「キラキラ」「ラブ・ストーリーは突然に」「緑の街」収録)
小田和正
「自己ベスト・2」
(「たしかなこと」収録)

ap bank fes '08 公式サイトでライブレポ掲載開始

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
ap bank fes '08 初日ライブレポ

大橋卓弥さんだけでなく、スキマスイッチでの共演もあったようですね。

ASKA さんはソロだけでなく、チャゲアスのナンバーや「名も無き歌」を歌ったとか。

こちらも行きたかったですね。

スキマスイッチ
「ふれて未来を」
ASKA
「NEVER END」
(「月が近づけば少しはましだろう」収録)

別冊カドカワ「ap bank fes オーディエンスの声大募集」

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
別冊カドカワ「ap bank fes オーディエンスの声大募集」
※8/8(金)まで受付

私は今年の小田和正&桜井和寿「Tomorrow Never Knows」かな?
2006年のスキマスイッチ+ Bank Band 「シーソーゲーム」や、桑田佳祐+ Bank Band 「奇跡の地球」も捨てがたいけどね。

別冊カドカワ(総力特集)ap bank fes’07―音楽が地球のためにできること。 (カドカワムック 258)
ap bank fes’05
ap bank fes’06
ap bank fes’07

ap bank fes '08 2日目参加

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
野外フェスというのは、夏の醍醐味だと思う。
その中で、イベントのテーマがはっきりしていること、そして桜井和寿・小林武史らが率いる Bank Band がアーチストと共演するスタイルをとる点で、ap bank fes の存在は異色だと思う。

そのイベントもこの夏で4回目。
去年は台風で初日・2日目がつぶれたものの、今年は2日目まで無事順調。

昨年、中止した公演に参加するはずだった小田和正さんも参加。
選曲はベタなナンバーばかりですが、小田・桜井のツインボーカルで聞くと、いつもと違った感じで新鮮でした。

個人的には、最初の「クリスマスの約束」以来聞きたかった曲を、二人のツインボーカルで聞けたのが最高でした。

それと、Bank Band 単独で小田さんの曲をカバーしてくれたのがうれしかったです。

Bank Band・Mr. Children のネタがあるので、詳しい感想は「続きを読む」参照。

関連記事:ap bank fes' 06 2日目参加 (2006年)

ap bank fes’05
ap bank fes’06
ap bank fes’07


続きを読む

BAND FOR "SANKA" 「笑ってみせてくれ」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正+トータス松本+佐橋佳幸という組み合わせは、昨年の佐橋さん仕切りのイベントの縁だと思う。
参加メンバーに藤井フミヤ・中孝介といったイベント参加者もいるし、佐藤竹善・松たか子・宮沢和史といった小田さんゆかりのメンバーもいる、そんな混成メンバーによるコラボ曲。

歌詞は小田さん色もあれば、トータス色もあるが、オリンピック選手へのエールというかたちで違和感なくまとまっています。
一方、サウンドは完全な小田サウンド。
但し小田さんは今回プロデューサー役なスタンスで、メインほとんどとってません。
他の10名の見せ場づくりに徹した感じがします。

BAND FOR "SANKA"
「笑ってみせてくれ」
(中孝介、岡平健治、小田和正、佐藤竹善、佐橋佳幸、トータス松本、平原綾香、藤井フミヤ、BONNIE PINK、松たか子、宮沢和史)

LGYankees 「Dear Mama feat.小田和正」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
ヤンキーを標榜するラッパーと小田和正。
これほどかけ離れた組み合わせは、J-POP史上空前の出来事だろう。

LGYankees の HIRO が小田和正のファンだったことがはじまり。
小田とのコラボを希望する彼等に、スタッフ達が動いた結果、小田の手に曲が届く。
そして曲を聴いた小田からの参加の意向…

「LGYankees が仙台だったから」という事も受けた理由の一つだそうだが、やはり曲が良かったからだろう。
小田さんとのコラボとなった「Dear Mama」はタイトル通り母への歌、そして LGYankees 単独で歌う「Eternal」は恋人へのプロポーズ。
どちらも奇をてらわないストレートな歌詞がいい。
小田さんも、そこに共感したんだと思う。

LGYankees
「Dear Mama feat.小田和正」(初回限定盤・DVD付)

くるり「さよならリグレット 〜京都音楽博覧会2008記念盤〜」に「ばらの花 feat.小田和正」収録

ブログネタ
小田和正 に参加中!
情報源:ナタリー

くるり「さよならリグレット 〜京都音楽博覧会2008記念盤〜」
2008/9/3発売
定価:1,260円(税込)
品番VICL- 36455

・収録曲
1. さよならリグレット
2. 京都の大学生
3. pray
・ボーナストラック
4. ばらの花 feat.小田和正 from京都音楽博覧会2007
※2008年内限定生産


昨年のイベントの時の音源ですね。
せっかくだから、もう一つの共演曲「恋は大騒ぎ」も収録して欲しかったところ。

今年の小田さんは「feat.」系が目立ちますね。

くるり公式サイト

京都音楽博覧会公式サイト

関連記事:
京都音楽博覧会 IN 梅小路公園 (2007.9.23)

小田和正 「京都音楽博覧会 2008 in 梅小路公園」に参加

くるり
「さよならリグレット 〜京都音楽博覧会2008記念盤〜」

ap bank fes '08 テレビ放送決定

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
ap bank fes '08 公式サイトより

9月12日(金)21:00〜25:00
フジテレビ721・フジテレビCSHD
「ap bank fes '08 4時間スペシャル」
番組サイト

スカパー!・e2 by スカパー!・各ケーブルテレビ局でも視聴可能


それにしても清志郎さんの件はつくづく残念。
Bank Band で清志郎さんのナンバーを歌うそうです。

ap bank fes’05
ap bank fes’06
ap bank fes’07

小田和正ツアー「今日も どこかで」@仙台

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、仙台公演のオフショット写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

第二の故郷・仙台らしく、あのナンバーが歌われたそうです。

関連記事:小田和正と仙台

小田和正
「自己ベスト」
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ