GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2008年07月

BAND FOR "SANKA" 「笑ってみせてくれ」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正+トータス松本+佐橋佳幸という組み合わせは、昨年の佐橋さん仕切りのイベントの縁だと思う。
参加メンバーに藤井フミヤ・中孝介といったイベント参加者もいるし、佐藤竹善・松たか子・宮沢和史といった小田さんゆかりのメンバーもいる、そんな混成メンバーによるコラボ曲。

歌詞は小田さん色もあれば、トータス色もあるが、オリンピック選手へのエールというかたちで違和感なくまとまっています。
一方、サウンドは完全な小田サウンド。
但し小田さんは今回プロデューサー役なスタンスで、メインほとんどとってません。
他の10名の見せ場づくりに徹した感じがします。

BAND FOR "SANKA"
「笑ってみせてくれ」
(中孝介、岡平健治、小田和正、佐藤竹善、佐橋佳幸、トータス松本、平原綾香、藤井フミヤ、BONNIE PINK、松たか子、宮沢和史)

LGYankees 「Dear Mama feat.小田和正」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
ヤンキーを標榜するラッパーと小田和正。
これほどかけ離れた組み合わせは、J-POP史上空前の出来事だろう。

LGYankees の HIRO が小田和正のファンだったことがはじまり。
小田とのコラボを希望する彼等に、スタッフ達が動いた結果、小田の手に曲が届く。
そして曲を聴いた小田からの参加の意向…

「LGYankees が仙台だったから」という事も受けた理由の一つだそうだが、やはり曲が良かったからだろう。
小田さんとのコラボとなった「Dear Mama」はタイトル通り母への歌、そして LGYankees 単独で歌う「Eternal」は恋人へのプロポーズ。
どちらも奇をてらわないストレートな歌詞がいい。
小田さんも、そこに共感したんだと思う。

LGYankees
「Dear Mama feat.小田和正」(初回限定盤・DVD付)

くるり「さよならリグレット 〜京都音楽博覧会2008記念盤〜」に「ばらの花 feat.小田和正」収録

ブログネタ
小田和正 に参加中!
情報源:ナタリー

くるり「さよならリグレット 〜京都音楽博覧会2008記念盤〜」
2008/9/3発売
定価:1,260円(税込)
品番VICL- 36455

・収録曲
1. さよならリグレット
2. 京都の大学生
3. pray
・ボーナストラック
4. ばらの花 feat.小田和正 from京都音楽博覧会2007
※2008年内限定生産


昨年のイベントの時の音源ですね。
せっかくだから、もう一つの共演曲「恋は大騒ぎ」も収録して欲しかったところ。

今年の小田さんは「feat.」系が目立ちますね。

くるり公式サイト

京都音楽博覧会公式サイト

関連記事:
京都音楽博覧会 IN 梅小路公園 (2007.9.23)

小田和正 「京都音楽博覧会 2008 in 梅小路公園」に参加

くるり
「さよならリグレット 〜京都音楽博覧会2008記念盤〜」

ap bank fes '08 テレビ放送決定

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
ap bank fes '08 公式サイトより

9月12日(金)21:00〜25:00
フジテレビ721・フジテレビCSHD
「ap bank fes '08 4時間スペシャル」
番組サイト

スカパー!・e2 by スカパー!・各ケーブルテレビ局でも視聴可能


それにしても清志郎さんの件はつくづく残念。
Bank Band で清志郎さんのナンバーを歌うそうです。

ap bank fes’05
ap bank fes’06
ap bank fes’07

小田和正ツアー「今日も どこかで」@仙台

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、仙台公演のオフショット写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

第二の故郷・仙台らしく、あのナンバーが歌われたそうです。

関連記事:小田和正と仙台

小田和正
「自己ベスト」

小田和正「君住む街へ」フレンドシッププロジェクトに起用

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

テレビ東京「フレンドシッププロジェクト〜親子の絆〜」に「君住む街へ」を起用。

フレンドシッププロジェクト公式サイト

小田和正
「LOOKING BACK 2」(「君住む街へ」収録)

小田和正と仙台

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1966年、小田和正は東北大学工学部建築学科に進学する。
故郷・横浜を離れての一人暮らしに、小田は当初ホームシックにかかったという。

その後、建築の勉強やコーラス系の部活に取り組む一方、同様に東北大学に進学した聖光学院の同級生・地主道夫と共に、東京工業大学に進学した鈴木康博と連絡を取り合い、聖光学院時代からのバンド活動も継続していた。

そのバンド「ジ・オフコース」は1969年、その音楽活動の集大成としてヤマハ・ライトミュージックコンテストに参加するが、その時は仙台からエントリーしている。
本来は音楽活動を終えるために出たコンテストの決勝戦で、山本潤子らが参加していた赤い鳥と出会った小田・鈴木は、音楽活動を続けることとなる。

1979年、オフコースは「さよなら」をリリースし、ヒットを飛ばす。
小田はこの曲に描かれた風景を、仙台に重ね合わせていたという。

1997年、小田和正50歳の誕生日をツアー「THRU THE WINDOW」仙台サンプラザ公演で迎える。
思い出の地のライブのアンコールで、小田は感涙の涙を流す。

そして横浜以外で「my home town」をサプライズアンコールで歌う、数少ない街でもある。

K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE (DVD)

7/15 フジテレビ系「めざましテレビ」15周年特番で、小田和正「今日も どこかで」オンエア

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

フジテレビ系 7/15(火)19:00〜
「めざましテレビ15周年特番」


小田和正
「自己ベスト・2」

木根尚登ライブ音源 ラジオでオンエア

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

FM NACK 5
7月13日(日)深夜1:00〜4:00
「NACK5 SPECIAL PROGRAM“The Live !”」


6月28日(土)にさいたま新都心VJ-3で行われた「NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8」の模様とインタビューをオンエア。

NAOTO KINE CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO -Music Exchange- (DVD)

アルバム「TM NETWORK THE SINGLES 1」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
ベスト盤というのは実に難しい。
これまでファンでなかった人、一時期ファンを離れていた人にとっては、代表曲が揃ったベスト盤は「切っ掛け」としていいツールになる。
ところがずっとファンだった人間にとっては、ベスト盤リリースは聞き込んだ音源の重複という事態となり、まゆをひそめる結果になる。

その両者を満足させるためのアルバムが、今回の「TM NETWORK THE SINGLES 1」だったと思う。

基本となる部分は、1984年のデビュー曲「金曜日のライオン」から1988年「Seven Days War」までのシングル全14曲と、鈴木あみのカバーでヒットした「Be Together」の15曲を、リマスタリングして収録。
これに「初回特典」として、初期のライブ音源など10曲を収録した「Disc 2」を封入している。

既にアルバムのリマスタリング版はリリースされているが、シングルバージョンのリマスタリングは初。やはりこの時期のトラックのリマスタリングは効果を発揮している。
そして「Disc 2」、既にCD化されたりDVD音源では聞くことの出来るトラックも含まれるが、発表されたものとは歌詞が全く異なる「永遠のパスポート」や、アルバムトラックとはアレンジが違う「Electric Propnet」のライブバージョンは、TM NETWORK 黎明期を伝える貴重なトラックのCD化であるといえる。

残念なのはライナーノーツでの、シングル曲へのコメント。3人の誰のコメントかが、FANKSとしては知りたい。

TM NETWORK THE SINGLES 1 (初回生産限定盤)

オフコース「Yes-No」等がエレクトロサウンドでカバー

情報源:ナタリー

noelle「LOVE ELECTRO」
2008.7.9発売
SME Records
商品番号:SECL-649
定価:2,520円(税込)

公式サイト


・収録曲 / サウンドプロデューサー(オリジナルアーティスト)
1. RADIO / the agniss(JUDY AND MARY)
2. スパイダー / the agniss(スピッツ)
3. 浪漫飛行 / RAM RIDER(米米CLUB)
4. やさしい気持ち / RAM RIDER(Chara)
5. Choo Choo TRAIN / 中塚武(ZOO)
6. ワンダーフォーゲル / the agniss(くるり)
7. RIDE ON TIME / the agniss(山下達郎)
8. ばらの花 / the agniss(くるり)
9. Yes-No / MOTOCOMPO [Dr.USUI](オフコース)
10. クラシック / MOTOCOMPO [Dr.USUI](JUDY AND MARY)
11. サマーヌード / Eshericks(真心ブラザーズ)
12. YUMEGIWA LAST BOY / Eshericks(SUPERCAR)

オフコース・ナンバーが収録されているのが不思議な選曲。

LOVE ELECTRO

小田和正ツアー「今日も どこかで」@広島

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、広島公演のオフショット写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

夏のナンバーが更に1曲レパートリーに増えたようです。

和希さんご提供の広島2日目セットリストは「続きを読む」参照。

小田和正
「自己ベスト・2」


続きを読む

小田和正@沖縄 ライブレポ

ブログネタ
小田和正 に参加中!
琉球新報(写真&ネタバレ有り)

こころ
ダイジョウブ

木根尚登 仲代奈緒の朗読ミュージカル「ムッちゃんの青い空」に参加

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイト仲代奈緒ブログより

「ムッちゃんの青い空」
会場:アイピット目白(JR目白駅より徒歩5分)
8月5日(火)開場18:30 開演19:00
8月6日(水)開場13:30 開演14:00
/ 開場18:30 開演19:00

チケット代金:4,800円(税込)
発売日:7/15(水)チケットぴあにて

1部 朗読ミュージカル「ムッちゃんの青い空」
演出:忠の仁
作曲:木根尚登
出演:仲代奈緒、林勇輔、二木てるみ

2部「SUMMER CONCERT 2008]
ゲスト:木根尚登
ピアノ:海老原真二

仲代奈緒「花よ/あなたが消せない」
木根尚登「道」

宇都宮隆、Sound Horizon 6th Story CD「Moira」にゲストボーカリストとして参加

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
宇都宮隆公式サイトSound Horizon 公式サイトより

Sound Horizon 6th Story CD 「Moira」
2008年9月3日(水)発売 
キングレコード

初回限定盤(※特殊パッケージ仕様)
品番:KICS-91363
定価:3,800円(税込)
 
通常盤
品番:KICS-1363
定価:3,000円(税込)

U_WAVE「ルナ」がきっかけだとか。
ウツの他にも岩崎良美さん等が参加。

Sound Horizon
6th Story CD「Moira」

バービーボーイズ みたび復活

情報源:hot express


2003年「LIVE EPIC 25」、今年「SMAP×SMAP」に続く復活劇第3弾。
2度あることは3度ある、とすると…?

・RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
8.15(金) 開場 11:00 / 開演 15:00
8.16(土) 開場 11:00 / 開演 13:00

・SOUND MARINA 2008
広島港出島野外特設会場
8.23(土) 開場 11:00 / 開演 13:00

今年は出費がキツイからなぁ…(涙)

蜂-BARBEE BOYS Complete Single Collection-

NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 7/5 上野

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根さんにとって人生初だという、上野での音楽活動。
そのライブハウスは100人入れば満席という狭さ、しかも過半が立見。
(その分、木根さんが近いというのも確か)

立見客が多いことから、木根さんもギターは立って演奏。
その分、木根さんはいつもより汗をかいてしまい、何度もサングラスを拭いていました。

木根さんのソロ活動は、まもなくアルバム製作開始といったところのようでした。
一方、TM NETWORK 25周年については、まだ構想が固まってないようです。

なおライブ後、CDとともに最新著作「LOST FOODS」のサイン会も開かれました。

セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事:
NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 5/4 吉祥寺

NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 番外篇 Vol.8 5/6 吉祥寺


木根尚登「LOST FOODS 僕らの食べものが危ない!」


続きを読む

小室哲哉ソロコンサート@尚美学園大学

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:グータラ日記。


8/3に、小室さんが特任教授をしている尚美学園大学のイベント「SHOBIワンダーランド」で、ピアノソロコンサートを開くそうです。

SHOBIワンダーランド詳細
演奏曲も一部書かれています。


TK INSTRUMENTAL WORKS SELECTION 1985-2003

中島みゆき・松田聖子 CMで共演

富士フイルム・プレスリリース

スキンケア化粧品「アスタリフト」シリーズのCMで、みゆきさんが「渚のバルコニー」を、聖子さんが「時代」を口ずさむシーンがあるそうです。

歌旅-中島みゆきコンサートツアー2007-
松田聖子「Love is all」

小田和正ツアー「今日も どこかで」@沖縄

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、沖縄公演のオフショット写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

写真は野外ステージでの小田さん。

…開演前に雨が降ったらしい(ぼそ)

レポはこちら→つうさんのごちそうちょう

夏のナンバーが1曲、今回のツアーのレパートリーに加わったようです。

小田和正
「自己ベスト・2」
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

「クリスマスの約束 2019」感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994



TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ