GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2008年08月

mF247 LAST MESSAGE ?

ヤフーオークションでサイトの譲渡先も決まった mF247
最後のメッセージが本日24時に発表されるそうです。

それにしても「Final Credit」に出てきた参加アーチストの多士済々なこと…

mF247.jp ~GOOD VIBE IF YOU WANT IT! <ROCK> VOL.2~
mF247.jp [FRIDAY UNDIES]
mF247.jp ~DROP YOUR MESSAGE <R&B/HIP HOP> VOL.1~
mF247.jp [YUIYUI okinawa vol.1]
Mf247.JP -GOOD VIBE YOU WANT IT! ROCK VOL.1-

中島みゆき「地上の星」@ SUNTORY BOSS CM

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
中島みゆき「地上の星」が、サントリー缶コーヒー「BOSS」のCMに使われています。

既にオンエア中。
BOSS 公式サイトでも見られます。

みなさんお察しの通り、まんまアレです。

中島みゆき
「地上の星/ヘッドライト・テールライト」

キーボード・マガジン 2008年10月号 AUTUMN

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
このブログの読者のほぼ全員注目!

キーボードマガジン オフィシャルサイトより

キーボード・マガジン 2008年10月号 AUTUMN
リットーミュージック
発売日:2008.9.10(予定)
販売価格:1,500円 (税込)

表紙・巻頭特集:小室哲哉
付録CDにオリジナル・デモ「城跡の風」収録

インタビュー:小田和正 他

キーボード・マガジン 2008年 2月号 [雑誌]

小田和正ツアー「今日も どこかで」@札幌・岡山

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、札幌・岡山公演関連の写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)

札幌2日目のゲストは松山千春。
そして季節を感じる歌が1曲、セットリストに追加。

nanaさん提供、札幌2日目のセットリストは「続きを読む」参照。

レポはこちら→つうさんのごちそうちょう(岡山

小田和正
「LOOKING BACK」
松山千春デビュー30周年記念コンサート2006「再生」

続きを読む

布施明、オフコース「さよなら」をカバー

情報源:ナタリー

布施明「Ballade」
発売日:2008.9.10
品番:UMCK-1266
定価:3,000円(税込)

収録曲(カッコ内は原曲アーティスト名)
1. 時の過ぎゆくままに(沢田研二)
2. ワインレッドの心(安全地帯/井上陽水)
3. 桜坂(福山雅治)
4. 瞳をとじて(平井堅)
5. I LOVE YOU(尾崎豊)
6. 空も飛べるはず(スピッツ)
7. 桜(コブクロ)
8. いっそ セレナ−デ(井上陽水)
9. SAY YES(CHAGE & ASKA)
10. 世界に一つだけの花(SMAP/槇原敬之)
11. いとしのエリー(サザンオールスターズ)
12. さよなら(オフコース)

ほとんどのアレンジが瀬尾一三さん担当という点は、ポイント高いかも。

ほんじつのおかいもの

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
カドカワムック 別冊カドカワ 総力特集 ap bank fes '08 (カドカワムック 280)


発売日に買い忘れ、翌日本屋に行ったら売り切れで、取り寄せで本日ようやく購入。

小林さん、桜井さんはもちろんのこと、小田さんをはじめとする全出演者のインタビューが充実です。

ap bank fes '08 2日目参加

CHAGE ・ ASKA ソロ新譜情報

ブログネタ
CHAGE&ASKA に参加中!
CHAGE and ASKA 公式サイトより

CHAGE
New Single「waltz」

(c/w「BOYS LIFE」)
2008.9.10リリース


ASKA New Single「UNI-VERSE」
2008.10.1リリース
品番:UMCK-5220
定価:1,100円 (税込)

収録曲
1. UNI-VERSE
2. 草原にソファを置いて
3. 月が近づけば少しはましだろう
4. PLEASE


CHAGE New Album「アイシテル」
2008.10.8リリース
初回限定盤(『waltz』ミュージックビデオ等収録のDVD付)
品番:UMCK-9244
定価:3,500円(税込)
通常盤
品番:UMCK-1274
定価:3,000円(税込)

収録曲
1.アイシテル
2.waltz
3.マシュマロ
4.Love
5.夜のイキモノ
6.BOYS LIFE
7.RAINY BLUES
8.クールで行こう!
9.SOME DAY
10.永遠の謎

mF247 ヤフーオークションに出品

情報源:mF247 MISSION COMPLETE !

出品期間:8.25.12:00〜8.27.18:00

…マジっすか?

キャッチコピー通りセカンドステージは第三者が作るのか、オークション代をセカンドステージの原資にするのか…
謎が多いなぁ。

DJ TK
Cream Of J-POP 〜ウタイツグウタ〜

小田和正と北海道

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1991年、小田和正は映画「いつか どこかで」を撮影するが、その主要ロケ地のひとつが北海道・豊頃町であった。
オフコース「緑の日々」のプロモーションビデオでも使われた湧洞湖の近くにセットを組み立てるなど、ロケは大がかりなもので、映画のエンディングはここで撮影された。
そして映画撮影中の風景は、第一生命のCM「いつか どこかで」編(BGM:いつか どこかで)に用いられている。

その後、1993年にファンハウス札幌スタジオ(現・芸森スタジオ)が完成すると、小田は度々ここでレコーディング作業を行うようになる。
中にはこのスタジオで作られた曲もある。小田は「また、春が来る」(アルバム「個人主義」収録)を、このスタジオから見えた雪景色をヒントにしたという。

また「woh woh」(アルバム「個人主義」「自己ベスト」収録)のビデオクリップは、このスタジオ近く(千歳市)の雪景色の中で撮影された。
2005年に小田自身が久しぶりに出演したトヨタ・アリオンのCMが、札幌で撮影している(CM曲は「Re」、アルバム「そうかな」収録)。

小田和正
「sometime somewhere」
小田和正
「個人主義」

オフコースと北海道

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1974年1月10日、オフコースは札幌・道新ホールでコンサートを開いた。
キャパ約800人に対し、観客は13人であった。
この事はオフコースのエピソードの一つとして語られるようになる。

そしてオフコースが日本武道館公演を開いた直後の1980年11月27日、その札幌道新ホールにて「オフコースの小さな部屋」が開催される。
かつてのエピソードを払拭するために開かれたもので、はがき応募による招待制がとられた。その応募に葉書が殺到した。
ちなみに「オフコースの小さな部屋」とは、1975年から1978年まで開かれていたオフコースの実験的なライブのタイトルである。

セットリストは当時の最新アルバム「We are」を中心としつつ、洋楽のカバーやオフコース初期の曲も織り込まれた。

その後、オフコースは活動休止を経て、1984年に活動再開する。
この頃からオフコースはビデオクリップの製作に取り組んでおり、そのうち「緑の日々」は北海道・豊頃町でもロケが行われた。

そして1988年の楽曲「君住む街へ」のプロモーションビデオでは、冬の小樽周辺の雄大な風景や、札幌・藻岩高校の生徒達の学園生活が収録されている。
このプロモーションビデオが、オフコース最後の映像作品となった。

1980年11月27日「オフコースの小さな部屋」札幌道新ホール
1. 愛を止めないで
2. 眠れぬ夜
3. おまえもひとり
4. 心は気紛れ
5. 愛の唄
6. Today
7. A Soalin'
8. 僕の贈りもの
9. でももう花はいらない
10. Day By Day
11. 秋の気配
12. 風に吹かれて
13. Yes-No
14. 一億の夜を越えて
15. のがすなチャンスを
16. 私の願い
17. きかせて

Encore
18. 僕等の時代
19. 時に愛は

Off Course 1969-1989 〜Digital dictionary 1969-1989〜
(「緑の日々」「君住む街へ」ビデオクリップ収録)

佐藤竹善「木蘭の涙 with コブクロ」、コンピレーションアルバム「キミとのうた〜コラボレーション〜」に収録

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
情報源:ナタリー

「キミとのうた〜コラボレーション〜」
発売日:2008.9.10
定価:2,300円(税込)
品番JUPCH-1621

収録曲
1. ここにいるよ feat. 青山テルマ / SoulJa
2. そばにいるね / 青山テルマ feat. SoulJa
3. KISSして / KOH+
4. WON’T BE LONG / EXILE & 倖田來未
5. くればいいのに feat. 草野マサムネ from SPITZ [Single Edit] / KREVA
6. BATTLE FUNKASTIC / HOTEI vs RIP SLYME
7. let go / m-flo × YOSHIKA
8. better days feat. 加藤ミリヤ, 田中ロウマ / 童子-T
9. この歌を……♪ / K × ET-KING
10. スキナツ / SOFFet with mihimaru GT
11. 泣き夏 / mihimaru GT with SOFFet
12. 木蘭の涙 with コブクロ / 佐藤竹善
13. 宇宙ハワイ feat. ハナレグミ / アルファ
14. 幸せであるように / MCU feat. 浜崎貴司
15. Sunshine feat. bird / FreeTEMPO

…他の曲との間に妙な違和感が(ぼそ)
あと、ユニバーサル(竹善所属)なら、PLUS ONE「カオをあげて」も収録できたと思う(ぼそぼそ)

キミとのうた〜コラボレーション〜

渡辺美里ライブ情報

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
情報源:渡辺美里 BLOG★トリビア

朝のヒットスタジオ コンサート
2008年10月17 日(金) 開場18:00 開演19:00
東京国際フォーラム・ホールA
料金: 全席指定 8,500円(税込)

出演(五十音順):DEEN ・ 中西保志 ・ 中村あゆみ ・ 山根康広 ・ 渡辺美里 他
MC:小倉智昭(とくダネ!キャスター)・笠井信輔・佐々木恭子・長谷川豊(フジテレビアナウンサー)

問い合わせ:キョードー東京

日本生命オリジナルライブ
2008年11月5日(水) 大阪城ホール
2008年11月7日(金) 横浜アリーナ

日本生命創業120年記念「ずっと支える。もっと役立つ。」キャンペーンで、両会場あわせて2000組(4000名様)オリジナルライブペアご招待

日曜のイベント、体調不良で参加を断念したから、どちらかは参加したいなぁ…
特に後者。一般発売ありそうな気もするし…

渡辺美里「Dear My Songs」

小田和正ツアー「今日も どこかで」@山梨

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、山梨公演関連の写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)
J-WAVE ゲスト出演は省略されたようです。

ちょっと心配になる書き込みも。
あと、ある意味で意外な曲がエンディングに。

レポはこちら→Small happiness

小田和正
「自己ベスト」

「20th J-WAVE LIVE 2000+8」に小田和正ゲスト出演

ブログネタ
小田和正 に参加中!
情報源:Small happiness

8/17(最終日)、くるりのコーナーの最後に小田さんが登場、「ばらの花」を歌ったそうです。

公式サイトセットリスト(写真付)
当日のライブレポは NUMACCHIブログ 参照

このイベントに小田さんが前回出演した時も、平井堅のコーナーでのシークレットゲストでした。

くるり
「さよならリグレット」
(「ばらの花 feat.小田和正 from京都音楽博覧会2007」収録)

YMCK カバーアルバム 「YMCK SONGBOOK -songs before 8bit-」 にオフコース「言葉にできない」収録

情報源:ナタリー

YMCK「YMCK SONGBOOK -songs before 8bit-」
2008.9.24発売
定価:2,100円(税込)
品番:AVCD-23645

<収録曲(カッコ内はオリジナルアーティスト)>
・夢の中へ(井上陽水)
・傘がない(井上陽水)
・人間なんて(吉田拓郎)
・人生を語らず(吉田拓郎)
・ぼくたちの失敗(森田童子)
・春夏秋冬(泉谷しげる)
・満足できるかな(遠藤賢司)
・言葉にできない(オフコース)
・まるで正直者のように(友部正人)
※曲順未定

8bit サウンドでフォーク・ニューミュージックですか…
どうせなら、80年代ニューミュージックでやって欲しかったですね。

てか、8bit サウンドの「言葉にできない」ってどうなるんだ?

YMCK SONGBOOK-songs before 8bit-

佐藤竹善・藤田千章(Sing Like Talking)、共作で みつき に楽曲提供

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
情報源:ナタリー

みつき アルバム「COLOR」
2008.9.3発売
定価:3,150円(税込)
品番:WPCL-10601

<収録曲>
1. ひとつだけ
作詞・作曲:馬場俊英/編曲・プロデュース:小渕健太郎
2. 夏のモンタージュ
作詞・作曲:竹内まりや/編曲:増田武史
3. 101の涙
作詞:竹内めぐみ/作曲:松本俊明/編曲:島本道太郎
4. i don't know me,
作詞・作曲:矢井田瞳/編曲:村田昭
5. 瞳ひらいて
作詞・作曲:川嶋あい/編曲:羽毛田丈史/プロデュース:川嶋あい
6. Vitality
作詞:藤田千章/作曲:佐藤竹善/編曲:鈴木Daichi秀行
7. キズナ
作詞:みつき/作曲:堂島孝平/編曲:市川淳
8. 秋の気配
作詞・作曲:河口恭吾/編曲:武藤良明
9. ユメノシルシ〜君のいる場所へ〜
作詞:Kenn Kato/作曲:川口大輔/編曲:櫻井大介
10. 大切なもの
作詞・作曲・編曲・プロデュース:小渕健太郎

竹善&千章コンビ以外も、贅沢な作家陣ですね。

みつき
「COLOR」

Barbee Boys @ RISING SUN ROCK FESTIVAL

ブログネタ
復活バンザイ!再結成バンド!蘇れ! に参加中!
記事:スポーツ報知
生の声は RISING SUN ROCK FESTIVAL 公式サイト BBS参照(セットリストあり)。

「目を閉じておいでよ」歌ったのか…
行きたかったな。

Barbee Boys
「Barbee Boys」

U_WAVE LIVE 2008 & 宇都宮隆ライブゲスト出演情報

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
宇都宮隆公式サイトより

U_WAVE LIVE 2008
会場:全公演 SHIBUYA AX(東京)
日程:
11月5日(水) 開場18:30 開演19:30
11月6日(木) 開場18:00 開演19:00
11月8日(土) 開場17:00 開演18:00
11月9日(日) 開場16:00 開演17:00

チケット代金:指定6,800円(税込)、立見6,500円(税込)
一般発売:10月4日(土)
問い合わせ:ディスクガレージ


Sound Horizon 6th Story Concert 『Moira』
〜其れでも、お征きなさい仔等よ〜

会場:東京・JCB HALL(東京ドームシティ内)
日程:2008年9月11日(木)・13日(土)・14日(日)・15日(祝)・17日(水)・18日(木)

チケット代金:6,300円(税込)
チケット発売中(ローソンチケット、チケットぴあ、e+、CNプレイガイド、キョードー東京)
問合せ先:キョードー東京

※全公演、宇都宮隆参加


U_WAVE
「In This World」

小田和正ツアー「今日も どこかで」@栃木&横浜

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトに、栃木&横浜公演関連の写真が掲載されてます。
(Staff Diary 参照)
情熱大陸は省略されたようです。

関連記事:
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目 (2008.8.12)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ最終日 (2008.8.13)

小田和正
「自己ベスト・2」

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ最終日

ブログネタ
小田和正 に参加中!
今ツアー、地元横浜でのラスト公演のせいか、小田さんも気合いの入ったコメントからスタート。
気合いが空回りしたのか、2曲ほど歌い直しがありましたが。

トークでは「ツアー中に曲を2〜3曲書こうと思うんだけど、結局書けない」なんてぼやきも。

アコースティックコーナーでは、この季節に合わせた曲が今ツアー初披露されました。
(代わりに夏の曲が1曲削られました)

御当地紀行は、横浜駅西口→地下街ポルタ(小田薬局ことファーマシー・オダへ)→野毛山動物園(初デートの場所だったとのこと)→ホテルニューグランド(ドライカレー・クロムムッシュを食する)→本牧山頂公園→江ノ島(「サザンの本拠地に乗り込んできました」とコメント。展望台では「私は高所狂喜症です」と発言)→江ノ電鎌倉高校前駅近く(「夏の日」「キラキラ」のPVが一部流れる)→八景島シーパラダイス(夜・花火大会)という行程。

客席乱入も規模を縮小して、今回も実施。

そして本編最後には、小田さんはこんな事をおっしゃいました。
「さっきも発表しましたが、また会いましょう!と簡単に言える年ではなくなりました。見渡すと、僕と同じか、それ以上の人もいますが…。ツアーが始まった頃は、そんな約束は出来ない気持ちでしたが、でもツアー回ってくうちに、みんなの喜ぶ顔を見ていたら、いい曲いっぱい書いて、一生懸命、みんなに喜んでもらえるような曲を書いて、健康にも気をつけて、そうやって頑張っていれば、きっとまた、みんなに会える日が来るんじゃないかと、思えるようになってきました」
「またいつの日か会いましょう」

オーラス(セカンドアンコール)は地元らしい曲で終えました。

セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @テアトロン(香川県さぬき市)(2008.7.26)
<ゲスト:スターダストレビュー>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目(2008.8.12)

ツアー特設サイト

オフコース
「FAIRWAY」
小田和正
「MY HOME TOWN」


続きを読む

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目

ブログネタ
小田和正 に参加中!
久しぶりに小田さんの「朝までやるぞ!」が聞けたのは、地元・横浜のライブのせいでしょうか?
それとも、ライブ後半での客席乱入がまあまあうまくいったせいでしょうか?
(ただ客席乱入は、後半2曲目からはじめた方が、個人的にはうまくいくと思うのですが…)

久々に歌ったオフコース初期の曲は、当時の小田さんの「音楽を続けるかどうか」の葛藤を描いたものだったとか。
あと「『僕の贈りもの』(オフコース・ファーストアルバム)がフォークで、その次(この道をゆけば)がマニアックで、3枚目の『ワインの匂い』がその真ん中の、今で言う J-POP のはしりじゃないかな?」なんてコメントも出てました。

御当地紀行は、横浜スタジアム(スタジアムライブの映像)→伊勢佐木町→マリンタワー(改装中)→元町(喜久屋)→横浜港シンボルタワー→三渓園→城ヶ島。

最後は、横浜らしいあの曲で締めくくりました。

セットリストは「続きを読む」参照。

なおツアーグッズのオルゴールですが、「ダイジョウブ」「こころ」に次ぐ第三弾として「今日も どこかで」が登場しました。

関連記事
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 初日@静岡エコパアリーナ(2008.4.5)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @静岡エコパアリーナ2日目(2008.4.6)
<セットリストに楽曲の収録アルバム記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目(2008.5.21)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ2日目(2008.5.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館1日目(2008.6.18)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @国立代々木第一体育館2日目(2008.6.19)
<セットリストに楽曲の感想記載>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @京都会館1日目(2008.7.22)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @テアトロン(香川県さぬき市)(2008.7.26)
<ゲスト:スターダストレビュー>

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @栃木県総合文化センター・メインホール (2008.8.8)

ツアー特設サイト

オフコース
「僕の贈りもの」
小田和正
「自己ベスト」


続きを読む

Stardust Revue 「夢伝説」完全新録でリリース

ブログネタ
スターダスト・レビュー に参加中!
Stardust Revue オフィシャルサイトより

Stardust Revue シングル「夢伝説」
2008.8.27発売
品番:TECI-152
定価:1,000円(税込)


収録曲
1. 夢伝説 
(キリンチューハイ 氷結ZERO TVCMソング)
2. めぐり逢えてよかった
3. 夕暮れのスケッチ
4. 夢伝説(Instrumental)
※全曲新規録音ヴァージョン

最近CMでよく流れていますが、新録バージョンだったんですね。
個人的には、この曲結構好きです。

Stardust Revue 「夢伝説」

渡辺美里「美里祭り 東京ブギウギキッス」ネット記事

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
日刊スポーツサンスポスポニチスポーツ報知
(いずれも写真入り)

セットリストは渡辺美里 BLOG★トリビア参照。

来年、今回と同じバッティングがあったら、多分こっちに行きますわ。
…トリプルバッティングの可能性も否定できないけど。
(昨日も実質トリプルバッティングだったし)

渡辺美里「Dear My Songs」

情熱大陸ライブ・ネット記事

ブログネタ
小田和正 に参加中!
デイリースポーツ
タイトルが何だかなぁ…
あと、他の出演者にも触れてあげてよ。

スポーツ報知は写真が無いですが、タイトルや他の出演者に触れている点がいいと思う。

それにしても記事少ないなぁ…

関連記事:情熱大陸 SPECIAL LIVE ・ SUMMER TIME BONANZA '08
(小田さん部分のみレポ)

小田和正
「自己ベスト」
小田和正
「自己ベスト・2」

TM NETWORK BEST OF BEST & SUPER BEST

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK BEST OF BEST
1. Get Wild
2. Love Train
3. BE TOGETHER
4. DIVE INTO TOUR BODY
5. 1974 (16光年の訪問者)
6. KISS YOU
7. BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜
8. COME ON EVERYBODY
9. 金曜日のライオン
10. JUST ONE VICTORY (Remix Version)
11. Self Control
12. SEVEN DAYS WAR


Sony Music Shop では「TM NETWORK SUPER BEST」なるものも販売中。
1. Get Wild
2. LOVE TRAIN
3. BE TOGETHER
4. DIVE INTO YOUR BODY
5. 1974 (16光年の訪問者)
6. KISS YOU
7. Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX)
8. BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
9. COME ON EVERYBODY
10. RESISTANCE
11. 金曜日のライオン
12. JUST ONE VICTORY(Remix Version)
13. All-Right All-Night (No Tears No Blood)
14. WILD HEAVEN
15. SELF CONTROL
16. SEVEN DAYS WAR

なんじゃこりゃぁ!

「TM NETWORK THE SINGLES 1」とどう差別化するつもりなのか。
その上、2枚を同時リリース。
SMEの考えていることはさっぱりわからない。
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ