GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2010年02月

「東京文化会館 ポピュラーウィーク2010 Produced by 大友直人」 Smiles & Tears (武部聡志、加藤いづみ、小倉博和)

6年半ぶりに開かれた武部聡志・加藤いづみ・小倉博和によるアコースティックユニット「Smiles & Tears」のライブ。
かつてと同様、J-POPの名曲達をゲストと共に披露するスタイルでした。

レギュラー参加でもあるパーカッション・三沢またろうに、ゲストは松本英子・川江美奈子・一青窈。
最後に8名で披露した「ハナミズキ」は圧巻でした。

・セットリスト
(特筆がない場合は Vo. 加藤いづみ)
Smiles & Tears のテーマ
僕等の音楽(武部聡志)
つばめ(小倉博和)
桜を待つ丘で(加藤いづみ)
花(喜納昌吉/Vo. 加藤・松本)
けやき通りと空の色(松本英子/Vo. 加藤・松本)
Squll (松本英子/Vo. 松本・川江)
桜色舞うころ(川江美奈子/Vo. 加藤・川江・松本)
I LOVE YOU (川江美奈子による弾き語り)
受け入れて(一青窈/Vo. 一青・川江)
好きになって、よかった(加藤いづみ/Vo. 加藤・一青)
花のあと(一青窈ソロ)
つないで手(一青窈ソロ)
Progress (kokua)
どんなときも(槇原敬之)

・Encore
ハナミズキ(全員)
茜空

--------------------

関連記事:
鶴岡八幡宮 奉納ライブコンサート 鎌倉音楽祭 鶴舞2009
(武部聡志プロデュース)

加藤いづみサマーライブ 風鈴

東京文化会館 ポピュラーウィーク 2009 Produced by 大友直人 原田真二 × 木根尚登

ProgressProgress
kokua(武部聡志・小倉博和参加)

favoritefavorite
加藤いづみ
(「どんなときも」収録)

君の音君の音
松本英子
(武部聡志・加藤いづみ参加)

lettersletters
川江美奈子

冬めく / 花のあと (初回生産限定盤)冬めく / 花のあと (初回生産限定盤)
一青窈
(武部聡志参加)

鈴木雅之ニューシングルは佐藤竹善作品「キミの街にゆくよ」

情報源:ナタリー

鈴木雅之シングル「キミの街にゆくよ」
・青森放送「東北新幹線キャンペーン・イメージソング」

c/w「SPIRIT OF LOVE」
 「キミの街にゆくよ(Backing Track)」

発売日:2010/03/24(水)
品番:ESCL-3411
価格:1,223円(税込)


鈴木雅之公式サイト

--------------------

佐藤竹善の新作に、Sing Like Taliking 「SPIRIT OF LOVE」カバー。
面白い組み合わせです。

久々に小田和正さんや山下達郎さんの楽曲提供新曲も聞きたいところ。

キミの街にゆくよキミの街にゆくよ
アーティスト:鈴木雅之
発売日:2010-03-24

小室哲哉ライブ・スライドショウ

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
情報源:- PRESENCE -グータラ日記。

小室哲哉ソロライブを主催したアプローズ・ケイ公式サイトにて、小室哲哉熊本公演のスライドショウと、小室さんの新曲?「In The Air Tonight」が流れています。


THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

naoto kine + eri kamiya talk like singing

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
木根尚登公式サイトより

naoto kine + eri kamiya talk like singing

2010/3/20(土)横浜・KAMOME
開場 18:00 ・開演 19:00(90分1ステージ)

出演:木根尚登(Vo・G)・神谷えり(Vo)・柴田敏弥(P)
チケット代:5,000円
(KAMOMEにて販売)


中央線
アーティスト:木根尚登
発売日:2010-04-07

緑の日々

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1984.6
オフコース アルバム「The Best Year of My Life」に収録。

1984.9
シングルカット。ビデオクリップ制作。

1984.12
「Movie The Best Year of My Life」にビデオクリップ収録。

1985.4-10
「The Best Year of My Life OFF COURSE CONCERT TOUR 1985」で演奏。

1987.4-9
「OFF COURSE CONCERT TOUR 1987 as close as possible」で演奏。

1987.7
ベストアルバム「IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987」に収録。

1989.2
ベストアルバム「君住む街へ 1984-1988」に収録。
オフコース解散コンサート「OFF COURSE The Night with Us」東京ドームライブで1曲目に演奏。

1993.3
小田和正がセルフカバーし、シングルとしてリリース。

1996.2
小田和正セルフカバーアルバム「LOOKING BACK」に収録。

1996.7
小田和正 日清パワーステーションライブ「LOOKING BACK」で、本編1曲目にセルフカバーバージョンで演奏。
以降はセルフカバーバージョンのアレンジで演奏される。

1997.9-1998.2
「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」一部公演でアンコールとして演奏。

2002.4
小田和正ベストアルバム「自己ベスト」に収録。

2002.5
「K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』」ツアー初期に演奏。

2008.11-12
「KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」で演奏。

--------------------

「緑の日々」は小田和正の活動の節目に登場する。


オフコースが活動を再開した1984年に発表された「緑の日々」
恋の再生をイメージさせる歌詞は、活動休止を経たオフコースの再生をどこか思い起こさせる。
この曲のビデオクリップは、再生をテーマにしたドラマ仕立てのものだった。

その曲が、オフコース最後のライブでオープニングを飾った。


時は過ぎ、小田和正はオフコースの楽曲のセルフカバーに着手する。
「過去はやり直せないが、音楽はやり直せる」
その最初の曲が「緑の日々」だった。

セルフカバー集大成のアルバム「LOOKING BACK」にも収録。
そのアルバムタイトルを冠したライブでは、1曲目に演奏された。
後に、オフコース・ソロの楽曲を網羅したベストアルバム「自己ベスト」にもセレクションされている。

オフコース解散ライブから20年目、小田和正のドーム公演「KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」でこの曲は演奏されている。


コーラス・ハーモニーが美しく、そして力強い、珠玉のバラードだと言える。

--------------------

関連記事
オフコース・小田和正「緑の日々」(楽曲紹介)

オフコース「The Best Year of My Life」(アルバム紹介)

オフコースDVD「OFF COURSE Movie The Best Year Of My Life」(DVD紹介)

オフコース「IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987」(アルバム紹介)

オフコースDVD「OFF COURSE CONCERT TOUR 1987 as close as possible」(DVD紹介)

オフコース「君住む街へ 1984-1988」(アルバム紹介)

オフコース 1989.2.26「the night with us」東京ドーム

小田和正 「LOOKING BACK」(アルバム紹介)

小田和正 LOOKING BACK (1996.7.29 日清パワーステーション)

THRU THE WINDOW K.ODA TOUR 1997-1998

小田和正 「自己ベスト」 (アルバム紹介)

K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」(記事集)


The Best Year of My LifeThe Best Year of My Life
オフコース

Movie The Best Year Of My Life [DVD]Movie The Best Year Of My Life [DVD]
オフコース

SELECTION III 1984-1987SELECTION III 1984-1987
オフコース

OFF COURSE CONCERT TOUR 1987 as close as possible [DVD]OFF COURSE CONCERT TOUR 1987 as close as possible [DVD]

君住む街へ 1984〜1988君住む街へ 1984〜1988
オフコース

LOOKING BACKLOOKING BACK
小田和正

自己ベスト自己ベスト
小田和正

小室哲哉コンサートライブレポ

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
Makikoさんのブログ「うさこといっしょっ!」、Ryouko さんのブログ「咲花林」に、先日の小室哲哉ピアノコンサートのライブレポが掲載されています。

うさこといっしょっ!:小室哲哉コンサート(2010)♪
咲花林:小室哲哉コンサート@崇城大学市民ホール

FANKS 感涙ものの選曲もあったようです。
行きたかった…

Tetsuya Komuro Presents TMN BLACKTetsuya Komuro Presents TMN BLACK

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-
TM NETWORK

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイト「STAFF diary」が更新されてます。
「Life-Size」制作も順調なようです。

前の日記に小田さんの写真が追加されてますね。


さよならは 言わないさよならは 言わない
小田和正

ASKA 「同じ時代を」

ブログネタ
CHAGE and ASKA に参加中!
ASKA ソロアルバム「KICKS」収録曲。
流れて行く時を意識しながら、同時代を生きる恋人・仲間達に呼びかける歌詞は、ASKA が楽曲に込めてきた思いを色濃く表したものとなった。
ソロツアー「KICKS」で初披露された時、この曲をバックに流れた映像は、CHAGE and ASKA の二人が歩く姿だった。

その後、ベストアルバム「ASKA the BEST」にも収録、ソロライブでもセットリストに組み込まれる事の多いナンバーとなった。

また ap bank fes '06 に出演した ASKA は「ちょっと照れるんだけど、本気で伝えたいことがあるんで、聴いてください」と言ってから、小林武史率いる Bank Band を従えてこの曲を歌った。
そのパフォーマンスは、DVD「ap bank fes '06」に収録された。

--------------------

関連記事:
ASKA「SCENE」(「ASKA CONCERT TOUR 05>>06 My Game is ASKA」ライブレポあり)

ap bank fes '06 2日目参加

kickskicks
ASKA
ASKA the BESTASKA the BEST
ASKA

中島みゆき「糸」 関西電力のCMに起用

ブログネタ
中島みゆき に参加中!
情報源:スカイブルーのみゅーじっくらいふ♪

中島みゆき公式サイトより

関西電力株式会社 企業イメージCM「続く物語」篇
CM曲: 中島みゆき「糸」
オンエア期間:2010年2月20日〜2011年3月31日

オンエア地区:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、富山県

かんでんCMライブラリー
(オンエア地域以外の方でもごらんになれます)

--------------------

名曲は幾度も起用される例ですね。

EAST ASIAEAST ASIA
中島みゆき

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3〜ヤツらを解放せよ!〜」記者会見

ブログネタ
踊る大捜査線3 に参加中!
オリコン:『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』製作報告会見 サブタイトルは「ヤツらを解放せよ!」

この並びに和久さん(いかりや長介さん)がいないのは本当に寂しいけど、和久さんの甥・伊藤淳史に期待。
小栗旬にもカルトな演技を期待しています。

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]

「ON A NIGHT LIKE THIS for HAITI」インターネットライブ中継決定

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
情報源:でんちゅ〜Blog♪

ON A NIGHT LIKE THIS for HAITI 特設サイトでの、ストリーミング配信(Windows のみ)による課金型の生中継。

ライブは明日23日19時30分からスタート。

to Uto U
Bank Band with Salyu

小室哲哉ネットニュース

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
情報源:- PRESENCE -

ガジェット通信・ニコニコ大会議全国ツアーin東京 長かった生うたオーディションついにファイナル(後編)

ダイジェストの動画にも小室さん登場です。

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

ASKA インタビュー@産経新聞

ブログネタ
CHAGE and ASKA に参加中!
産経新聞・今の時代の声で…ASKA、ソロアルバム「12」リリース

ASKA さんは前向きですね。


1212
ASKA

TM NETWORK Tribute “CLUB COLOSSEUM”

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
情報源:ぶろぐ@およよの部屋
HMVamazonより

TM NETWORK Tribute “CLUB COLOSSEUM”

発売日:2010年4月21日
CD レーベル: Asian Dynasty Records
通常価格: 2,000円(税込)

・収録曲
1. Self Control
2. 金曜日のライオン
3. Girl
4. Just Like Paradise
5. Children of New Century
6. Ignition, Sequence, Start
7. We Love The Earth
8. Dive into your Body
9. Human System
10. Timemachine

--------------------

「I LOVE TM NETWORK」「WE LOVE TM NETWORK」に続く、Asian Dynasty Records TM NETWORK Tribute 第3弾のようです。
更に FANKS をうならせる絶妙な選曲、再始動後の曲もセレクションされたようです。
正式発表を待ちたいと思います。

TM NETWORK Tribute “CLUB COLOSSEUM”
発売日:2010-04-21

WE LOVE TM NETWORKWE LOVE TM NETWORK
販売元:Asian Dynasty Records
1. Bang The Gong
2. Love Train
3. 1974
4. Get Wild '09
5. Here, There & Everywhere
6. Time To Count Down
7. Wild Heaven
8. Human System
9. パノラマジック
10. Still Love Her

I LOVE TM NETWORKI LOVE TM NETWORK
KEI KOHARA + LIFE
販売元:Asian Dynasty Records
1. Be Together
2. Get Wild
3. Don’t Let Me Cry
4. Telephone Line
5. Come On Let’s Dance
6. Kiss You
7. Self Control
8. We love the EARTH

小室哲哉ネットニュース

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
オリコン:小室哲哉が『ニコ動』イベント審査員、有罪判決後初ソロステージ振り返り「まだ興奮してる」

復帰ライブに続いて小室さんがネットニュースに登場。

私は見られなかったので、こういった記事はありがたいです。

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

ASKA インタビュー@読売新聞

情報源:まんぼのつぶやき日記blog
読売新聞:ASKA セルフカバー

核心をついたインタビュー。

関連記事:
ASKA アルバム「12」 (NHK 「SONGS」 ASKA特集)

1212
ASKA

小室哲哉ソロライブ速報

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
情報源:Laughter brings good luck
47NEWS・小室哲哉さんが単独ライブ「再出発の日、見守って」
朝日新聞・「来てくれて感謝」小室さん、復帰後初のソロコンサート

「My Revolution」等のヒット曲を演奏したそうです。

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイト「STAFF diary」が更新されてます。

小田さんは写っていません。


さよならは 言わないさよならは 言わない
小田和正

小田和正公式サイトでアンケートスタート

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトをご覧ください。

私は回答に十数分かかりました。
Far East Cafe ・ Far East Cafe Press ・公式サイト・携帯サイトへのリクエストがある方は、是非参加してください。

追記:みゆさんのブログ(晴れ渡った こんな日は)によると、Far East Cafe でも手書き方式のアンケートが行われているそうです。

ちなみにシングル「キラキラ」発売直後、好きな楽曲のアンケートが行われました。
その後にリリースされたのが「自己ベスト」です。

Far East CafeFar East Cafe
小田和正

「東京文化会館 ポピュラーウィーク2010 Produced by 大友直人」 Smiles & Tears (武部聡志、加藤いづみ、小倉博和)ゲスト出演者発表

加藤いづみオフィシャルブログより

東京文化会館 ポピュラーウィーク2010
Produced by 大友直人

2月28日(日) 東京文化会館(上野公園)小ホール
開場 16:30・開演 17:00

出演:Smiles & Tears (武部聡志、加藤いづみ、小倉博和)
ゲストミュージシャン:MATARO
スペシャルゲスト:川江美奈子・一青窈・松本英子

--------------------

武部組のラインナップですね。

LIVE DVD 一青窈 「思草歌」(しぐさうた) 大友直人 produce POPULAR WEEK 一青窈×武部聡志 2008.3.3 東京文化会館 小ホールLIVE DVD 一青窈 「思草歌」(しぐさうた) 大友直人 produce POPULAR WEEK 一青窈×武部聡志 2008.3.3 東京文化会館 小ホール

favoritefavorite
加藤いづみ

Island madeIsland made
山弦(小倉博和・佐橋佳幸)

アーチストの心象風景

バンド・ユニットを解散あるいは活動休止する時、アーチストは時として楽曲の中で自分の心象風景をあらわにする。

1982年、オフコースは解散へと進む。(実際には鈴木康博脱退&活動休止となるが…)
その中で、小田和正は作品の中に自分の心境をあらわにしていく。
「言葉にできない」もその1曲であるが、ラブソングに仮託したものであった。

小田和正の心象風景が、鮮明に描き出された作品が「NEXT のテーマ〜僕等がいた〜」である。
この曲を小田和正がライブで歌ったのは、1988〜1989年のオフコースのラストツアー「STILL a long way to go」でのことであった。

2009年、CHAGE and ASKA 活動休止宣言後、ASKA が最初にリリースしたシングルのカップリングとなった「L&R」
そこには活動休止に至るまでの ASKA の心境がつづられていた。

2曲に描かれた風景に共通するもの。
それは「僕等のことは、僕等にしか語れない」という心。
ファンを含めた外野は、それを受け止めるしかない。

NEXT SOUND TRACKNEXT SOUND TRACK
オフコース
(「NEXT のテーマ〜僕等がいた〜」収録)

あなたが泣くことはないあなたが泣くことはない
ASKA
(「L&R」収録)

渡辺美里「Song is Beautiful」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里は、J-POP史上特筆すべき存在だろう。
彼女はいわゆるガールポップの先駆け的存在であり、彼女のヒット曲達と連動して小室哲哉・大江千里・岡村靖幸などの楽曲提供者達が世に出て行った。
その後も小林武史・伊秩弘将といったプロデューサー達と組んでいった。
2000年代に入っても、コブクロ(小淵健太郎)から楽曲提供を受けている。
一方でスタンダードナンバーやアニメソングのカバーという事にも取り組んできた。

そんな彼女のシングルコンプリートベスト。
25年という時を彼女と共に駆け抜けて来た名曲達に触れる良い機会だと思う。

Song is BeautifulSong is Beautiful (初回生産限定盤)
渡辺美里

SURFACE 解散

情報源:ナタリー
SURFACE 公式サイト

TM NETWORK's Children であり、小田和正が初回「クリスマスの約束」での「この日のこと」レコーディングに招聘した SURFACE の解散は、一抹の寂しさがあります。

関連記事:
History of 「クリスマスの約束」 〜きっと君は来ない〜 2001

Invitation No.6Invitation No.6
surface

ASKA アルバム「12」 CHAGE and ASKA 公式サイトにて全曲試聴開始

ブログネタ
CHAGE and ASKA に参加中!
情報源:まんぼのつぶやき日記blog

CHAGE and ASKA 公式サイト
曲名をクリックすると一部視聴できます。

関連記事:
ASKA アルバム「12」 (NHK 「SONGS」 ASKA特集)

1212
ASKA

Augusta Camp 2010 開催

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
オフィスオーガスタ公式サイトより

Augusta Camp 2010
2010年8月14日(土)・15日(日)
東京・夢の島公園陸上競技場
開場 12:00 / 開演 14:00

出演者:さかいゆう / 秦基博 / 長澤知之 / スキマスイッチ / 元ちとせ / スガシカオ / 山崎まさよし / 杏子 / 岡本定義(COIL)

チケット代:前売6,800円(レジャーシート付)
一般発売日:2010年6月26日(土)

もう夏フェススケジュール発表かぁ…

月ノうた月ノうた
冬ノうた冬ノうた
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ