GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

2014年02月

OFF COURSE History 〜Live Version〜

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
オフコース解散から25年目という節目の年。
以前から考えてはいた、オフコースライブの変遷をまとめてみました。

今回は、オフコース最後の武道館ライブの日にあわせて、そのライブの紹介からスタート。
そこから時をさかのぼるように紹介し、ファイナルライブからちょうど25周年の日にそこに戻るという構成をとりました。

フォークデュオスタイルで、オリジナルも少なかった2人のオフコース
ロックのスタイルを取り入れ。オリジナルも充実した5人のオフコース
そして4人のオフコース…

様々なオフコースを紹介できたと思います。

こちらが記事一覧です↓
OFF COURSE History

また何らかの形で、オフコースの歴史を描いていきたいと思っております。

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989
オフコース
ファンハウス
1998-05-21

DJ 和 MIX CD 「J-シンセ伝説 [DJ和 in No.1 J-POP MIX]」(2/26発売)、 TM NETWORK はじめ小室楽曲使用

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
情報源: Musicman-NET

DJ 和 MIX CD 「J-シンセ伝説 [DJ 和 in No.1 J-POP MIX]」

発売日:2014年2月26日
商品番号:AICL2643
定価:2,000円(税抜)

収録曲
1. TM NETWORK 「Self Control」
2. TRF 「EZ DO DANCE」
3. access 「MOONSHINE DANCE」
4. HIM 「AQUARIUS」
5. 華原朋美「keep yourself alive」
6. T.M.Revolution 「LEVEL4」
7. 藤井隆「ナンダカンダ」
8. day after tomorrow 「faraway」
9. Every Little Thing 「Feel My Heart」
10. 篠原涼子 with t.komuro 「恋しさと せつなさと 心強さと」
11. 鈴木あみ「BE TOGETHER」
12. 小室哲哉「RUNNING TO HORIZON」
13. 宮沢りえ「ドリーム ラッシュ」
14. 渡辺美里「My Revolution」
15. 観月ありさ「TOO SHY SHY BOY!」
16. 知念里奈「DO-DO FOR ME」
17. globe 「Feel Like dance」
18. hitomi 「CANDY GIRL」
19. PSY・S 「Friends or Lovers」
20. 岡村靖幸「聖書(バイブル)」
21. 松岡英明「以心伝心」
22. TM NETWORK 「金曜日のライオン」
23. ユニコーン「PTA〜光のネットワーク〜」
24. コタニキンヤ「情熱BALLAD」
25. 玉置成実「Realize」
26. 篠原ともえ「クルクル ミラクル」
27. C-C-B「Romanticが止まらない」
28. YMO 「ライディーン」
29. イモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」
30. m.o.v.e 「SUPER SONIC DANCE」
31. MAX 「TORA TORA TORA」
32. Iceman 「DARK HALF〜TOUCH YOUR DARKNESS」
33. 木村由姫「LOVE&JOY」

DJ 和 公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/dj_kazu/

----------

小室楽曲てんこ盛り。
しかも、TM NETWORK からユニコーンのあの曲につなぐという荒技まで…

※公式サイトのキャッチコピーは、一見の価値があるかもしれません。


小田和正 Far East Cafe Press 会員限定DVD 「LIFE-SIZE 2013」 3/1より予約受付開始

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより
(Far East Cafe SHOP → GOODS 参照)

「LIFE-SIZE 2013」
収録分数未定
定価:5,800円


※Far East Cafe Press 会員限定販売

FarEastCafe限定・店頭予約特典
←オリジナル巾着(マイクログラスファイバー)

Far East Cafe 受付開始:3/1(土)〜

----------

「LIFE-SIZE」は毎年、小田和正公式ショップ「Far East Cafe」会報「Far East Cafe Press」の会員(定期購読者)限定で発売される、小田和正の1年間の活動を収録したDVDです。

会員の方は LIFE-SIZE バックナンバー DVD も Far East Cafe で購入可能です。
1994〜2001 各3,500円(税込)
2002〜2009 各6,800円(税込)
2010〜2013 各5,800円(税込)

その日が来るまで/やさしい風が吹いたら
小田和正
アリオラジャパン
2013-04-24

OFF COURSE The Night with Us (1989.2.26 東京ドーム)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
OFF COURSE The Night with Us
(1989.2.26 東京ドーム)

緑の日々
君住む街へ
LAST NIGHT
夏の日
こころは気紛れ
逢いたい
時に愛は
言葉にできない
きかせて
たそがれ
夏の別れ
she's so wonderful
君が、嘘を、ついた
ぜんまいじかけの嘘
Tiny Pretty Girl
YES-YES-YES
生まれ来る子供たちのために

Yes-No
眠れぬ夜
愛を止めないで
いつもいつも

----------

オフコースはラストツアー「STILL a long way to go OFF COURSE CONCERT TOUR 1988-1989」最終公演(1989.2.3 日本武道館)で解散を予定していた。

しかしスタッフの間から、東京ドームでの追加公演の話が持ち上がり、メンバーが受け入れる形で実現した。

セットリストは「STILL a long way to go」ツアーから一新、スタッフのリクエストによる曲も織り込まれ、久しぶりに演奏される曲も多かった。

この日のライブを持って、オフコースはその歩みを止めた。

関連記事:

STILL a long way to go OFF COURSE CONCERT TOUR 1988-1989


TM NETWORK 「CAROL」 渡辺美里「BIG WAVE」期間限定(2/26〜3/18)特別価格配信

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
「Epic Records Japan 35th Anniversary !!」より
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/epic35/


・特別価格配信 対象アルバム

シャネルズ「Mr.ブラック」

佐野元春「SOMEDAY」

鈴木雅之「FAIR AFFAIR」

TM NETWORK 「CAROL」

大江千里「1 2 3 4」

岡村靖幸「家庭教師」

バービーボーイズ「LISTEN! BARBEE BOYS 4」

渡辺美里「BIG WAVE」

JUDY AND MARY 「THE POWER SOURCE」

価格:1,500円(税込)
※2/26から3/18までの期間限定特別価格


Amazon 紹介ページ
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/?ie=UTF8&docId=3077888526

関連記事:

配信限定コンピレーションアルバム「黄金の90'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」(本日配信開始)に TM NETWORK (TMN) ・ 渡辺美里など収録

MUSIC ON! TV 特別番組 「EPIC レコードジャパン35周年記念 ミュージックビデオ特集」 3/25 放送

配信限定コンピレーションアルバム「黄金の80'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」(本日配信開始)に TM NETWORK ・ 渡辺美里など収録

「エピックレコード創立35周年記念 人気楽曲35曲の着うたプライスオフキャンペーン」で TM NETWORK 渡辺美里などの楽曲がプライスオフに

----------

LIVE EPIC 25 (February 2003)

CAROL
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2014-02-26


BIG WAVE
Epic Records Japan Inc.
2014-02-26

配信限定コンピレーションアルバム「黄金の90'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」(本日配信開始)に TM NETWORK (TMN) ・ 渡辺美里など収録

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
「Epic Records Japan 35th Anniversary !!」より
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/epic35/


配信限定コンピレーションアルバム
「黄金の90'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」

配信開始:2014年2月26日(水)
配信サイト:レコチョク・ iTunes ・ mora
定価:1,800 円

1. 岡村靖幸 / あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
2. 上々颱風 / 愛より青い海
3. TMN / LOVE TRAIN
4. 鈴木雅之 / もう涙はいらない
5. 佐野元春 / 約束の橋
6. 大江千里 / ありがとう
7. 渡辺美里 / BIG WAVE やってきた
8. THE 99 1/2 / FREE NIGHT
9. 久宝留理子/「男」
10. 東京パフォーマンスドール / ダイヤモンドは傷つかない
11. 鈴木雅之 / 違う、そうじゃない
12. 久宝留理子 / 早くしてよ
13. EAST END×YURI / DA.YO.NE
14. EAST END×YURI / MAICCA
15. JUDY AND MARY / Ove rDrive
16. FUNK THE PEANUTS / 恋の罠しかけましょ 〜FUNK THE PEANUTSのテーマ〜
17. Dreams Come True / LOVE LOVE LOVE
18. 篠原涼子 / 恋しさと せつなさと 心強さと
19. 佐野元春 / 経験の唄
20. 宮本浩次 / タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー
21. JUDY AND MARY / そばかす
22. ラッツ & スター / 夢で逢えたら
23. PUFFY / アジアの純真
24. YEN TOWN BAND / Swallowtail Butterfly
25. PUFFY / これが私の生きる道
26. Chara / やさしい気持ち
27. PUFFY / 愛のしるし
28. CURIO / 君に触れるだけで
29. Laugh and Peace / ちょっときいてな
30. TRICERATOPS / GOING TO THEMOON
31. wyolica / 悲しいわがまま
32. Crystal Kay / Eternal Memories
33. センチメンタル・バス / Sunny Day Sunday
34. chara + yuki / 愛の火3つオレンジ
35. 大槻真希 / MEMORIES




3月には2000年代のヒット曲をコンパイルした第3弾が配信リリース予定。

関連記事:

MUSIC ON! TV 特別番組 「EPIC レコードジャパン35周年記念 ミュージックビデオ特集」 3/25 放送

配信限定コンピレーションアルバム「黄金の80'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」(本日配信開始)に TM NETWORK ・ 渡辺美里など収録

「エピックレコード創立35周年記念 人気楽曲35曲の着うたプライスオフキャンペーン」で TM NETWORK 渡辺美里などの楽曲がプライスオフに

----------

LIVE EPIC 25 (February 2003)




木根尚登 DVD 「NAOTO KINE CONCERT 2013 Talk & Live “RESET” at EBISU The Garden Room」 (4/10発売)ダイジェスト映像 YouTube で公開

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
木根尚登公式サイトより



----------

木根尚登 DVD 「NAOTO KINE CONCERT 2013 Talk & Live “RESET” at EBISU The Garden Room」

発売日:2014年4月10日(木)
商品番号: IRBL-1404
定価:5,600円(税込)

・収録楽曲(予定)
1. 天使の涙〜廃墟〜
2. 高円寺を紡ぐ
3. RESET – 弾き語り Version -
4. 消えていく街
5. フリー
6. Still feel loneliness
7. Hello Mr.Alone
8. 橋はどこにあるの
9. Sad Emotion
10. RUNNING ON
11. ここにある未来
12. WILL
13. 四谷ロマン
14. 阿佐ヶ谷小春日和
15. Ci e la musica〜約束された物語〜
16. RESET – Long Version -
17. 天使の涙〜初声〜

・同時収録
RESET Long Version (Music Video)


・ファンクラブ会員限定予約特典DVD
Wアンコール「GIRLFRIEND」
本編未収録ライブMC

※DVDのみ発売。Blu-rayの発売予定なし
※ファンクラブ版購入方法は、木根尚登公式サイト参照

----------

関連記事:

木根尚登「RESET」
(楽曲紹介)

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2013 Talk & Live “RESET” TOUR」

木根尚登 DVD 「NAOTO KINE CONCERT 2013 Talk & Live “RESET” at EBISU The Garden Room」 4/10 発売

----------

木根尚登・西村麻聡・葛城哲哉「Xmas Special Live “WONDER THREE”」



中央線
木根尚登
アール・アンド・シー
2010-04-07

赤い鳥&ジ・オフコース「8人の音楽会」

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
・赤い鳥+ジ・オフコース
Song Is Love

・赤い鳥
Sing Out
赤い花白い花

・ジ・オフコース
群衆の中で
In My Life
The Look Of Love
Jane Jane
Today
Rain
水たまり
Leaving On A Jet Plane

・赤い鳥
コンドルは飛んでいく
わらべ唄
五つ木の子守歌 〜 木曽節
カーペットマン
翼を下さい
Candle In The Wind

・赤い鳥+ジ・オフコース
Down By The River Side 〜 Amen

・ジ・オフコース
One Boy

・赤い鳥
St.Michael

・ジ・オフコース
Such A Lot Of Living To Do

・赤い鳥
竹田の子守歌

・ジ・オフコース
somewhere

・赤い鳥
Come And Go

・赤い鳥+ジ・オフコース
Finlandia
Song Is Love

----------

1969年、「ヤマハ・ライトミュージック・コンテスト」全国大会で出会った赤い鳥とジ・オフコース。
優勝は赤い鳥、準優勝はジ・オフコースだったが、これを機に二組は意気投合する。

翌1970年、赤い鳥、ジ・オフコースともにデビュー。
その年に二組はジョイントコンサートを開く。

ジ・オフコースは当時、シングル「群衆の中で」をリリースした程度。
赤い鳥もオリジナル曲は少なく、洋楽のカバーがセットリストの大半を占める。

小田和正と山本潤子の初期の交流を示すライブでもある。

関連記事:

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

第3回全日本ライトミュージック・コンテスト グランプリ1969
オムニバス
ユニバーサル インターナショナル
2006-09-20

「TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1 LIVE TOUR "the beginning of the end"」ツアーロゴ発表

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
TM NETWORK 30th FROM 1984 特設サイト http://tm30th.jp/ にて、「TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1 LIVE TOUR "the beginning of the end"」ツアーロゴが発表されました。

木根尚登公式サイトに掲載されたツアーロゴはカラフルバージョンです。


※一般発売日情報を追加しました。

----------

TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1
LIVE TOUR "the beginning of the end"


※会場名をクリックすると、会場の公式サイトが別窓で開きます。

4月26日(土)
東京 府中の森芸術劇場 どりーむホール
開場17:00 開演18:00

4月27日(日)
東京 府中の森芸術劇場 どりーむホール
開場16:00 開演17:00

5月2日(金)
大阪 オリックス劇場
開場18:00 開演19:00

5月3日(土)
大阪 オリックス劇場
開場16:00 開演17:00

5月5日(月・祝)
名古屋国際会議場 センチュリーホール
開場17:00 開演18:00

5月6日(火・祝)
名古屋国際会議場 センチュリーホール
開場16:00 開演17:00

5月10日(土)
仙台 イズミティ21 大ホール
開場17:00 開演18:00

5月14日(水)
ホルトホール大分
開場18:00 開演18:30

5月19日(月)
東京国際フォーラム ホールA
開場18:00 開演19:00

5月20日(火)
東京国際フォーラム ホールA
開場18:00 開演19:00

チケット料金:全席指定7,800円(税込)

一般発売日:
府中・大阪・仙台・東京:4月5日(土)
名古屋・大分:4月6日(日)

関連記事:

TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1 (ニューシングル・リプロダクトアルバム今春リリース&ツアー今春よりスタート)

「TM NETWORK 30th FROM 1984」 3 Season 構想

TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1 LIVE TOUR "the beginning of the end" 日程発表

TM NETWORK ニューシングル「LOUD (仮)」セルフリプロダクトアルバム「Information Discovery Report (仮)」 4/22 発売


I am
TM NETWORK
avex trax
2012-04-25





EPIC FOUNDER & TM NETWORK

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!



ちょっと前に丸山茂雄さんがらみのイベント「LIVE EPIC 25」(TM NETWORK 出演)の話をこのブログに書いた(↓)だけに、この4ショットは感慨深い。


関連記事:

LIVE EPIC 25 (February 2003)

MUSIC ON! TV 特別番組 「EPIC レコードジャパン35周年記念 ミュージックビデオ特集」 3/25 放送

配信限定コンピレーションアルバム「黄金の80'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」(本日配信開始)に TM NETWORK ・ 渡辺美里など収録

「エピックレコード創立35周年記念 人気楽曲35曲の着うたプライスオフキャンペーン」で TM NETWORK 渡辺美里などの楽曲がプライスオフに



RAINBOW RAINBOW
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

雑誌「BRUTUS 773号」に中島みゆきインタビュー掲載

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
中島みゆき公式サイトより

雑誌「BRUTUS 773号」

発売日:2014年3月1日(土)
定価:630円(税込)
全国書店にて販売

特集『なにしろラジオ好きなもので2』
・『中島みゆきのオールナイトニッポン』という伝説。
・「こんばんは、中島みゆきです!」がオールナイトニッポンに帰ってきた。

BRUTUS 公式ページ
http://magazineworld.jp/brutus/

----------

関連記事:

「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」次回放送3/16深夜(3/17早朝)

「中島みゆき 雛まつり」 2/22 より2週間限定上映

「完全保存版!中島みゆき 「お時間拝借」 よりぬきラジオCD BOX」 3/19 発売

「完全保存版!中島みゆき 「お時間拝借」 よりぬきラジオCD BOX」(3/19 発売)特設サイト開設

完全保存版! 中島みゆき「お時間拝借」よりぬきラジオCD BOX (5枚組ALBUM)
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2014-03-19

CS TBS 「スキマスイッチ10年の軌跡〜1stツアーから最新ライブまで一挙放送!〜」 3/2・3/23 放送

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
TBS 告知ページより
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/osusume/sukimaswitch/

CS放送 TBSチャンネル1
「スキマスイッチ10年の軌跡〜1stツアーから最新ライブまで一挙放送!〜」

・スキマスイッチ ファーストツアー2004 夏雲ノタビ 〜日本公演〜
2014年3月2日(日)18:00〜19:00(テレビ初独占放送)

・スキマスイッチ TOUR’06“空創トリップ”
2014年 3月2日(日)19:00〜21:00

スキマスイッチ ARENA TOUR ’07 “W−ARENA”
〈放送日時〉2014年 3月2日(日)21:00〜23:00

スキマスイッチ TOUR 2010 “ラグランジュポイント”
2014年 3月2日(日)23:00〜25:00

----------

スキマスイッチ 10th Anniversary“Symphonic Sound of SukimaSwitch”
2014年 3月23日(日)23:00〜25:00(テレビ初独占放送)

関連記事:

スキマスイッチ「Sukimaswitch 10th Anniversary “Symphonic Sound of SukimaSwitch”」




スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN'S WORLD“
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2014-02-26



オフコース ライブ 1972〜1974

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
オフコース・コンサート・イン横浜
(1972.9.13 横浜市教育会館)

僕の贈りもの(1番)
・メドレー
 Ticket To Ride
〜 愛のプレリュード
〜 セシリア
〜 something
〜 愛の別れ道
〜 Ticket To Ride
望みも今抱けずに(鈴木作品)
Horse With No Name
よみがえるひととき
So Faraway 〜 You've Got A Friend

#ゲスト ブレッド&バター
マリエ
今はひとり

#ゲスト 南こうせつとかぐや姫
雨が空から降れば
田中君じゃないか
好きだった人

水曜日の午後
今はこのまま(小田作品)
静かな昼下がり

I Need You(with ブレッド&バター)

・メドレー
 もみじ
〜 ひとりきり
〜 美しすぎて
〜 テクニクスCMソング

#ゲスト 杉田二郎(コーラス オフコース)
人力ヒコーキのバラード
春はさみしいね

somewhere
地球は狭くなりました
貼り忘れた写真
でももう花はいらない
青空を返して(小田作品)
さわやかな朝を迎えるために
僕の贈りもの(2番)

----------

オフコース グリーン・ラヴ
(1973.9.9 日仏会館)

Today
・メドレー
 My Love
〜 We Can Work It Out
〜 Yesterdays Once More 〜 The Long Winding Road 〜 My Love)
よみがえるひととき
悲しみの中で(「若すぎて」原曲)
静かな昼下がり
A Song For You

#ゲスト バズ

寒いけれど
Dear Boy Friend
今日もまた

Close To You(with バズ)
浜の足跡(with バズ)
小さな部屋
・ディスク・ジョッキー風ストーリーと歌
 新曲2曲
〜 水曜日の午後
〜 誰もいない海
〜 僕の贈りもの(2番)
・テープ
 風の声(「すきま風」原題)
〜若すぎて(小田作品)
・メドレー
 You're So Vain
〜 It's Too Late
〜 Killing Me Softly With His Song
〜 Mrs. Robinson
〜 Melody Fair
〜 さわやかな朝をむかえるために)
春夏秋冬
貼り忘れた写真
Without You
ほんの少しの間だけ
でももう花はいらない
僕の贈りもの

戦争を知らない子供たち(with 杉田二郎)

----------

オフコース セカンド・コンサート・明日への歩み
(1974.5.17 日本青年館)

めぐり逢う今〜美しい世界
夜明けを告げに
Rain Drops Keep Fallin'On My Head 〜 Close To You
水曜日の午後
ファーストアルバムメドレー(アルバム「僕の贈りもの」全曲目)
望みも今抱けずに
Cruel War
Jane Jane
・メドレー
 神田川
〜 若葉の頃
〜 心模様
〜 僕の好きな先生
〜 If
〜 Your Song
〜 危険な二人
〜 Good By Yellow Brick Road
〜 ビートルズが教えてくれた
〜 襟裳岬
〜 Live And Let Die
〜 私の小さな人生
Today
・メドレー
 You're So Vain
〜 It's Too Late
〜 Killing Me Softly With His Song
〜 Mrs. Robinson
〜 Melody Fair
〜 さわやかな朝をむかえるために
・ストーリーと曲による構成
 すきま風
〜 はたちの頃
〜 のがすなチャンスを
〜 水たまり
〜 日曜日のたいくつ
〜 Try To Remember
〜 若すぎて
〜 By The Time I Get Phoenix
〜 Leaving On A Jet Plane
〜 別れの情景
〜 別れの情景
〜 Scarborough Fair
〜 新しい門出
〜 我が友よ
人力ヒコーキのバラード(with 杉田二郎)
でももう花はいらない

僕の贈りもの
Horse With No Name
Without You

----------

オフコースが小田和正・鈴木康博のフォークデュオだった頃のライブ。
まだ集客力がなかったことから、ゲストを呼ぶ必要があった時代であった。

二人が本格的にオリジナル曲を作り始めた時代で、レコードも1973年にファーストアルバム「僕の贈りもの」、翌1974年にセカンドアルバム「この道をゆけば」をリリースした程度。
未発表曲や、二人のアマチュア時代の活動の基本だった洋楽のカバー、邦楽フォークのカバーなどがセットリストに織り込まれていた。

僕の贈りもの
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21


この道をゆけば
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21

ライブアルバム「スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013“POPMAN’S WORLD”」(2/26発売)予約特典発表

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
情報源:スキマスイッチ公式サイト

・ライブアルバム「スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013“POPMAN’S WORLD”」予約特典

アナザージャケット(Sony Music Shop Ver. ・全国応援SHOP Ver. の二種類)
※裏面に手書きコメント&サイン印刷(2種類共通)

全国応援SHOP 一覧は下記掲載。
PC http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sukimaswitch/special/140226/
携帯 http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sukimaswitch/special/140226/index_m.html

----------

ライブアルバム「スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN’S WORLD”」

発売日:2014年2月26日(水)

・初回生産限定盤[3DISCS:Blu-spec CD2×2+DVD]
商品番号:AUCL-30014〜6
定価:3,990円(税込)/3,800円(税抜)

初回生産限定盤特典
・高品質CD:Blu-spec CD2仕様
・ボ−ナストラック「奏(かなで)」(アンコール曲)収録
・さいたまスーパーアリーナ公演のバックステージに密着した、貴重なドキュメント映像収録の特典DVD付属

・通常盤[CD]
商品番号:AUCL-150〜1
定価:3,150円(税込)/3,000円(税抜)

・収録曲
DISC-1
1. 10th-type-(オープニング)
2. ゴールデンタイムラバー
3. view
4. 螺旋
5. LとR
6. 夕凪
7. 藍
8. ボクノート
9. ふれて未来を
10. アカツキの詩
11. 晴ときどき曇
12. マリンスノウ
13. さいごのひ

DISC-2
1. Hello Especially
2. SL9
3. ユリーカ
4. ガラナ
5. トラベラーズ・ハイ
6. 全力少年
7. スカーレット
−BONUS TRACK(初回生産限定盤のみ収録)−
encore
8. 奏(かなで)

・Sony Music Shop では予約特典としてアナザージャケット(SMS Ver.)配布(先着順)
http://www.sonymusicshop.jp/SukimaSwitch/

----------

Live Blu-ray ・ DVD 「スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN’S WORLD” THE MOVIE」

[Blu-ray]

・初回生産限定盤[2DISCS]
商品番号:AUXL-16〜7
定価:7,100円<税抜>

・通常盤[2DISCS]
商品番号:AUXL-18〜9
定価:6.600円<税抜>

[DVD]

・初回生産限定盤[2DISCS]
商品番号:AUBL-41〜2
定価:6,500円<税抜>

・通常盤[2DISCS]
商品番号:AUBL-43〜4
定価:6,000円<税抜>

・初回生産限定盤:三方背ケース&デジパック仕様

・収録曲
DISC-1
1. 10th -type P.W.-
2. ゴールデンタイムラバー
3. view
4. 螺旋
5. LとR
6. 夕凪
7. 藍
8. ボクノート
9. ふれて未来を
10. アカツキの詩
11. 晴ときどき曇
12. マリンスノウ
13. さいごのひ

DISC-2
1. Hello Especially
2. SL9
3. ユリーカ
4. ガラナ
5. トラベラーズ・ハイ
6. 全力少年
7. スカーレット
-encore-
8. デザイナーズマンション
9. 奏(かなで)
10. 虹のレシピ

・初回生産限定盤のみ収録
1. Opening Movie「10th -type P.W.-」
2. Stage Screen Movie「SL9」
3. Interview

その他、収録日当日の“爆笑MC”映像や、アンコールのメンバー紹介〜ジャムセッションをノーカット収録予定

----------

ライブアルバム「スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN’S WORLD”」 (初回生産限定盤)とLive Blu-ray ・ DVD 「スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN’S WORLD” THE MOVIE」 (初回生産限定盤)の連動応募抽選特典
抽選で100名に「Arena Tour 2013 “POPMAN’S WORLD”」公演のスタッフ Tシャツ(別注カラー/非売品)をプレゼント。
(応募締切日:2014年5月9日(金)当日消印有効)




スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN'S WORLD“
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2014-02-26



「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」次回放送3/16深夜(3/17早朝)

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
中島みゆき公式サイトより

「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」
次回放送:3月16日(日)25:00〜27:00
(3月17日(月)3:00〜5:00)

番組公式サイト
http://www.1242.com/nakajima/

・放送ネット局

ニッポン放送
http://www.1242.com/

TBCラジオ(東北放送)
http://www.tbc-sendai.co.jp/02radio/

STVラジオ(札幌テレビ放送)
http://www.stv.ne.jp/radio/

SBCラジオ(信越放送)
http://sbc21.co.jp/blogwp/radio/

YBSラジオ(山梨放送)
http://www.ybs.jp/

FM COCOLO(関西地区)
http://cocolo.jp/

RCC 中国放送
http://www.rcc.jp/

KBCラジオ(九州朝日放送)
http://www.kbc.co.jp/radio/

OBSラジオ(大分放送)
http://www.e-obs.com/radio/

----------

関連記事:

「中島みゆき 雛まつり」 2/22 より2週間限定上映

「完全保存版!中島みゆき 「お時間拝借」 よりぬきラジオCD BOX」 3/19 発売

「完全保存版!中島みゆき 「お時間拝借」 よりぬきラジオCD BOX」(3/19 発売)特設サイト開設

完全保存版! 中島みゆき「お時間拝借」よりぬきラジオCD BOX (5枚組ALBUM)
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2014-03-19

TM NETWORK ニューシングル「LOUD (仮)」セルフリプロダクトアルバム「Information Discovery Report (仮)」 4/22 発売

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
TM NETWORK 30th FROM 1984 特設サイト などより
http://tm30th.jp/

追加情報(一部収録曲): HMV オンライン
(Special Thanks to かなこ

TM NETWORK ニューシングル
「LOUD (仮)」

発売日:2014年4月22日(火)

・CD+DVD
商品番号:AVCD-48982/B
定価:1,800円(税抜)

・CD
商品番号:AVCD-48983
定価:1,200円(税抜)


・初回仕様:スリーヴ仕様

・CD収録予定曲
1. LOUD (仮)
2. タイトル未定
3. LOUD (仮) Instrumental
4. タイトル未定 Instrumental
全2曲4ヴァージョン収録予定

・DVD収録予定内容
1. LOUD (仮) Music Video

----------

TM NETWORK セルフリプロダクトアルバム
「Information Discovery Report (仮)」

発売日:2014年4月22日(火)
商品番号:AVCD-38877
定価:3,000円(税抜)


・初回仕様:スリーヴ仕様

・収録予定曲
Get Wild
Self Control
Seven Days War
Be Together
Just One Victory
Accident
他、全10曲収録予定

----------

「Accident」に期待。

関連記事:

TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1 LIVE TOUR "the beginning of the end" 日程発表

TM NETWORK
avex trax
2014-04-22


TM NETWORK
avex trax
2014-04-22


TM NETWORK
avex trax
2014-04-22

オフコース リサイタル「秋ゆく街で」(1974〜1978)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
秋ゆく街で
(1974.10.26 中野サンプラザホール)

What's Goin' On
・メドレー
(Your Song
〜 Where Is The Love
〜 You Make Me Feel Brand New
〜 You Are Everything
〜 A Day Without You
〜 Holidays
〜 Alone Again
〜 Ticket To Ride
〜 Something
〜 All You Need Is Love
〜 What The World Needs Now Is Love)
竹田の子守歌
春夏秋冬 〜 今日までそして明日から
白い一日
悲しくてやりきれない
悩み多き者よ 〜 傘がない
青春
秋ゆく街で
里の秋
水曜日の午後
僕の贈りもの
新しい門出
よみがえるひととき
すきま風
はたちの頃
さわやかな朝をむかえるために
のがすなチャンスを
白い帽子
別れの情景
もう歌はつくれない
ほんの少しの間だけ
地球は狭くなりました
キリストは来ないだろう
でももう花はいらない
What's Goin' On

僕の贈りもの

----------

秋ゆく街で
(1975.10.4 中野サンプラザ)

秋ゆく街で
ニール・セダカ メドレー
( King of Clowns
〜 Little Devil
〜 愛の星座
〜 Breakin'Up Is Hard To Do
〜 Oh Carol )
雨の降る日に
水曜日の午後
ワインの匂い
さわやかな朝をむかえるために
倖せなんて
庭のかたすみ
老人の秘めごと
Leaving On A Jet Plane
Country Road
あいつのせい
のがすなチャンスを
別れの情景
歩こう
憂き世に
キリストは来ないだろう
昨日への手紙
愛の唄
少年のように
幻想
青空と人生と
でももう花はいらない
青春
秋ゆく街で

僕の贈りもの

----------
 
秋ゆく街で
(1976.10.23 中野サンプラザ)

さわやかな朝をむかえるために
雨の降る日に
ワインの匂い
雨よ激しく
憂き世に
倖せなんて
あれから君は
愛の唄
眠れぬ夜
昨日への手紙
もう歌はつくれない
あなたがいれば
ランナウェイ
ピロートーク
青空と人生と
水曜日の午後
おもい違い
心は気紛れ
めぐる季節
恋はさりげなく
老人のつぶやき
青春
ひとりで生きてゆければ
冬が来る前に

眠れぬ夜
歌を捧げて

----------
 
秋ゆく街で
(1977.10.23 中野サンプラザ)

#JUNKTIONのテーマ(テープ)
INVITATION
めぐる季節
眠れぬ夜
雨よ激しく
愛のきざし
水曜日の午後
思い出を盗んで
変わってゆく女
ロンド
もう歌はつくれない
でももう花はいらない
500マイル
All My Lovin'
もみじ
この胸のときめきを
ランナウェイ
秋の気配
潮の香り
あなたがいれば
心は気紛れ
愛の唄
老人のつぶやき
青春
新曲(無題 小田作品)
HERO

Day By Day
のがすなチャンスを
歌を捧げて
新曲(無題 小田作品)

----------

秋ゆく街で
(1978.10.25-10.27 中野サンプラザ)

やさしさにさようなら
思い出を盗んで
美しい思い出に
水曜日の午後
通り過ぎた夜
里の秋 〜 もみじ
こころは気紛れ
季節は流れて
夏の終り
この空にはばたく前に
あなたのすべて
ランナウェイ
愛の唄
この海に誓って
喜びのメドレー
(別れの情景
〜 めぐる季節
〜 恋はさりげなく
〜 ロンド
〜 眠れぬ夜
〜 秋の気配
〜 潮の香り
〜 ワインの匂い
〜 幻想
〜 別れの情景機
眠れぬ夜
のがすなチャンスを
去っていった友へ〜T氏に捧げる〜
心さみしい人よ

ランナウェイ
さわやかな朝をむかえるために
いつも いつも

----------

1974年、オフコースは初めて中野サンプラザでリサイタルを開く。
そのリサイタルには「秋ゆく街で」というタイトルがつけられた。

リサイタルの採算を考えて、ライブ収録も行われることになったが、音にこだわる小田和正・鈴木康博はバックミュージシャンを厚くすることを求めた。
その結果、村上ポンタ(ドラム)・羽田健太郎(ピアノ)などの腕利きミュージシャンやオーケストラをバックに、リサイタルが開かれた。

洋楽のスタンダードナンバーや当時の邦楽のヒットナンバーがセットリストの中でも大きな比重を占めているところは、当時のオフコースのコンサートのスタイルを示している。

その一部は、ライブ盤となった「秋ゆく街で」でうかがい知ることができる。

----------

この「秋ゆく街で」では、後に「『忘れ雪』事件」と呼ばれる出来事が起こる。
レコード会社の要請で、このライブ直前にオフコースはシングル「忘れ雪」をリリースする。
オフコースの曲は小田和正・鈴木康博が自分たちで作っていたが、この曲は作詞・松本隆、作曲・筒美京平という当時既に売れっ子だった二人によって書かれたものだった。
しかしレコード制作時点から、この曲を歌うことに納得していなかったオフコースは、レコード会社関係者が客席にいる前で「忘れ雪」を歌わなかった。

事前のセットリストには曲名が書かれていた、という話も聞く。

当時のオフコースは新人に近く、立場が弱いにもかかわらず、自分たちの不満を行動で示したのだった。

----------

「秋ゆく街で」とタイトルを冠したリサイタルは、1978年まで毎年秋に開催された。
1976年以降は、後にメンバーとなる松尾一彦・清水仁・大間ジローがバックミュージシャンとして参加しているが、その時に小田は「これからは、地方へも5人でいきます」と3人を紹介している。

その1977年の「春のコンサート・ツアー」を皮切りに、オフコースは春と秋に全国ツアーを開催するようになる。
そして、オフコースはフォークデュオから5人編成のロックバンドへと変貌を遂げて行く。

「秋ゆく街で」シリーズ最後となった1978年の「秋ゆく街で后廚任蓮▲札奪肇螢好箸里曚箸鵑匹オフコースのオリジナルナンバーとなっている。

関連記事:

オフコース「秋ゆく街で オフコース・ライヴ・イン・コンサート」
(アルバム紹介)

秋ゆく街で
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21

シンコー・ミュージック・ムック「ヘドバン Vol.3」に小室哲哉インタビュー掲載

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
情報源: CD Journal

シンコー・ミュージック・ムック「ヘドバン Vol.3」

発売日:2014年2月26日(水)
定価:1,365円
ISBN: 978-4-401-63949-6

・小室哲哉×吉田豪 小室哲哉、遂にV2を語る!

シンコーミュージック・紹介ページ
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=1638468

背徳の瞳~Eyes of Venus~
V2
エピックレコードジャパン
1992-01-18




DVD 「TRICERATOPS 12-Bar"13"」(小田和正出演・2/19発売) YouTube でトレーラー公開

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
情報源:BARKS



TRICERATOPS DVD 「TRICERATOPS 12-Bar"13"」

発売日:2014年2月19日
商品番号:TTLV-1002
定価:6,500円(税込)

出演: TRICERATOPS
ゲスト: KAN、山崎まさよし、吉井和哉
シークレットゲスト:小田和正

・収録曲
1. LOVE IS LIVE
2. ACE
3. 2020
4. オレンジライター
5. HAPPY SADDY MOUNTAIN (with KAN)
6. 世界でいちばん好きな人 (with KAN)
7. シラフの月(with 山崎まさよし)
8. セロリ(with 山崎まさよし)
9. I GO WILD(with 吉井和哉)
10. 球根(with 吉井和哉)
11. 瞳はダイアモンド
12. イケナイコトカイ
13. 言葉にできない
14. FEVER (with 小田和正)
15. ラブ・ストーリーは突然に
16. ふたつの窓
17. あのね Baby
18. ロケットに乗って
19. 恋のバッド・チューニング
20. ANYDAY

・BONUS
TRICERATOPS と森田恭子氏による全編オーディオコメンタリー

※ファンクラブ会員限定スペシャルDVDセット:10,000円(税込)

TRICERATOPS オフィシャルサイト
http://www.triceratops.net/





関連記事:

TRICERATOPS 「12-Bar」に小田和正シークレットゲスト出演

DVD 「TRICERATOPS 12-Bar"13"」 2/19 発売

12-Bar“13" [DVD]
TRICERATOPS
BounDEE by SSNW
2014-02-19

オフコースの小さな部屋(1975〜1978)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
オフコースの小さな部屋 Vol.1
〜なぜ音楽活動を続けるか〜(1975.3.22 日本青年館)

水たまり
Don't Think Twice It'S All Right
Leaving On A Jet Plane
Eariy Morning Moon

#ライブLP「第三回LMC全国大会」より
 One Boy (ジ・オフコース)
 竹田の子守歌(赤い鳥)
 金比羅ふねふね(フォー・シンガーズ)
#ゲスト 山本コータロー(トーク)

Good Time Music (with 斉藤哲夫)
斉藤哲夫ミニライブ(曲目不明)

恋人たち(鈴木作品)
雨の降る日に(原曲・1番のみ)
春 (with イルカ)
ひとりきり(song by オフコース)

#ゲスト 南こうせつ(トーク)
11,南こうせつ 新曲(タイトル不明)

#ポール・マッカートニー「Michael」(テープ)

水曜日の午後
白い帽子
幻想
老人の秘めごと(老人のつぶやき 原題)
青春
小さな部屋

----------

オフコースの小さな部屋 Vol.8
〜’78年度オフコース大賞〜(1978.4.5 渋谷公会堂)

小さな部屋
眠れぬ夜
ロンド

#ゲスト 朝妻一郎(音楽評論家)

グラミー賞受賞曲メドレー
(A Hard Day's Night
〜 This Masquerade
〜 It's Too Late
〜 Superstition
〜 Killing Me Softly With His Song
〜 Band On The Run
〜 Bridge Over Trobled Water
〜 The Way We Were
〜 Moon River)
あなたは誰(小田作詞 松尾作曲)

#ゲスト 財津和夫登場(トーク)
青春の影
(財津和夫退場)

Hotel California (Vo.小田)
勝手にしやがれ(Vo.鈴木)
#アンコールがあり、もう一回「勝手にしやがれ」

I'll Be Coming Home
のがすなチャンスを
思い出を盗んで
ピロートーク
秋の気配
通り過ぎた夜
Stanchen
地球は狭くなりました
ジローのテーマ〜ごめんねジロー〜
ランナウェイ〜心は気紛れ
やさしさにさようなら
青春
青空と人生と
HERO
のがすなチャンスを
愛の唄

----------

オフコースが1975年から1978年まで、不定期で開いた「オフコースの小さな部屋」
それは普通のコンサートとは違う、「音楽の実験室」という要素の高いものであった。

全8回のサブタイトルと、その実験室的要素や、オフコースのメンバーの関心事が伺える。

Vol1.〜なぜ音楽活動を続けるか〜
ゲスト:山本コータロー・斉藤哲夫・南こうせつ・イルカ

Vol.2 〜お帰りなさいジローちゃん〜
ゲスト:杉田ジロー

Vol.3 〜みつはしちかこさんを迎えて〜
ゲスト:みつはしちかこ(漫画家)・イルカ

Vol4. 〜フォーク史をたどる〜
ゲスト:新田和長(プロデューサー)・石川鷹彦

Vol.5 〜コーラスの世界〜
ゲスト:聖光学院 OB コーラス隊

Vol.6 〜多様性その1・音楽はいかに映像を助けるか、また映像はいかに音楽を助けるか〜
ゲスト:加藤和彦

Vol.7 〜音楽の多様性その2・弦カル・トマトを迎えて ひとつの音がいくつか集まると、どのような音楽において、どんな風に音の広がりが出てくるか〜
ゲスト:トマト(弦カルテット)

Vol8 〜’78年度オフコース大賞〜
ゲスト:財津和夫・朝妻一郎(音楽評論家)

----------

この活動は、後にオフコースや小田和正の活動に影響していく。

元々オフコースはコーラスワークに定評があったが、「Vol.5 〜コーラスの世界〜」を経てさらに深化し、ヒット曲「さよなら」をはじめとする見事なコーラスワークへとつながっていく。

「Vol.7 〜音楽の多様性その2・弦カル・トマトを迎えて ひとつの音がいくつか集まると、どのような音楽において、どんな風に音の広がりが出てくるか〜」でのストリングス(オーケストラ)とポップスの融合は、以後もオフコースの楽曲でも幾度も試みられる。
小田和正ソロワークではオーケストラ・ストリングスが楽曲に用いられる頻度が更に増え、2008年のドームツアーを皮切りに弦カルテットをライブを同行させるようになる。

映画音楽に興味を示したことが音楽の原点であった小田和正にとって、みつはしちかこさんの漫画と音楽をシンクロさせた「Vol.3 〜みつはしちかこさんを迎えて〜」、映像と音楽をシンクロさせた「Vol.6 〜多様性その1・音楽はいかに映像を助けるか、また映像はいかに音楽を助けるか〜」は、「映像と音楽の関係性」を考えるきっかけとなった。
後にオフコースがライブで映像を流すようになり、ビデオクリップ作品にもいち早く挑戦、そして小田和正は映画監督としてメガホンをとることになる。

グラミー賞をモチーフにした「Vol8 〜’78年度オフコース大賞〜」は、のちに「音楽家同士が尊敬し合う環境」を目指して日本グラミー賞設立を試み、挫折するも「ALL TOGETHER NOW」「クリスマスの約束」へと転化させた小田和正の思いが、既にこの頃からあったことを示している。

このライブで取り上げられた財津和夫(チューリップ)「青春の影」、斉藤哲夫「Good Time Music」は二十数年の時を経て、2001年からはじまった小田和正音楽特番「クリスマスの約束」でも取り上げられ、二人もゲストとして呼ばれている。

そして、オフコース自身の音楽活動を検証する「Vol1.〜なぜ音楽活動を続けるか〜」、同時代の音楽を検証する「Vol4. 〜フォーク史をたどる〜」は、「クリスマスの約束」の派生番組として小田和正の私的音楽史と日本の音楽史を描いた「風のようにうたが流れていた」と内容がシンクロする。

----------

このライブに向けて作られた曲の一部は、アルバム「ワインの匂い」に収録された。
その際、小田和正の作品はアルバムに採用されたものが多かったのに対し、鈴木康博の作品は新たにアルバム用に書き下ろされた曲が多かった、というエピソードがあった。

またこのライブの途中から、後にオフコースのメンバーとなる松尾一彦・清水仁・大間ジローが参加している。

関連記事:

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

ワインの匂い
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21

亀田誠治 著「カメダ式J-POP評論 ヒットの理由」 2/28発売

情報源:ナタリー

亀田誠治 著「カメダ式J-POP評論 ヒットの理由」

発売日:2014年2月28日
出版社:オリコン・エンタテインメント
定価:1,680円 (税込)

・目次
プロローグ
第1章:亀田誠治10年史
コラム:東京事変で夏フェスに初参戦 こんな気持ちは生まれて初めて!
コラム:アーティストと観客がひとつになった「亀の恩返し2013」
第2章:ヒットの理由〜時代を映す音楽編
第3章:ヒットの理由〜バンド編
第4章:特別対談 平井堅×亀田誠治「僕らがポップにこだわる理由」
第5章:ヒットの理由〜ソロ・ユニット編
第6章:ヒットの理由〜洋楽編
エピローグ

カメダ式J-POP評論 ヒットの理由
亀田誠治
オリコン・エンタテインメント
2014-03-01

MUSIC ON! TV 特別番組 「EPIC レコードジャパン35周年記念 ミュージックビデオ特集」 3/25 放送

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
情報源: mFound

MUSIC ON! TV (エムオン!)特別番組
「EPIC レコードジャパン35周年記念 ミュージックビデオ特集」

初回放送:3/25(火)21:00〜22:30
リピート:3/30(日)20:00〜

----------

記事に TM NETWORK ・渡辺美里に触れているので、2組のオンエアは確定的かと思われます。

関連記事:

「エピックレコード創立35周年記念 人気楽曲35曲の着うたプライスオフキャンペーン」で TM NETWORK 渡辺美里などの楽曲がプライスオフに

配信限定コンピレーションアルバム「黄金の80'sベストヒッツ35曲!〜Epic 35〜」(本日配信開始)に TM NETWORK ・ 渡辺美里など収録

LIVE EPIC 25 (February 2003)
(2003年のライブイベント)



LIVE EPIC25 [DVD]
エピックレコードジャパン
2003-08-20

オフコース 田園コロシアムライブ (August.1979)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
季節は流れて
やさしさにさようなら
眠れぬ夜
恋を抱きしめよう
通り過ぎた夜
あなたのすべて
新しい門出
ひとりで生きてゆければ
潮の香り
秋の気配
California Dreamin'
想い出のサンフランシスコ
君を待つ渚
愛の唄
老人のつぶやき
HERO
こころは気紛れ
ランナウェイ
のがすなチャンスを
愛を止めないで

風に吹かれて
眠れぬ夜
ランナウェイ
さわやかな朝を迎えるために
のがすなチャンスを
いつも いつも
#夏の終り(テープ)

----------

小田和正・鈴木康博のオフコースに、バックバンドとしてレコーディング・ライブ両面を支えてきた松尾一彦・清水仁・大間ジローが、1979年8月に正式にメンバーとして加わってから最初のライブ。

小田和正が野外ライブを希望したことがきっかけで、当時東京・田園調布にあった田園コロシアムでライブを開催することになった。
セットリストは新旧ナンバーを取り混ぜた、当時のオフコースの集大成的なものとなっている。

この日の最後に歌われた「いつも いつも」は、アルバム「Three and Two」に収録される。

関連記事:

オフコース「Three and Two」
(アルバム紹介)

Three and Two
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21

TM NETWORK と北海道

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
1984年4月にシングル「金曜日のライオン」アルバム「RAINBOW RAINBOW」でデビューした TM NETWORK。
その年の7月、アルバムのシングルカットとして「1974(16光年の訪問者)」がリリースされる。

小室哲哉によって作られたこの曲のオリジナルは、デビュー前の TM NETWORK がレコード会社などに送ったデモテープに収録されていた。
そして優勝したフレッシュサウンドコンテストでも、この原曲を歌っている。
ちなみにアルバム収録に際し、歌詞は小室みつ子(当時のペンネーム・西門加里)によって一新されている。

その「1974」は、北海道地区でヒットを飛ばす。
このヒットをきっかけに、札幌のテレビ局のローカル番組に呼ばれたり、特別番組が作られたりした、
そして12月のライブ「Electric Prophet」は、東京と札幌で開催された。

その後も1985年のファーストツアー「Dragon The Festival featuring TM NETWORK」から、2008年のツアー「TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!」まで、「Kiss Japan」ツアーの追加公演的な存在である「KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR」を除き、北海道で必ず公演が開催されていた。

ツアー中にシングル「GET WILDがリリースされた、3回目のツアー「TM NETWORK TOUR'87 FANKS! BANG THE GONG」
そのツアーの28公演中3公演が北海道公演(函館・札幌・旭川)であったことは、彼らがいかに北海道で人気を博していたか、という証明になろう。

----------

2007年のシングル「WELCOME BACK 2」のカップリング曲であり、同年リリースのアルバム「SPEEDWAY」に収録された木根尚登作品「N43」
タイトル「N43」は、札幌の緯度であると共に、札幌に実在するお店の名前でもある。
この曲はデビュー当時の思い出を元に、小室の助言を元に書かれたという。
ちなみに「N43」は木根尚登によってセルフカバーされている(「キネバラ」収録)。

----------

今年(2014年)、6年ぶりのツアー「TM NETWORK 30th FROM 1984 Season 1 LIVE TOUR "the beginning of the end"」が開催される。
だが、このツアーは現時点で北海道公演は予定されていない。

関連記事:

TM NETWORK 「1974」

TM NETWORK 「N43」
(以上 楽曲紹介)

TM NETWORK 「RAINBOW RAINBOW」

TM NETWORK 「SPEEDWAY」

木根尚登20周年記念ベスト TM楽曲集「キネバラ」
(以上 紹介楽曲の収録アルバム)

RAINBOW RAINBOW
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


VISION FESTIVAL~journy to saga~ [DVD]
TM NETWORK
エピックレコードジャパン
2005-03-09


SPEEDWAY
TM NETWORK
よしもとアール・アンド・シー
2007-12-05

木根尚登20周年記念ベスト TM楽曲集 キネバラ
木根尚登
よしもとアール・アンド・シー
2012-04-18

「SHINJUKU LOFT 15th ANNIVERSARY PREMIUM LIVE SERIES 2014 THE DREAM MATCH#1」(4/13)にスキマスイッチ出演

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
情報源:スキマスイッチ公式サイト

SHINJUKU LOFT 15th ANNIVERSARY
PREMIUM LIVE SERIES 2014 THE DREAM MATCH#1

公演日:2014年4月9日(水)
東京 新宿ロフト
開場18:00 開演19:00
出演:スキマスイッチ / メレンゲ

チケット料金(オールスタンディング・ドリンク代別):一般前売6,000円 学割前売チケット1,500円
※当日券:開場1時間前より販売予定

イープラスプレオーダー:2/17(月)12時〜2/20(木)20時
http://eplus.jp

一般発売:3/9(日)ローソン(Lコード:71942)・イープラス・LOFT店頭(03-5272-0382 有料会員登録必須)
※学割チケットはロフト店頭で受付

新宿ロフト
http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/

POPMAN'S WORLD~All Time Best 2003-2013~
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2013-08-21



QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

Off Course Early Song

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ