前作「Listen to The Music」から7年経過してリリースされた、槇原敬之のカバーアルバム第二弾。
前回が邦楽一色だったのに対し、今回は洋楽からも選曲。
更に今回のテーマが「これからも歌い継いでいきたい曲」というテーマで、比較的スタンダードナンバー中心の選曲となった。

とはいえ、かなり挑戦的な選曲である。
その中でも、特に以下の3曲は強力な選曲である。

オフコースが自らの解散を意識して作ったアルバム「over」のために書き下ろされた、別れゆく恋人への感謝を込めた歌。誕生後約20年の時を経て小田和正のセルフカバーでCMソングとして甦ると共に、急速にJ-POPのスタンダードナンバーの地位を固めた「言葉にできない」

オリジナルは美輪明弘が歌った亡母へのレクイエム。ヨイトマケという言葉が差別用語だとして一時期放送禁止歌にもなったが、桑田佳祐などがカバーする等により近年再評価されている「ヨイトマケの歌」

伝説の番組「中島みゆきのオールナイトニッポン」に送られてくる葉書から生まれたという、リスナーへのメッセージソング。誕生後十数年の時を経てCMソングとなり、一方で吉田拓郎がチャリティライブでひとりギターを抱えて絶唱されるなど、数々の伝説を持つ中島みゆき「ファイト!」

それぞれメッセージが濃く、中途半端な気持ちでカバーすれば、返り討ちになるほどエッジが効いている3曲。

そのメッセージの濃い曲達に挑戦すると共に、その曲達を並べることで、相互に引き立つ効果を生み出した「音楽の奇術師(マジシャン)」槇原敬之。

その3曲につづく矢野顕子「ごはんができたよ」が、全ての曲達を暖かく包み込む。
望郷の歌の様でいて、何気なく出てくる「義」「不義」という言葉に、どきっとされる。
そんな効果も奇術師は計算済なのかもしれない。

Listen To The Music 2
1.Smile / Nat King Cole
2.Your Song / Elton John
3.野に咲く花のように / ダ・カーポ
4.traveling / 宇多田ヒカル
5.I Will Be Here For You / Michael.W.Smith
6.Forget-me-not / 尾崎豊
7.島育ち〜人の歩く道〜 / 山弦
8.Time After Time / Cyndi Lauper
9.言葉にできない / オフコース
10.ヨイトマケの唄 / 美輪明宏
11.ファイト! / 中島みゆき
12.ごはんができたよ / 矢野顕子
13.見上げてごらん夜の星を / 坂本九(初回限定盤のみ)