ブログネタ
小田和正 に参加中!
ツアーがはじまってもう半年。ツアー終盤の武道館ファイナル。

7月の武道館とは違い、バックステージ席となる北側にも客が入っていた。

ステージからアリーナへと突き出た花道も、9月のライブからはセンターステージからVの字、メインステージからみればYの字のような、客席の奧まで花道が増え、その先端にはサブステージが設けられるようになった。
そして今回のライブでは、バックステージ席の客席に向けて、ステージ裏にも花道が設けられていた。

セットリストも、夏の薫りがした7月(過去記事参照)とは趣が違う、冬を感じさせるセットリストとなった。
最近のライブでは歌っていなかったオフコースナンバーが、2曲披露されたのが嬉しい。

うち1曲は、アルバム「over」からの選曲。まさかこの曲を歌ってくれるとは思いませんでした。

(詳しい曲目を知りたい方は「続きを読む」以下を参照)

また8/17・パシフィコ横浜公演につづいて、久しぶりに客席のリクエストに応え、山下達郎「クリスマス・イブ」をさわりだけ歌ってくれました。


そして本日のゲスト、スキマスイッチ。
先日のイベント「Golden Circle Vol.8」で共演した三人。
スキマスイッチのお二人が「小田さんのライブ見に行きます」と言ったところ、小田さんから「じゃあ歌え」という命令(?)が下って共演に。
(この辺は、昨日のゲスト・ゆずも同じ状況でステージに上げられたようです)

ゲストとの共演曲はスキマスイッチ「全力少年」で、センターステージで熱唱開始。
小田さん、昨日の「夏色」での失態を避けるためなのか、スクリーンに写る歌詞をちらちら見ながら熱唱していました。
スキマスイッチのボーカル・大橋さんが2番の歌詞を「♪セカイを開くのは小田和正!」と変えていたのはライブならではの小技。
曲のエンディングでは、小田さんに誘われてスキマスイッチの二人も花道を歩いて、客席のみんなに挨拶し、最後に大橋さんのジャンプを合図に演奏完了。


小田さんもツアーが終わっていくことがちょっと寂しい様子で、言葉の端々にそのニュアンスが出ていました。
でも「終わる事は寂しいけれど、終わらないと次が始まらないから、次を待ってて下さい!」というコメントが、小田さんの気持ちをうまく表していたと思いたいです。

スキマスイッチ「全力少年」

小田和正「そうかな」
・INST
まっ白
ラブ・ストーリーは突然に
the flag

忘れてた思い出のように
たそがれ
さよなら

戦争を知らない子供たち
眠れぬ夜
あの素晴らしい愛をもう一度
やさしさにさようなら
神の御子は今宵しも

クリスマス・イブ(さわり)
心はなれて
風のようにうたが流れていた

たしかなこと

・御当地紀行
早稲田大学大隈講堂〜御当地紀行総集編〜雑司ヶ谷鬼子母神(ここを歩きながら「水曜日の午後」を考えていた、というエピソード披露)〜新宿御苑(ここでオフコースのアルバム「ワインの匂い」のジャケットを撮影した)

Re
正義は勝つ
Yes-No
キラキラ
YES-YES-YES

明日

僕ら
言葉にできない

・Encore
全力少年(with スキマスイッチ)

またたく星に願いを
君住む街へ

大好きな君に

・2nd Encore
愛を止めないで

そして今も

キラキラ
たしかなこと(観客と合唱)
・INST