ブログネタ
小田和正 に参加中!
(Vol.3より)
アンコールは大抵2回。
ここにはアンコールが3回あった、12/21 名古屋レインボーホールの曲順の掲載。
「夏の日」「真夏の恋」といった野外ライブ向けの楽曲が先行して歌われたり、「Oh!Yeah!」といったナンバーも歌われた。
ゲストのうち、ムッシュかまやつさん、ゆず、スキマスイッチ、星野仙一さん、そして「クリスマスの約束」中居正広さんはアンコールで登場した。

・ファーストアンコール
E-1. だからブルーにならないで
アルバム「MY HOME TOWN」収録。

E-2. またたく星に願いを
アルバム「MY HOME TOWN」収録。必ず歌われた1曲で、マイクを持って花道を駆け回る小田さん。

E-3. 君住む街へ
オフコースのラストアルバム「STILL A LONG WAY TO GO」に収録され、後に「LOOKING BACK 2」でセルフカバーされたメッセージソング。この曲もライブで必ず歌われており、台湾公演では北京語バージョンで歌われた曲。最初はメインステージでギターを弾きながら歌っていた小田さんも、ツアー後半ではハンドマイクを持って花道を歩きながら歌っていた。演奏の最後にバンドメンバーが紹介される。

E-4.大好きな君に
ツアータイトルにもなったアルバム「そうかな」収録のバラード。必ず歌われた1曲で、小田さんの弾くピアノとシンセサイザーで、シンプルにしっとりと歌われる。


・セカンドアンコール
E-5. 愛を止めないで
オフコースの代表ナンバーのひとつ。演奏はアルバム「LOOKING BACK」バージョン。

E-6. キラキラ
ベストアルバム「自己ベスト」より。この日2回目の演奏で、花道を駆け回る小田さん。この曲と同じように「Yes-No」もアンコールで演奏されることが多かった。

E-7. そして今も
アルバム「そうかな」のエンディングを飾るバラード。ライブではジャジーなピアノのイントロからはじまり、最初は小田さんの弾き語り、途中からバンドメンバーが参加して奏でられる。


・アニメーション
「大好きな君に」のインストに載せて、小田さんが乗った気球が飛ぶ。
気球は雨にも振られるが、やがて晴れ、たくさんの気球と交差したあと、虹の麓へ。
そこに浮かび上がるメッセージ「きっと、また会えるね」

・サードアンコール
E-8. たしかなこと
ここでは小田さんの誘いで、観客のみんなが合唱。

E-9. ラブ・ストーリーは突然に
アルバム「Oh!Yeah!」など収録。花道を走りながら歌う小田さん。