ものづくりに対する、執念とも言えるこだわりを感じた。
それは「みんなのいえ」でも貫かれたメッセージ。

その意味では、「古畑任三郎 FINAL」のある一話と「THE 有頂天ホテル」は共通したメッセージがある様に思う。

王道の喜劇の中にメッセージを込める。
この辺の三谷脚本の手腕はお見事。