ブログネタ
小田和正 に参加中!
←「ラブ・ストーリーは突然に」初収録アルバム「Oh!Yeah!」

1989年2月26日、オフコースは東京ドームでのライブ「the night with us」を最後に解散した。
オフコース解散を期に、小田和正はソロ活動を本格的に始動する。
同年5月、個人事務所「Far East Club」設立。その名前は、「極東で音楽をがんばっているアーチストがいるんだ」という小田の心意気が顕れたものだった。

解散後、小田の最初の音楽活動は、鈴木雅之「別れの街」のプロデュースであった。
ポップスの小田とソウルの鈴木、一見ミスマッチの組み合わせは、鈴木のラブコールに小田が応えた結果であった。
そしてこれもまた、「オフコースの時とは違った音楽活動をする」という小田の意思表示でもあった。

1989年10月、小田はシングル「Little Tokyo」をリリースする。個人レーベルと同じタイトルの楽曲は、ラブソングでありながら、小田のソロ活動への決意表明ともとれる歌詞であった。この曲は、前年のソロ作品「goodtimes & badtimes」に代わって、小田自身が出演したネスカフェのCMソングに起用された。同年11月、クリスマスソング「君にMerry Xmas」をシングルとしてリリースする。
翌1990年、シングル「恋は大騒ぎ」をリリース。オフコース時代とは明らかに違うタイトルが付された楽曲は、モータウン調という小田の従来の楽曲とは一線を画したサウンドであった。同曲は第一生命のCMソングに起用される。

そして1990年5月、ソロとしては三作目のアルバム「Far East Cafe」をリリースする。
小田が「今までにないテンションで作られた」とコメントするこのアルバムは、1曲目にラテン調の「勝手に寂しくならないで」を置いたことで、「オフコース=小田和正ソロ」ではないことを示していた。それを示す様にアルバムに収録された曲では、オフコース時代を彷彿させる楽曲から「Little Tokyo」「恋は大騒ぎ」まで、多彩なサウンドが展開された。
そして歌詞は、オフコース時代の切ないニュアンスを残しつつ、メッセージ性も織り込まれるようになった。
アルバムはオリコンチャート1位を獲得。同年同月、初のソロツアー「Far East Club Band K.ODA Tour 1990」も成功裏に終わる。
そのツアー中、新曲が2曲書き下ろされる。後に「Far East Club Band Song」となる楽曲、そして「Oh!Yeah!」であった。

この頃、小田和正に一つのタイアップのオファーが来る。

柴門ふみ原作、フジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」

このタイアップに対し、小田は最初「Far East Club Band Song」の原曲を提供しようとする。
しかし明るいこの楽曲は、ドラマプロデューサーの求めていたものではなかった。

オフコース時代の切ない感じが欲しい。

そのプロデューサーの要求に応じて、小田はアップテンポながら切ないラブソングを書き下ろす。その楽曲は「東京ラブストーリー」のお仕事が突然に来た、ということから「ラブ・ストーリーは突然に」とタイトルされた。
当初小田は、シングル曲を念頭に書き下ろされた「Oh!Yeah!」のカップリングに「ラブ・ストーリーは突然に」を収録するつもりだった。しかしスタッフの説得で、両A面シングルとしてリリースされる。

1991年2月6日、シングル「Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」発売。
大ヒットドラマを引き立てていたこの楽曲は、発売日のうちに初回出荷80万枚をほぼ売り切り、オリコン初登場1位を獲得、CDシングル初のダブルミリオンを達成する。
そして発売枚数は250万枚超え、その年のオリコン年間チャート1位を獲得する。
「ラブ・ストーリーは突然に」はソロとしての小田和正をアピールし、彼の代表曲となる共に、ドラマと音楽のタイアップによるメガヒット時代の象徴的楽曲となる。

小田は後に「Far East Cafe」を制作した結果として「ラブ・ストーリーは突然に」が生まれた、とコメントしている。

「Far East Cafe」の収録曲は、その後の小田和正ソロライブでも「勝手に寂しくならないで」「春風に乱れて」「恋は大騒ぎ」「Little Tokyo」「goodtimes & badtimes」などが歌われるなど、エヴァーグリーンな存在となっている。

・収録楽曲
1. 勝手に寂しくならないで
2. 春風に乱れて
3. 16号を下って
4. 君が戻って来るなんて
5. Far East Cafe
6. 恋は大騒ぎ
7. Little Tokyo
8. time can wait
9. goodtimes & badtimes
10. あの人に会える
全曲作詞作曲 小田和正

・ヒットへの助走 Index