電気用品安全法(PSE法)というものが、この4月に施行されます。

電気製品に安全確認マーク「PSEマーク」を付けて製造・販売を義務付けるものです。
そして、2006年4月以降からは「PSEマーク」の表示がない製品の販売は、通常の流通ルートにのせられなくなります。
安全確認されていない電気製品の駆逐が目的と言うことですが…

実は、この法律の対象となる電気製品には、電気楽器、電子楽器、音響機器も含まれます。
シンセサイザー・キーボード・ギターアンプ・レコーディング機器・ターンテーブル・ジュークボックス・旧式メディアの再生機など、電源トランスを内蔵している製品が対象になるのです。

当然、その中には生産中止になった名器(ビンテージ楽器)も対象になります。
これらビンテージ楽器には当然のごとく「PSEマーク」は無く、そして「PSEマーク」の代わりとなる自主検査でも、経済産業省が発表している検査の基準値を満たすことは不可能に近い状態です。

つまり、ビンテージ楽器が日本国内で流通出来なくなるのです。

ハモンドオルガン・moog・プロフェット5・YAMAHA DX-7など、日本のミュージックシーンを支え、今だステージ・レコーディングで現役のビンテージ楽器が流通出来なくなるのです。
このために、老舗の楽器店が相次いで中古楽器の取り扱いを止めています。
つまりミュージシャン・音楽愛好者が、これらのビンテージ楽器を入手する手段を失うことになるのです。

…おかしいと思いませんか?
一方で首脳部が「自己責任」と言いながら、文化面での「自己責任」を認めない日本という国。

この法律をおかしいと思った方。

日本での音楽シーンの発展を願う方。


ぜひ以下のサイトでの署名をご検討下さい。

電気用品安全法(PSE法)に対する署名

発起人:坂本龍一・高中正義・椎名和夫・松武秀樹(日本シンセサイザープログラマー協会)

関連記事はこちらをクリック