ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORKの2ndアルバム、1985年リリース。

タイトルはアーサー・C・クラークのSF小説「幼年期の終わり」からのもの。
そのタイトルが示すように、デビュー前の曲から先行シングル用に書き下ろされた「ACCIDENT」まで網羅したアルバム。
サウンド的には全曲のベースパートをシンセで演奏する一方、ライブのサポートメンバーでドラム担当の・山田ワタル(FENCE OF DIFFENSE)が、ギタリスト・吉川忠永氏が「ACCIDENT」に参加しているのも注目点。

「シンセサウンドで何を目指すか?」という当時の彼らの試行錯誤が垣間見えるものの、アルバムとしてのトータリティーは失っていない。
後にシングルカットされる「DRAGON THE FESTIVAL」のような、ダンサブルかつファンタジーな曲も含まれており、その後のTM NETWORKの展開を予感させる作品でもある。
TM NETWORK 初のタイアップ「FANTASTIC VISION」も、このアルバムに収録されている。

松井吾郎が「ACCIDENT」の作詞を担当する点も注目。
また再結成後のライブでも演奏された「永遠のパスポート」が示す様に、夏の香りを漂わせる作品である。

TM NETWORK
「CHILDHOOD'S END」
1.CHILDHOOD'S END
2.ACCIDENT
3.FAIRE LA VISE
4.永遠のパスポート
5.8月の長い夜
6.TIME
7.DRAGON THE FESTIVAL
8.さよならの準備
9.INNOCENT BOY
10.FANTASTIC VISION
11.愛をそのままに