元ニュース

伝統あるイベントが終幕を迎えるのは、一抹の寂しさを感じます。

さだまさし「夏・長崎から’89」