→「ap bank fes '06」終演にあたって←
(櫻井氏及び小林氏のメッセージ掲載)

"ap bank fes"の"ap"は"artist's power"の略である。

筑紫哲也 NEWS 23 での特集「ap bank それから」で、その基本形を思い起こさせられた。

音楽のチカラを信じるアーチスト達による、社会貢献の一つの形「ap bank」
その啓蒙活動を兼ねた"ap bank fes"と「to U」

「同じ時代」を生きるものとして、「あなたに」「伝えたいことがあるんだ」
「生まれ来る子供たちのために」、「奇跡の地球」をどう受け継いでいくか…

その事を、時折でもいいから思うことにしよう、少しでも動いていこう。

それが、"artist's power"を直に受けた、僕らリスナーの"power"であると思うから…


「to U」は櫻井さん+Salyuさん+小林さんのピアノ+ストリングスによるアコースティックバージョン。
CDよりも、心により深いしみこみ方をするアレンジだったからこそ、そんな感じがしたのかもしれません。

あるいは当初アーチストが集っての「to U」リリースを考えていた小林さんが、シンプルにメッセージを伝えるために櫻井さん+Salyuさんという当初のスタイルに戻してのリリースにした、というインタビューを聞いたせいかもしてません。

ap bank 公式サイト
皆さんも是非御覧下さい。

今回は色んな事を考えました。

真面目な話は以上。
(通常モードの感想は「続きを読む」参照)

関連記事
Bank Band with Salyu 「to U」
ap bank fes' 06 2日目参加
音楽のリサイクル 〜Bank Band〜
Bank Band、オフコース「生まれ来る子供たちのために」カバー

ASKA
「ASKA the BEST」
(「同じ時代を」をはじめ、ap bank fes'06で披露した曲全曲収録)

小田和正
「自己ベスト」
(「伝えたいことがあるんだ」他、ap bank fes'06披露曲収録)

桑田佳祐
「TOP OF THE POPS」
(「奇跡の地球」収録)

Bank Band with Salyu
「to U」
c/w「生まれ来る子供たちのために」
番組ではap bank fes'06のダイジェスト、ap bank融資先等の紹介、そしてアコースティックバージョンの「to U」が披露。

アーチストはほんの一部がオンエア。
「奇跡の地球」がちょっとでも聴けたのが嬉しかった。
小田さんの「お待たせしました〜♪」が入るとは思わなかった。
「言葉にできない」もいいけど、ここは「生まれ来る子供たちのために」をチョイスして欲しかったね。
その意味でASKAの「同じ時代を」はいいチョイスだったと思います。

今年も是非「ap bank fes」のDVDを出して欲しい。
出来れば各アーチスト2曲ずつぐらいで。