ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
この曲を取り上げるか結構迷っていたけど、Japanese Music 〜現在・そして未来へ〜でこの曲の話が出てきたので、取り上げることにしました。

1998年にリリースされたこの楽曲は、ちょうどオープンスタイルだった西武スタジアムが、現在の「西武ドーム」に変わる時であった。
1986年から毎年夏に西武スタジアムでライブを開いてきた渡辺美里にとっては、大きなターニングポイントである。

その事を踏まえてつけられたタイトルと歌詞は、太陽のきらめきと時の流れの切なさとが込められている。
楽曲は「夏が来た!」「10 years」など、美里に名曲を提供してきた大江千里との共作で作られ、コーラスには西武ライオンズの選手も参加。
彼女の一種の集大成的な作品とも言える。