ブログネタ
小田和正 に参加中!
「風のように」は1997年、小田和正第二回監督作品「緑の街」の劇中歌として書き下ろされた。
秋を舞台に、ラブソングの中に自分の信念を織り込んでいく、小田和正らしい歌詞。そのアレンジはギターを軸にしたバンドサウンドであった。
映画では、河合我聞がこの曲を歌っていた。
同年、映画主題歌としてリリースされたシングル「緑の街」のカップリングとして、小田和正が歌ったバージョンが収録された。
このトラックのアレンジは、映画で用いられたアレンジと同じものであった。


1997年9月、映画公開と連動する形でスタートした「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」で「風のように」が披露された。
その演奏はCD収録版から一新、ピアノ弾き語りを軸に歌い上げ、最後にバンドが参加して盛り上げるバラードとなっていた。
2000年にリリースされたアルバム「個人主義」には、「風のように」のライブ音源が収録された。


この曲はファンの支持が根強く、2000年の横浜八景島でのカウントダウンライブ「ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」でもキーボード弾き語りで披露された他、2002年にリリースされたベストアルバム「自己ベスト」にもライブバージョンが収録されている。