ブログネタ
小田和正 に参加中!
1988年にリリースされた小田和正2枚目のソロアルバムは、大間ジローとの共同プロデュース作品。

前作「K.ODA」制作時に小田が習得したキーボード・サウンドの習作的色合いが強い作品。
小田・大間の他は、Bill Schnee(ミキサー)・Dan Huff(ギター)・山本潤子(コーラス)の参加を仰いでいる程度。

アルバムには新作と共に、小田和正が買った最初のレコード「moon river」や、オフコース最初期の作品である「僕の贈りもの」のカバーが収録されるなど、小田自身の持つ音楽性に向き合っているところが見受けられる。
そのサウンドはピアノ主体で、大人の香りのする仕上がりとなっている。

第一生命「リード21」のCMに起用された「僕の贈りもの」は、アルバムと同時にシングルカットされる。
そして後に「between the word & the heart −言葉と心−」はテレビ朝日系「渡辺篤志の建物探訪」テーマ曲として起用される。

また「ためらわない、迷わない」は、初のカウントダウンライブ「ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」をはじめ、折々のライブで披露されている。

小田和正
「BETWEEN THE WORD & THE HEART」
1. a song of memory
2. 僕の贈りもの
3. 静かな夜
4. I miss you
5. 一枚の写真
6. 誇れるのはたゞ
7. in the city
8. between the word & the heart −言葉と心−
9. ためらわない、迷わない
10. moon river