ブログネタ
小田和正 に参加中!
1996年にリリースされたオフコースのセルフカバーアルバム。

1993年にリリースされた「緑の日々」から取り組んできた、小田和正のセルフカバー作品の集大成的存在でもある。
これまでシングルのカップリングとして収録されてきたカバー曲に加え、新たに「愛を止めないで」「秋の気配」等をレコーディングしている。

1曲目のみソロ・オリジナル作品「君との思い出」が収録された。これは「過去を肯定的に見つめつつも、直せるものは直す」という、今回のアルバムに託されたテーマ「LOOKING BACK」を表現した曲であることによるもの。
そのテーマを考えると、アルバム制作以前にセルフカバーされた曲ではあるが、そのテーマに近い「昨日 見た夢」「緑の日々」が収録されたことは興味深い。

2曲目以下はオリジナルが作られた順に、時代をさかのぼるように収録されている。
「Yes-No」「僕の贈りもの」のように大胆にアレンジを変えたものもあれば、「もっと近くに」「やさしさにさようなら」のように歌詞を変えたものもある。
「愛を止めないで」「秋の気配」はファンに人気の高い曲、ということで収録された面もあるが、数々のライブを経てこのようなアレンジへと変化した感じも受ける。

サウンド面では「風に吹かれて」「夏の終わり」「やさしさにさようなら」でアコースティックギターを主体にしたアレンジに仕上がっている点が特色。

このアルバムのテーマ「LOOKING BACK」は、その後、映画「いつか どこかで」の再編集、第二回監督作品による映画「緑の街」、ベストアルバム「伝えたいことがあるんだ」まで連なってゆく、小田和正を語る重要なキーワードとなる。

ジャケットの「音符の振り子」は小田和正のアイデア。

またこのプロモーション用として、小田和正が横浜を中心に撮り下ろしたビデオ「LOOKING BACK」(Far East Cafe Press 会員向けビデオ「Life-Size」に完全収録)や「横浜マップ」(横浜各地で無料配布)が制作された他、この年の7月に開かれたパワーステーションでのライブはこのアルバムタイトルが冠された。

小田和正
「LOOKING BACK」
1. 君との思い出
2. 昨日 見た夢
3. もっと近くに
4. 緑の日々
5. Yes-No
6. 風に吹かれて
7. 愛を止めないで
8. 夏の終り
9. やさしさにさようなら
10. 秋の気配
11. 僕の贈りもの