ブログネタ
小田和正 に参加中!
ギタリスト・吉川忠英さんプロデュースによる、ヤマハギター生誕40周年の記念イベント。

事前告知のゲストである石田長生・渡辺等・山本潤子・矢井田瞳・小田和正の他に、もう一方ゲストがいらっしゃいました。

大阪公演もあるので、詳細は「続きを読む」参照。
(かなり殴り書きなのでご注意下さい)

参考記事:スポニチデイリースポーツ(写真付)

Song For Memories
「Ellys Green」
(山本潤子参加)
矢井田瞳
「IT'S A NEW DAY」(初回限定盤・DVD付)
小田和正
「そうかな」
最初に流されたのは、中島みゆき・南こうせつ・石川鷹彦・さだまさし・ゆずからのメッセージ。

ライブはプロデューサーでもある吉川忠英さんのソロ曲からスタート。
石田長生さんとのツインギターを披露した後に、矢井田瞳登場。
18才の時、大阪・千里中央のヤマハにギターショップにやっとためたお金を握りしめてギターを手に入れたというヤイコは、忠英さんと「My Sweet Darlin'」、弾き語りソロで新曲「キッチン」を披露。
渡辺等さんのソロ演奏を経て、本日のサプライズゲスト・加藤和彦さん登場。
加藤さんは、ギター風三線を手に忠英さんと「悲しくてやりきれない」を披露。
続いてはアコギに持ち替えて「帰ってきたヨッパライ」も。
結構贅沢なセッションでした。

ここで山本潤子さん、そして小田和正さん登場。
忠英さんと潤子さんは、潤子さんが「赤い鳥」時代に会っていて
大阪でのイベントで再開してから
ヤマハ・ライトミュージックコンテストで同じ年の1位(潤子さん)と2位(小田さん)だったというエピソードを挟んでから、忠英さん&渡辺さんと共に「卒業写真」を演奏しようとするが…
1回目は譜面台についていたライトの点灯具合を気にした小田さんが演奏をストップ、2回目は忠英さんが弾き損ね、3度目でようやく演奏へ。
久しぶりに聞く「卒業写真」での潤子さん&小田さんのコーラスワークは素敵でした。
この後は忠英さんと小田さんの二人になって、アコギ2本で小田さんの「たしかなこと」を披露。
僕はさほど気がつかなかったのですが、忠英さん、ミスったことを演奏後に告白していました。
そして潤子さん・渡辺さんが戻って、4人でPPMのナンバー演奏。
曲は「Blowin' In The Wind」「A Soalin'」の2曲。

この後、加藤さん、石田さん、矢井田さんと、本日出演の7人がステージ上に勢揃いして、忠英さん作曲、ヤイコ作詞による、このライブのための曲「僕らのギター」を披露。
続いての曲を披露しようとするが、加藤さんのギターがなかなか納得できるチューニングにならない。その間、小田さんが「加藤さんがリハーサルに来なかったが、今日来てリハーサルを聞いて、感慨深いものがあった」というMCでつなぐシーンを経て、「あの素晴らしい愛をもう一度」へ。
潤子さんとヤイコのツインボーカルなんて、貴重じゃないかしら?なかなかいい感じでしたよ。
そして「翼を下さい」。実はこの時も演奏スタート直後に潤子さんのギターのストラップがとれて演奏が中断するハプニングも。今度は忠英さんと加藤さんがフォローのトークをしてました。
最後は7人が肩を組んで挨拶して終了。

アットホームなライブでした。