ブログネタ
小田和正 に参加中!
1987年、オフコースのツアー「as close as possible」のラストを飾る日本武道館。
終演後の熱気さめやらぬ会場で、そのバラードは初めて流された。

その曲のタイトルは「君住む街へ」
オフコースのメンバーが交互にボーカルをとるスタイルをとった優しいメッセージ・ソングは、作詞作曲した小田和正によると、ツアー中にメンバーで話し合って生み出した作品だという。

「君住む街へ」は、ツアーのライブビデオ収録を経て、1988年にシングル化。
あわせて冬の北海道、そして三浦半島のレストランを舞台にしたビデオクリップも作成された。
同年発売のアルバム「STILL a long way to go」のオープニングを飾り、アルバムと同名のツアーの本編ラストを飾った。

オフコースは、このツアーの最中、1989年2月での解散を発表する。

「君住む街へ」はオフコース解散の象徴的な曲となり、翌年発売されたベストアルバムにはこの曲が冠された。
そしてオフコースのラストライブ「the night with us」でも歌われた。

ソロになってから、小田和正は一時期「君住む街へ」をあまり歌わなかったが、1995年のツアー「FUN MORE TIME!」以降はアンコールを中心にこの曲を歌うようになる。
そして2001年、オフコースのセルフカバーアルバム「LOOKING BACK 2」のラストナンバーとして収録され、翌2002年のツアー「Kira Kira」では本編最後を飾った。

今も小田和正のライブに欠かせない1曲である。

関連:
オフコース「STILL a long way to go」

オフコース「君住む街へ 1984-1988」

オフコース 1989.2.26「the night with us」東京ドーム

小田和正 「LOOKING BACK 2」

オフコース
「STILL a long way to go」

オフコース
「君住む街へ 1984-1988」

小田和正
「LOOKING BACK 2」