ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根さんの今年の目標「ソロ50本ライブ」の49本目、ということで、「日本青年館(最終日会場)の前夜祭」と称して行われた今日のライブ。

会場である吉祥寺スターパインズカフェは、昨日でちょうど10才。
最多出場者の一人が木根さんだそうです。

メインゲストは間慎太郎さん。
さらに本名陽子さんと籐子さんが参加するという贅沢なものになりました。

間慎太郎さんは、あの間寛平のジュニア。
実は間さんが思いついたという「血ぃ吸うたろか」のエピソードからはじまり、忌野清志郎の影響を受けて音楽をはじめたこと(で、いきなり木根さんのリードで、予定外の「雨上がりの夜空に」披露へ)、学生時代「Get Wild」のドラムを担当したら、親友のボーカルから「お前、ボーカルの邪魔」と言われたこと、といったエピソードが披露されました。

その間さんが好きだという本名陽子さんの「カントリー・ロード」
本名さんが二人の共通の知人であったことに加え、本日のライブを見に来ていたことから、ステージに呼ばれてこの曲を歌うことに。
でも、二人が練習していたキーとは違っていたため、急いで本名さんのキーに合わせる木根さんと間さん。本名さんの呼びかけにも答えず、真剣に集中して修正していました。
(間さんは自分のライブで本名さんをステージに呼び込んだ時も、キーを間違えたらしい…)
ちなみに木根さんも間さんも自分のキーを意識していないとのこと。弾き語りとボーカルの違いではないかという結論に達してました。

二人の共演の最後を飾った TM NETWORK ナンバーは間さんのリクエスト。イントロが印象的だそうです。

木根さんのソロトークは、台風の日、森口博子さんと一緒に氷川きよしさんの誕生パーティーに行った話と、今後の予定。
TM NETWORK の方は、小室さんから何故か人づてに「3曲作ってくれ」と注文が来たそうで、どうやら11月以降も期待していいようです。

そしてアンコールに登場したのが籐子さん。
わざわざコーラスだけのために参加しました。
(籐子さんのブログを読むと、彼女がこの曲がお好きなんですね)

曲順は「続きを読む」参照

参考:
間慎太郎オフィシャルサイト

本名陽子ブログ

籐子公式サイト


関連記事:
木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
(2007.2.4 吉祥寺)

木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
5/6 吉祥寺


木根尚登 CONCERT 2007 Talk & Live 番外篇 Vol.7
7/1 渋谷



木根尚登
「道」

間慎太郎「シンプルマン」

本名陽子
「カントリー・ロード」

籐子
「籐子」

Bless This Love
※台風坊主(ウツ木根アマチュア時代の曲 さわり)
君への道
Collection
桜ヶ丘
ここにある未来

淋しん坊の絵描きさん(間慎太郎)
※雨上がりの夜空に(さわり)
桜の咲く頃に(間慎太郎)
カントリー・ロード(本名陽子 with 間慎太郎)
Still Love Her (with 間慎太郎)

観覧車
ホントの君 ウソの君(ピアノ)
Seasons (ピアノ)
MY BEST Friend (ピアノ)
空へと続くロマンチック(ピアノ)
青空(ピアノ)

・Encore
We are starting over
※ Children of The New Century (Vo.籐子 さわり)
Remember Me (with 籐子)