ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1991年、「We Love The EARTH」に続いてカメリア・ジュエリーマキCMソングとして書き下ろされた曲。
「We Love The EARTH」と同様にハウスを基調としながらも、同曲とは対照的に切なげで緊迫感あふれるサウンドとなった。
そして小室哲哉が書いた歌詞は、危機にある恋人への思いを込めたメッセージソングであった。

この曲は同年5月、「We Love The EARTH」と共に、両A面シングルとしてリリース。
シングルは「Get Wild」「Seven Days War」等の売上を抜き、TM NETWORK 〜 TMN 史上最高の売上枚数となる。
「ラブ・ストーリーは突然に」「SAY YES」をはじめ大ヒット曲の多かった1991年において、年間チャートの9位に食い込むことで、TMN の代表曲的存在となる。

同年発売のアルバム「EXPO」にはシングルバージョンが収録される一方、同アルバム購入者の抽選特典として、この曲の別アレンジ(クラブミックス)を収録したCDが発表される。
この曲のクラブミックスは、その後プロデューサーとしてダンスサウンドでのヒットを飛ばす小室哲哉の源流とも言える。

その後も、ライブアルバム「COLOSSEUM II」にEXPOのライブバージョンが、「CLASSIX 2」には小室哲哉によるリミックスバージョンが収録。
1994年の終了ライブにも演奏され、同年発売のベストアルバム「BLACK」「RED」、1996年リリースの「TIME CAPSULE」にも収録された。

一方、1999年の再始動直後は、この曲はあまり演奏される機会に恵まれなかった。
しかし2003年「TM NETWORK tribute LIVE」で演奏されると共に、同年のファンクラブイベントでこの曲のトランスバージョンが発表される。
このトランスバージョンは翌2004年リリースのアルバム「NETWORK -Easy Listening-」に収録された。
また同2004年リリースのファンセレクション「Welcome to the FANKS !」には、ファン投票で選ばれたオリジナルバージョンと共に、トランスバージョンがアルバム初収録された。

2007年、TM NETWORK「REMASTER」渋谷・日本武道館公演でも、この曲は演奏されている。

関連記事:
TMN (TM NETWORK) 「We Love The EARTH」

TMN「EXPO」

TMN「COLOSSEUM I・II」

TMN「CLASSIX 1・2」

TMN「BLACK」「RED」「BLUE」

TMN final live LAST GROOVE (CD Version)

TMN「TIME CAPSULE」

TM NETWORK 「NETWORK -Easy Listening-」

TM NETWORK 「Welcome to the FANKS !」

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III-

TM NETWORK -REMASTER-

TMN
「EXPO」

TM NETWORK
「NETWORK -Easy Listening-」

TM NETWORK
「Welcome to the FANKS!」