ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
TM NETWORK DOUBLE-DECADE “NETWORK” in YOKOHAMA ARENA
2004.4.21 横浜アリーナ
1. SCREEN OF LIFE
2. Rythm Red Beat Black
3. Kiss You
4. Be Together
5. Get Wild
6. 10 Years After
7. We Are Starting Over
8. Telephone Line
9. 1974
10. JUST ONE VICTORY -OFFENSIVE VERSION-
11. TIME TO COUNT DOWN -LABO MIX-
12. Self Control
13. LOVE TRAIN -EXTENDED MIX-
14. TAKE IT TO THE LUCKY 〜金曜日のライオン〜

Encore
15. Night of The Knife
16. PRESENCE
SE. SCREEN OF LIFE -Instrumental-


DOUBLE-DECADE TOUR“NETWORK”
1. TIME TO COUNT DOWN -LABO MIX-
2. SCREEN OF LIFE
3. Rhythm Red Beat Black
4. Kiss You
5. All-Right All-Night
6. Come on Everybody
7. Fool on The Planet
8. 10 Years After
9. JUST ONE VICTORY -OFFENSIVE VERSION-
10. TAKE IT TO THE LUCKY 〜金曜日のライオン〜
11. LOVE TRAIN -EXTENDED MIX-
12. Be Together
13. Get Wild
14. Self Control
15. PRESENCE

Encore
16. Nights of The Knife
SE. Dawn Vallry


TM NETWORK デビュー20周年記念ライブは、デビュー日当日の4.21横浜アリーナ、TMN 終了ライブ(1994.5.19)の翌日からはじまる全国ホールツアー、そして15年ぶりの日本武道館の三部構成となっていた。
ここに取り上げたのは、横浜アリーナとホールツアーライブである。

横浜アリーナ・ホールツアー共に、ステージ上のミュージシャンは TM NETWORK の3人とギタリスト・葛城哲哉の4人だけ。ボーカルとギターを除いた全ての音を小室哲哉のシンセサイザーが担うという、デビュー当時に小室が考えていたライブスタイルを実現したものだった。

サウンドも、ニューアルバム「NETWORK -Easy Listening-」の曲に代表されるトランス色の濃いもので、「JUST ONE VICTORY」はアレンジが一新されていた。
その一方で「10 Years After」「Telephone Line」「Self Control」「Nights of The Knife」「Fool on The Planet」といったナンバーは、オリジナルに近い感じで演奏されている。

その後、横浜アリーナのライブ映像は、日本武道館ライブと共に2枚組DVDとしてリリースされている。

SCREEN OF LIFE -Extended Mix-



NETWORK -Easy Listening-NETWORK -Easy Listening-
TM NETWORK

TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK" [DVD]
個人的には横浜アリーナよりホールツアーの構成の方が、気持ち的にかなり盛り上がった覚えがあります。
トランスアレンジの完成度もアリーナよりホールの方がかなり高かった、という記憶があります。