ブログネタ
小田和正 に参加中!
1991年、小田和正は映画「いつか どこかで」を撮影するが、その主要ロケ地のひとつが北海道・豊頃町であった。
オフコース「緑の日々」のプロモーションビデオでも使われた湧洞湖の近くにセットを組み立てるなど、ロケは大がかりなもので、映画のエンディングはここで撮影された。
そして映画撮影中の風景は、第一生命のCM「いつか どこかで」編(BGM:いつか どこかで)に用いられている。

その後、1993年にファンハウス札幌スタジオ(現・芸森スタジオ)が完成すると、小田は度々ここでレコーディング作業を行うようになる。
中にはこのスタジオで作られた曲もある。小田は「また、春が来る」(アルバム「個人主義」収録)を、このスタジオから見えた雪景色をヒントにしたという。

また「woh woh」(アルバム「個人主義」「自己ベスト」収録)のビデオクリップは、このスタジオ近く(千歳市)の雪景色の中で撮影された。
2005年に小田自身が久しぶりに出演したトヨタ・アリオンのCMが、札幌で撮影している(CM曲は「Re」、アルバム「そうかな」収録)。

小田和正
「sometime somewhere」
小田和正
「個人主義」