ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田さんから「今日のことは、あちこちに書き込まないでくれ」との要請があったので、セットリストやライブの核心に触れるトークのネタバレは控えます。

というのも、予想通り今回はドームツアーのゲネプロ(リハーサル)ライブでした。

「ドームで、観客の皆さんが『おおっ!』って驚いて欲しい」
小田さんのその想いを、今回は大事にしたいと思います。
(つまり「今日も どこかで」ツアーとは曲目が変わります。ちなみに「出題範囲」は、ツアー同様「僕の贈りもの」から「今日も どこかで」までです)

黒と灰色のチェックのVネックセーターを着た小田さんは、知り合い曰く「普段着姿」。
そんなラフな雰囲気を醸し出しつつ、観客の反応を伺う感じの2時間半でした。
小田さんも観客からの質問に答えたりしたこともあり、アットホームな空気が会場を包んでいました。

小田さんご本人も「リハしていると歌詞を間違えることが多いんだけど、それがあたりまえになると本番で間違えそうでまずい」「ライブやっておいて良かった」なんてお茶目なコメントを残しています。

「特に曲順を決めていないんだ」というコメントが示すとおり、その場で曲を決める時もありました。
それと意外にも(?)定番曲が2曲ほど披露されませんでしたが、定番曲なのでドームでは演奏されると思います。

また「今日も どこかで」ツアーよりもライブの時間が30分ほど短かったので、個人的には他の曲も追加されると推測しています。
ちなみにオープニング・エンディングの映像は、今回は明かされませんでした。

リハーサルと言うこともあって、小田さんが歌詞を間違える曲もあって、丸々やり直した曲もあり…
でも、小田さんの歌い間違えが観客の合唱を呼び込む切っ掛けとなった曲もあって、まさに「怪我の功名」的な感動シーンもありました。観客の合唱を見つめる小田さんの表情も、どことなく満足げな気がしました。

今日のライブのセットリストは、11/26 18:30(つまり東京ドーム初日の開演時間)に公開します。
その日のうちに東京ドームライブのセットリストを記事にする予定ですので、ご興味のある方は見比べてみて下さい。
(追記:セットリスト編

あと、ライブ参加者はタオル持参の方がいいかも(ぼそ)
(この演出、無くなりました)

最後に、私を含めたファン数名から、もしかしたらこのブログを見ているかもしれない小田さんorスタッフにリクエストを…

「ためらわない、迷わない」「風と君を待つだけ」「風の坂道」「風の街」「明日」のどれかを、是非セットリストに加えて頂けないでしょうか(ぼそ)

K.ODA TOUR 2008 特設サイト

関連記事:
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」
(ライブ関連記事集)

--------------------

小田和正 渋谷AX (2005.7.1)

K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』 & 『kira kira』 FINAL 〜東京からアジアへ〜 (2003.10 SHIBUYA-AX)

小田和正 "POWER STATION FINAL" & "THRU THE WINDOW ENCORE" (1998年)

小田和正 LOOKING BACK (1996.7.29 日清パワーステーション)

Kazumasa Oda life-size (1994年)

FAR EAST CLUB BAND 1991 (1991.5.18 日清パワーステーション)

今日も どこかで
小田和正「今日も どこかで」


セットリストネタバレでないけど、小田さんの気になるトークを3つばかり。

観客「『東京の空』はCDになるんですか?」
小田「いつかなると思うよ」
観客「えーっ!?」
小田「アルバム作るのに時間がかかるんだよ。曲作るの遅いし」

観客「朝までやりませんか!」
小田「朝まで?…体力のあるうちにまたやりたいね。…軽々しく言えないけど」

観客「映画は?」
小田「(客席に背を向けて)次行こっ」

ちなみに本文で触れた合唱曲は「君住む街へ」です。