ブログネタ
小田和正 に参加中!
今年最後の小田和正ライブ。

2曲目に「最後です!精一杯頑張ります!楽しんでいってください!」、最初のトークコーナーで「すばらしい思い出の夜を作りたいと考えております!朝まではやりませんが」と宣言したように、素敵な思い出になりました。

最初のトークコーナーでは「何故か全国のイベンター連中が来ています」「今日来た皆さんが、ファンの代表です」とコメントしてました。

「クリスマスの約束 2008」の収録が終わったことにも触れ、「これまで大阪は3月に放映されたりして虐げられてきましたが、今年は全国同じ時間に放映されることになりました」との報告がありました。(ちなみに12/25(木)23:30〜 TBS系で放映です)

「今年の誕生日にスタッフにもらった寄せ書きを、ここに来る前に読み返して感動した。一番多い声は『ずっと走り続けてください』だった」なんて話題も出てきました。


中盤のアコースティックコーナーでは、観客との合唱曲「僕の贈りもの」で、あえてキーを落として演奏したものの、「みんなのキーが俺はだめだ、どうやって歌っていいか分からない」とこぼしていました。

また「昔は、5組位が集まるコンサートがあって、文化の交流があった。そのコンサートで、(吉田)拓郎が『今日まで、そして明日から』っていう曲を歌う。どんな曲だろうと思ったら、それはそれは格好良くてね。あと、かぐや姫の『神田川』、はじめアルバムの中の一曲だったんだけど、反響がとても大きかったから、シングルカットされることになって。それを神田に近い共立講堂で、初めて聞いたら、会場がシーンと…、本当にシーンとしていてね。…いいですよ、他の人の歌に興味をもつというのは」という昔話も出てきました。

他にも、子供時代のエピソードに触れました。
友達の家のみそ汁の味が、自分の家の味とは違うのが不思議だったこと
小田さんは両親をお父ちゃん・お母ちゃんと呼んでいて、お父さん・お母さんと呼ぶ機会がないまま、オヤジ・オフクロと呼ぶようになったそうです。

あと、小田さんの「between the word & the heart 〜言葉と心〜」がテーマ曲として使われている「建物探訪」つながりで、渡辺篤史さんと対談することになったそうです。


ライブ後半では、ついに全力疾走した小田さん。
「ゲネプロで足を痛めて、足をかばっていたから、久しぶりに走ったら筋力が落ちていた」なんてぼやきつつ、「またドームを全速力で走りたい」とコメントしてました。

本編最後には、バンドメンバーから一人ずつ花束贈呈。

続いてアンコールには、入場時に配られた緑と青のサイリウムが会場を彩り、それを見た小田さんは「全く、いろいろ手を変え品を変え…」と感激していました。

そして「いやー楽しかった。年取ったら涙もろくなったから、なんとか泣かないようにしてたけど、楽しかった!どうもありがとう!」とおっしゃってました。

最後に「また会おうぜ!」と宣言してステージを降りた小田さんを、バンドメンバーとスタッフが胴上げして締めました。
で、小田さんの目には涙が…

--------------------

・セットリスト
※インストメドレー
(僕の贈りもの〜my home town〜the flag〜NEXTのテーマ〜goodtimes & badtimes〜ラブ・ストーリーは突然に〜遠い海辺〜YES-YES-YES〜風のようにうたが流れていた〜ダイジョウブ〜こころ〜今日も どこかで)
今日も どこかで
春風に乱れて
愛を止めないで
伝えたいことがあるんだ

僕らの街で
思いのままに
きかせて
さよなら
たしかなこと

恋は大騒ぎ
僕の贈りもの
(観客と合唱)
もう歌はつくれない
・メドレー
 夏の終り
〜眠れぬ夜
〜こころは気紛れ
〜風に吹かれて
〜やさしさにさようなら
〜between the word & the heart 〜言葉と心〜

生まれ来る子供たちのために
言葉にできない


※御当地紀行総集編

NEXTのテーマ〜僕らがいた〜
YES-NO
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
こころ
緑の日々

東京の空
(CD未収録曲)
さよならは 言わない
(書き下ろし新曲)

ダイジョウブ


・Encore
またたく星に願いを
YES-YES-YES
君住む街へ

忘れてた 思い出のように
今日も どこかで
ラブ・ストーリーは突然に
きっと同じ

※今日も どこかで(インスト)

--------------------

私以外のライブレポ紹介

K-Marineさん(初生小田レポ)

こゆりさん(詳細レポ)

つうさん(詳細レポ)

--------------------

オンステージシートに当たりました。
ドームセット独特の、メインステージから更に増設された部分のシートでしたが、私の座った場所は小田さんのステージの高さと同じなので、何度も等身大の小田さんが目の前を横切っていました。
何より個人的に好きな「僕らの街で」「思いのままに」「緑の日々」「YES-YES-YES」といった名曲達、そして「きっと同じ」を歌う小田さんの横顔が見られたことは、素敵な体験となりました。


小田さん、素敵なライブをありがとう。

きっと、また、いつか。

--------------------

K.ODA TOUR 2008 サイト

--------------------

関連記事:
KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー初日@東京ドーム
(セットリストに映像情報掲載)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー2日目@東京ドーム
(セットリストに収録アルバム等掲載)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー3日目

小田和正@横浜BLITZ (2008.11.17)
小田和正@横浜BLITZ セットリスト編

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 SET LIST

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」(記事集)



ダイジョウブダイジョウブ
小田和正

こころこころ
小田和正

今日も どこかで今日も どこかで
小田和正