ブログネタ
小田和正 に参加中!
「クリスマスの約束」も終わり、今年もあとわずかであるため、ドームツアー「今日も どこかで」のセットリストを振り返ろうと思います。

ただ記事が長いので、「追記を読む」をクリックして御覧下さい。

関連記事:
KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー初日@東京ドーム
(2008.11.26・セットリストに映像情報掲載)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー2日目@東京ドーム
(2008.11.27・セットリストに収録アルバム等掲載)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー3日目
(2008.12.6・セットリストに個人的コメント掲載)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」ツアー千秋楽
(2008.12.20・オンステージシート体験・他のブログのライブレポ紹介)

小田和正@横浜BLITZ (2008.11.17)
小田和正@横浜BLITZ セットリスト編

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 SET LIST

--------------------

ツアー特設サイト

--------------------

今日も どこかで今日も どこかで
小田和正
※セットリストはツアー最終日基準

SE.インストメドレー
(括弧はアニメで、現在の小田さんが、過去にタイムトラベルするもの)
・僕の贈りもの(小田薬局の前で記念撮影)
〜 my home town(聖光学院、野球にいそしむ小田さん、そして学園祭でのバンド演奏)
〜 the flag(東北大学 建築の勉強にいそしむ小田さん)
〜 NEXTのテーマ〜僕らがいた〜(ヤスさんとローカル線の旅を楽しむ小田さん。いつしか松尾さん、清水さん、大間さんが加わり、1982年の日本武道館ライブへ)
〜 goodtimes & badtimes(京都、CM出演時の小田さんに、現在の小田さんが傘を差し出す)
〜 ラブ・ストーリーは突然に(CD ジャケットのアニメ版&青木功さんとカートに乗るキャディ姿の小田さん)
〜 遠い海辺(映画「緑の街」撮影シーン)
〜 YES-YES-YES(八景島カウントダウン)
〜 風のようにうたが流れていた(「クリスマスの約束」)
〜 ダイジョウブ(「どんと晴れ」の舞台をめぐる小田さん)
〜 こころ(雨に降られる小田さん、雨上がりの水たまりを飛び越える)
※ここまではアリーナ&ホールツアーと同じアニメ
〜 今日も どこかで(ツアーで全国各地をめぐる小田さんのアニメ&写真。最後にはそりに乗った小田さんが夜空の中をドームに向かうシーン)
#この間に、小田さんはステージに登場。

今日も どこかで 1. 今日も どこかで
最新シングル曲。ドームのアリーナに三角形上に張り巡らされた花道をめぐりながら歌います。この曲はストリングス・カルテット参加。

Far East Cafe 2. 春風に乱れて
アルバム「Far East Cafe」他収録。メインステージや左右にめぐらされた花道をめぐります。ストリングス・カルテットはこの曲の前に一端ステージを去ります。

LOOKING BACK 3. 愛を止めないで
「LOOKING BACK」バージョン。この曲でも引き続き花道をめぐります。花道を降りて、ハンドマイクをお客さんに向けることもしばしば。

伝えたいことがあるんだ 4. 伝えたいことがあるんだ
ベストアルバム「伝えたいことがあるんだ」等に収録。2番は省略。小田さんはセンターステージに戻って、ギターを弾きながら歌います。

・MC・バンドメンバー紹介

5. 僕らの街で
KAT-TUN 提供曲のセルフカバー。「クリスマスの約束2006」で披露したバージョンと同じアレンジで、メインステージでギターを弾きながら歌います。


Three and Two 6. 思いのままに
オフコース「Three and Two」収録曲。アレンジはオリジナルのまま。

We are 7. きかせて
オフコース「We are」収録曲。アレンジはオリジナルのまま。小田さんは1塁側サブステージに移動して、ギターを弾きながら歌います。後半、スクリーンにはオフコース「We are」ツアー(1981年)のニューヨークの夜景、そして東京の夜景(撮り下ろし)が映し出されます。

SELECTION 1978-81 8. さよなら
オフコース・オリジナルがベース(「SELECTION 1978-81」等に収録)。本塁側のサブステージで、ギターを弾きながら歌います。

たしかなこと9. たしかなこと
シングル曲で、アルバム「そうかな」等収録。3塁側のサブステージで、アコギを弾きながら歌います。この曲からストリングス・カルテットが舞台に戻って演奏。

・センターステージに移動して、アコースティックコーナースタート。
このコーナーで、ストリングス・カルテットのメンバー紹介。
Far East Cafe 10. 恋は大騒ぎ
アルバム「Far East Cafe」他収録。アコースティックアレンジ・2番省略で披露。

僕の贈りもの 11. 僕の贈りもの
オフコース「僕の贈りもの」他収録。名古屋・大阪のみで行われた、観客との合唱コーナー。1番を会場の皆さんと合唱、というより、小田さんはアコギを弾くだけのシーンが多かったです。

LOOKING BACK 2 12. もう歌は作れない
オフコース時代の曲ですが、アレンジはセルフカバーした「LOOKING BACK 2」バージョン。

LOOKING BACK 13. 夏の終り
この曲からメドレースタート。オフコース時代の曲ですが、「LOOKING BACK」でセルフカバーされた曲。2番から歌います。スクリーンにはオフコース時代の写真が映し出されます。

ワインの匂い 14. 眠れぬ夜
オフコース「ワインの匂い」他収録。2番省略で披露。スクリーンにはオフコース時代の貴重な映像が流れます。

LOOKING BACK 2 15. こころは気紛れ
オフコース時代の曲ですが、アレンジは「LOOKING BACK 2」でセルフカバーしたバージョン。1番のみ。

LOOKING BACK 16. 風に吹かれて
オフコース時代の曲で「LOOKING BACK」でもセルフカバーしたバージョンで、1番を披露。

LOOKING BACK 17. やさしさにさようなら
セルフカバー「LOOKING BACK」で歌詞を手直しした2番を披露。

BETWEEN THE WORD & THE HEART 18. between the word & the heart 〜言葉と心〜
「BETWEEN THE WORD & THE HEART」収録曲。この曲でメドレー終了。

・グランドピアノに移動する小田さん

自己ベスト-2 19. 生まれ来る子供たちのために
オフコース時代の曲で、セルフカバーバージョンが「自己ベスト・2」に収録。ピアノ弾き語りで披露。後半に、オフコース「Three and Two」ツアー(1979-1980)年の時に、この曲で流された「青い海を渡るヨット」の映像が映し出された

LOOKING BACK 2 20. 言葉にできない
サブステージでのピアノ弾き語り+ストリングスという「LOOKING BACK 2」バージョン。後半、スクリーンにはオフコース「over」ツアー(1982年)の時に、この曲で流された「ひまわり畑の風景」が映し出された。
この曲のエンディングに乗って、小田さんステージを退場。

#御当地紀行総集編
小田さんが会場周辺をめぐる紀行もの。今回は「今日も どこかで」ツアーの総集編です。

NEXT SOUND TRACK(紙ジャケット仕様) 21. NEXTのテーマ〜僕らがいた〜
オフコース「NEXT SOUND TRACK」に収録された「5人のオフコース」“最後の曲”。メインステージに戻ってきた小田さんは、アコギを弾きながら歌います。

We are 22. Yes-No
オフコースバージョン(アルバム「We are」他収録)。この曲から小田さんはハンドマイクを持って、ステージ周りの花道を歩いて歌います。この曲からハンドマイクをお客さんに向けるケースが増えます。

Oh!Yeah! 23. ラブ・ストーリーは突然に
ベストアルバム「Oh!Yeah!」他収録。アリーナに降りた小田さんは、客席の間やスタンドとの境目部分をめぐり、時に客席にハンドマイクを向けながら歌います。

自己ベスト 24. キラキラ
ベストアルバム「自己ベスト」収録。引き続きアリーナとスタンドの境目で歌う小田さん。この曲の最後には、この曲のビデオクリップと同様、自転車に乗って歌います。

こころ 25. こころ
ベストアルバム「自己ベスト-2」にも収録。当初はセンターステージでギターを弾きながら歌っていましたが、大阪ではスタンドマイクで花道を駆け回っていました。

LOOKING BACK 26. 緑の日々
オフコース時代の曲で、オフコース・ラストライブのオープニング曲。セルフカバーバージョンが「LOOKING BACK」等に収録。小田さんはメインステージに戻って、ギターを弾きながら歌います。

・センターステージのピアノに移動

27. 東京の空
「クリスマスの約束2006」「クリスマスの約束2008」で披露された未CD化曲。ピアノ弾き語り。

※東京ドーム1日目のみ、ピアノのアクシデントのお詫びということで、「my home town」をピアノ弾き語り。

28. さよならは言わない
ドームツアーのために書き下ろされた新曲(「クリスマスの約束2008」で披露)。ピアノ弾き語り。

さよならは 言わない
(追記)「さよならは 言わない」2009.2.25 シングルリリース決定

・MC「次の曲はみんなと歌いたい」
ダイジョウブ 29. ダイジョウブ
前年リリースのシングル曲で、ベストアルバム「自己ベスト-2」にも収録。ハンドマイクで花道をめぐりながら歌いました。


・Encore
MY HOME TOWN 30. またたく星に願いを
アルバム「MY HOME TOWN」収録曲。小田さんはハンドマイクを持ってステージをめぐります。2番省略。

I LOVE YOU 31. YES-YES-YES
オフコース・アルバム「I LOVE YOU」収録。メインステージでギターを弾きながら熱唱。終盤のコーラスには、ツアースタッフが生で加わっています。

LOOKING BACK 2 32. 君住む街へ
アルバム「LOOKING BACK 2」バージョン。ハンドマイクを持った小田さんが、会場をめぐりながら歌います。エンディングではバンドメンバー&ストリングスメンバーを紹介。


・2nd Encore
個人主義 33. 忘れてた 思い出のように
アルバム「個人主義」収録曲。1番省略。小田さんはハンドマイクで歌いました。

今日も どこかで 34. 今日も どこかで
小田さんが「この曲をみんなで歌いたい」ということで、観客も合唱参加。ストリングス・カルテットはこの曲で退場。

Oh!Yeah! 35. ラブ・ストーリーは突然に
大阪のみ、バンドのみで披露。この時は小田さんがずっと歌っていました。

I LOVE YOU 36. きっと同じ
東京1日目と大阪で披露された、オフコース「I LOVE YOU」収録曲。ギター弾き語り。

SE.今日も どこかで(Inst)(アニメ・荷物を詰め込み、夕暮れの中、次の会場に向かう小田さん。その景色は雪景色になって…。最後に「きっと またいつか」の文字が浮かび上がる)

小田和正「きっとまたいつか」東京ドーム小田和正「きっとまたいつか」ツアートラック