ブログネタ
忌野清志郎 に参加中!
忌野清志郎がRCサクセションとして、小田和正がジ・オフコース(→オフコース)としてデビューしたのは1970年。
奇しくも二組とも東芝音工(→東芝EMI→現・EMIミュージック)に所属していたが、音楽の傾向は違っていた。
ロックンローラーなRCサクセションとコーラスワークのオフコース。

ある時、清志郎は小田に手紙を送った。
その内容は「オフコースの『僕の贈りもの』が好きです」というものだった。
清志郎の後日談によると、彼は「僕の贈りもの」のコード進行が好きだったそうだ。

約20年の時を経た1993年、泉谷しげるが札幌で開いた奥尻島救援ライブに、清志郎と小田が参加した。
泉谷・桑田佳祐を交えた4人で「春夏秋冬(泉谷しげる)」を歌おうとした時、小田は清志郎の手紙の話に触れた。
その時、清志郎は照れながら「僕の贈りもの」の最初の部分を歌っている。


僕の贈りもの僕の贈りもの
オフコース