ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正さんが自分の歴史を振り返る際、時折触れる「日本グラミー賞」構想の挫折(1983年)。
しかし、その挫折の理由は触れられてきませんでした。

音楽ライター・田家秀樹さんのブログ「新・猫の散歩道」で、その事がちらっと触れています。

その時目指した「アーチスト同士がお互いに認め合い、尊敬しあう場を設けたい」という精神は、約20年の年月を経て、「クリスマスの約束」という形で結実したのだと思います。

関連記事:History of 「クリスマスの約束」

個人主義個人主義
小田和正