ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1979年にリリースされたオフコースのアルバム「Three and Two」のオープニングナンバー。

小田和正作品であるこの曲は、ラブソングとメッセージソングの要素が交差している。
サウンド的には小田・鈴木康博が培ってきたハーモニーの美しさが引き立つ一方、このアルバムから正式なオフコースのメンバーとなった松尾一彦・清水仁・大間仁世が持ち込んだロックの要素が強く出ている。
2人のオフコースから5人のオフコースへの変化を表した作品の一つと言える。

アルバムリリース直後のツアー「Three and Two」から、5人のオフコース最後のツアー「over」(1982年)まで、必ずセットリストに入っていた1曲。

その後、10年の時を経て、小田和正のスタジアム・ソロライブ「MY HOME TOWN」で演奏された。
歌い終えると小田はこういった。
「ここにオフコースのメンバーがいるような気がした」

更に16年が経過した2008年のドームツアー「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」でも演奏されている。

関連記事:



オフコース「Three and Two」
(アルバム紹介)

オフコース「LIVE」
(アルバム紹介)

オフコースDVD「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」
(DVD紹介)

----------

Kazumasa Oda MY HOME TOWN (スタジアムライブ・1992)

KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」
(ライブ記事集)

Three and TwoThree and Two
オフコース

1982・6・30 コンサート スペシャル [DVD]1982・6・30 コンサート スペシャル [DVD]
オフコース