ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
11年目の情熱大陸ライブは、やわらばなーのオープニングアクト、葉加瀬太郎・佐藤竹善・押尾コータローによる開幕宣言からスタート。

プロデューサー役の葉加瀬太郎に加え、情熱大陸ライブの常連となった佐藤竹善・押尾コータローもプロデューサー的役割を担う事に。
この三人をはじめ、出演者同士のコラボレーションも多いライブでした。

さすがに8時間のステージを全部レポできないので、要所要所を「続きを読む」に記載しました。
(随時記載)

情熱大陸LIVE BEST情熱大陸LIVE BEST


----------

トップバッターは渡辺美里さん。
1曲目は葉加瀬さんも参加しての「My Revolution」、会場は盛り上がっていました。
続いて「Believe」、そして「この情熱大陸ライブがこれから10年も続きますように」というコメントから「10 Years」へ。
「始まりの詩、あなたへ」を歌った後、佐藤竹善を呼んで、美里+竹善+葉加瀬で「サマータイムブルース」を披露し、美里さんのステージは終了。

----------

Sing Like Talking は「JOY」からスタート。
続いて「Through The Night」「心の扉」とライブでは久しぶりのナンバーを披露。
そして葉加瀬太郎が加わって、チャリティソング「Luz」を演奏。
ラストはカサリンチュらが加わって、竹善のピアノをメインに「Spirit Of Love」を歌ってくれました。

----------

大人ナンバー「恋人」でスタートした鈴木雅之。
続く「小さな恋のうた」ではモンゴル800・キヨサクの代理として、桑野信義が彼の衣装で登場、ラッツ&スターからの息ぴったりの歌声とトークを披露してくれました。
そのキヨサクとのコラボ曲「Endless love Eternal love」から葉加瀬太郎が参加。
更にJUJU達が加わって、「夢で逢えたら」を披露してくれました。

----------

小田和正さんのステージは、ギターを弾きながらの「グッバイ」からスタート。

続いて葉加瀬太郎さん参加して「YES-NO」。
このあと葉加瀬さんは小田さんの曲に全曲参加していました。

「佐橋!」のかけ声から、佐橋佳幸さんのあのギターのイントロで始まる「ラブ・ストーリーは突然に」へ。
この曲でハンドマイクに持ち替えた小田さん、ステージを降りて客席に乱入していました。

「コラボしたいと思います」と言って小田さんが呼んだのはJUJUさん。
「君が生まれた頃の曲…」と小田さんがコメントしたら、「年齢非公開ですから…」と言葉を濁すJUJUさん。
そして小田さんがピアノ&コーラス、JUJUさんがメインボーカル、葉加瀬さんバイオリンで「言葉にできない」を披露しました。

そして「この春に東北に行ったのですが、その時に作った曲です」という紹介から、新曲「その日が来るまで」を歌い、小田さんのステージは終了しました。

----------

オーラスには、小田さん、美里さんをはじめ、出演者が全員集合。
情熱大陸ライブで生まれたオリジナルチャリティソング「タイトルのない唄」を全員で合唱、ハンドインハンドで終わりました。