ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
1984年4月21日、一つのユニットがデビューし、一つのバンドが活動再開後はじめてのシングルをリリースする。
前者は小室哲哉をリーダーとした TM NETWORK (TMN)であり、後者は小田和正が所属したオフコースであった。
この日、オフコースはシングル「君が、嘘を、ついた」を、TM NETWORK はシングル「金曜日のライオン」、アルバム「RAINBOW RAINBOW」を同時リリースしている。
ちなみにオフコースにとっては、オリジナルメンバー・鈴木康博の脱退と1年半の活動休止期間を経た、最初のシングルである。

偶然同日リリースとなったオフコースと TM NETWORK であるが、共通点が存在する。

一つは比較的新しいレーベルからのリリースという点である。
オフコースはそれまでの東芝EMIを離れ、彼らのプロデューサーであった新田和長が新たに立ち上げたレコード会社・ファンハウスからリリースしている。
一方、TM NETWORK はCBSソニー(現・ソニーミュージック)の丸山茂雄が、同社の別レーベルとして立ち上げた EPIC SONY からデビューしている。
J-POPがニューミュージックと称された時代から、次の時代へと移行する時代に生まれたのがこの二つのレーベルであったと言えよう。
EPIC SONY は既に佐野元春・ラッツ&スターといったヒットメーカーを擁していたが、その後も小室哲哉作曲による渡辺美里「MY REVOLUTION」をはじめ、TM NETWORK ・大江千里・ DREAMS COME TURE などのアーチストをヒットさせるなど、1980年代の日本のミュージックシーンを牽引する存在となる。現在は EPIC RECORD として、いきものがかりなどを擁するレーベルとなっている。但し、TM NETWORK は2000年にソニー傘下から離脱、インディーズ、吉本傘下のレーベルを経て、現在はavex所属となっている。
ファンハウスは小林明子「恋に落ちて」を皮切りに、オフコースを解散した小田和正「ラブ・ストーリーは突然」の大ヒットなど、ドラマ主題歌などのタイアップ等でヒットチャートを賑わす存在となる。その後、BMG傘下に入ったファンハウスは、紆余曲折を経て現在はソニー傘下・アリオラジャパンに継承されている。そして小田和正は現在もアリオラジャパンからリリースしている。

もう一つはミュージックビデオを作成していたことである。
両者ともに海外のミュージックシーンでミュージックビデオが台頭してきたことや、フィルムコンサートなどの展開を意識したものでった。
加えて映画音楽がルーツである小田和正にとっては、音楽と映像の融合というテーマは以前から取り組んできたテーマであり、すでにライブでも映像を多用していたことも、オフコースがミュージックビデオへの制作に取り組んだのは自然な流れであると言えよう。
ちなみに「君が、嘘を、ついた」「金曜日のライオン」ともに外部の映像作家に制作を依頼するが、次のシングルからはオフコース(「夏の日」以降)では小田和正がメガホンをとり、TM NETWORK (「1974」以降)では EPIC SONY のスタッフが手がけることになる点も似ている。

サウンド面でも、オフコース「君が、嘘を、ついた」ではシンセドラムが用いられ、印象的な部分にキーボードが多用されるなど、これまでのロック・サウンドとは一線を画したものとなっている。
これはエレクトロ・ポップの要素が色濃い TM NETWORK のデビューと共に、ミュージックシーンでのキーボード・シンセサイザーの台頭とリンクしたものと言えよう。

ただしこの時点での、オフコースと TM NETWORK のミュージックシーンでの存在感は別次元のものであった。
オフコースは「さよなら」「YES-NO」などをヒットさせ、日本武道館10日間コンサートを成功させた実績に対し、TM NETWORK は過去にメンバーが SPEEDWAY としてデビューしていたものの、無名に等しいユニット。
オリコンシングルチャートの結果は週間2位と圏外という対照的なものであった。

The Best Year of My LifeThe Best Year of My Life [CD]
オフコース

RAINBOW RAINBOWRAINBOW RAINBOW [CD]
TM NETWORK