ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
公演を明日に控え、様々な情報が出てきた「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」

今回はグッズに注目して、ライブで紡がれる物語を推測してみた。

ネタばれ的な話なので、前回同様、詳細は「続きを読む」に記した。

----------

関連記事:

事前情報から読み解く「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」時代背景編

事前情報から読み解く「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」楽曲編

----------

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」 7/20・21に延期

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」延期に関するコメント集

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」( 7/20・21 さいたまスーパーアリーナ) 6/16 一般発売【再掲】

TM NETWORK 宇都宮隆からのメッセージ

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation- 直行オフィシャルバスツアー決定

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」( 7/20・21 さいたまスーパーアリーナ)全国の映画館で同時生中継決定

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」( 7/20・21 さいたまスーパーアリーナ)に関するツイート集

ライブシネマ「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」(7/20・21)劇場用トレーラー YouTube で公開

木根尚登ブログ更新

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」(7/20・21 さいたまスーパーアリーナ)ライブ会場限定CD販売決定&グッズ発表

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」(7/20・21 さいたまスーパーアリーナ)ストーリー冒頭部公開

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」( 7/20・21 さいたまスーパーアリーナ)当日券販売決定

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」( 7/20・21 さいたまスーパーアリーナ)に関するツイート集 Part.2

----------

TM NETWORK 5/25・26 さいたまスーパーアリーナでライブ開催

TM NETWORK さいたまスーパーアリーナライブのタイトルは「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation- (5/25・26 さいたまスーパーアリーナ)に関する小室哲哉ツイート集紹介

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (Blu-ray)TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (Blu-ray)

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (DVD2枚組)TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (DVD2枚組)


今回のライブのグッズであるが、ハンバーグ用プレートやランドリーバッグという、これまでの TM NETWORK のライブはもちろん、他のライブグッズでも見かけないものが多い。

もっとも、パンフレットに「調査報告書セット」と称するのは、「TM NETWORK の3人は、地球を調査するためにやってきた異星人の調査員」というコンセプトの具現化である。

そのパンフレットに付属する色鉛筆、そしてハンバーグ用プレートやランドリーバッグは、物語に出てくる小道具であるような気がする。
特にハンバーグ用プレートは、「アメリカの日常」を想起させる。
もしかするとボイスキーホルダーも物語の小道具の一つなのかもしれない。

また SHERIFF シャツと、SHERIFF(保安官)が紋章として用いた六芒星バッジから、この物語に保安官が深く関与する事が想像される。
その六芒星バッジが「Season1」と銘打たれている事から、今回のライブ以降に TM NETWORK が紡ぎ出す物語に、保安官が関与してくることを示唆しているように思う。
昨年のライブ「-Incubation Period-」と今回のライブ、そして来年の TM NETWORK 30周年で一つの流れとなっていると小室哲哉氏は語っているが、このバッチは「調査報告書」パンフレットと共に、その流れを具象化したものかもしれない。

そして TM NETWORK の曲名を関した「永遠のパスポート」
その正体は明日にならないとわからないが、この曲の原曲が「宇宙戦争に赴く男とその恋人の悲恋」がテーマであったこととの関与があるのだろうか?
ちなみに、アルバムに収録された曲は、夏の恋人達の模様を歌っているが、こちらのストーリーが物語に絡んでくる可能性は否定できない。
更にグッズは「PASSPORT CONTROL (入国審査)」でのスタンプ付であるため、「パスポート」そのものが物語上重要なアイテムなのかもしれない。

そしてTシャツやタオルに用いられた「HELLO」は、物語の中核をなすキーワードであると思われる。
1950年代のアメリカが宇宙開発黎明期である事や、「TM NETWORK の3人は、地球を調査するためにやってきた異星人の調査員」というコンセプト、「永遠のパスポート」が宇宙戦争を下敷きにした曲である事を考えると、「HELLO」=「宇宙人とのファーストコンタクト」ということも想起される。

ちなみに同じように用いられた言葉「FANKS」とは、FUNK ・ PUNK ・ FANS を組み合わせた造語で、TM NETWORK 全体を指すと共に、TM NETWORK ファンを指す。
この「FANKS」というキーワードが物語に関与するか、非常に興味深いところである。