ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
ネタばれ的なレポになったため、セットリストを含め「続きを読む」に記載。

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (Blu-ray)TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (Blu-ray)

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (DVD2枚組)TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (DVD2枚組)
舞台は1950年、アメリカの田舎町。
セットもその田舎町を思わせる森林が中心。
メンバーや、ストーリーを紡ぐ役者さん達が登場するツールとして「列車」が登場するが、この列車が「異星人の移動ツール」という可能性もあるような気がします。

異星人の調査員が保安官に追われる、というストーリーがメイン。
最初に木根さんが車掌に扮して登場しましたが、基本的にストーリーを紡ぐのは役者さん達(殆ど外国の方)。

演奏は、小室さんと木根さんによる「Ignition,Sequence,Start」のインストでスタート、「Beyond The Time」で宇都宮さんが登場。
三人とも全身真っ白な衣装でした。

中盤には、組曲「CAROL」を役者さん達が英語詩で歌うシーンもあり、キャロルとおぼしき少女も登場。
そこでは1950年代から現代までのロンドン、そして環境破壊などの映像が流れました。

後半ではステージ後方に用意されたDiner (食堂)セットに控えていた、葛城哲哉さん達のバックバンドメンバーも姿を見せて、木根さんのハーモニカを軸としたセッションの後、EDMにアレンジされた曲達を演奏してくれました。
途中、宇都宮さんが「ただいま」と発言しました。

「Love Train」演奏後、3人は「列車」に乗り込み、ステージを去った。
そして「to be continued」「This is TM NETWORK」のメッセージがスクリーンに映し出され、1日目のライブは終了。

セットリストは以下の通り。

Children of The New Century (Inst)
TK solo (Inst)
Ignition,Sequence,Start (Inst)
Beyond The Time
humansystem
Here,There & Everywhere
Green Days
A Day In The Girl's Life (English)
Carol 1 (English)
In The Forest (English)
Carol 2 (English)
Just One Victory
You Can Dance〜セッション
・メドレー
 一途な恋
 Dive Into Your Body
 Come on Everybody
 Come on Let's Dance
 Come on Everybody
 Be Together
Get Wild
Dawn Valley (Inst)
Resistance
Love Train
・エンディング(Fool on the Planet)

小室哲哉シンセサイザー(yasuさん情報)
・ソフトシンセ
ReFX Nexus2
LennarDigital Sylenth1
Spectrasonics Omnisphere

・ハードシンセ
VIRUS
indigo2RedBack
Polor sledge
V-Shynth GT
etc...