ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正が所属していたオフコースと吉田拓郎は共に1970年デビュー。
同時代のアーチストとして、拓郎のラジオに小田が出演するなどの親交あった。

その二人の関わりが濃くなるのは1983年頃、「日本グラミー賞」設立に奔走したときだった。

当時、オフコースの活動を停止していた小田和正は、「アーティスト同士がお互いを認め、尊敬する音楽賞を作りたい」という思いから、日本グラミー賞を作ろうとしていた。
その構想に、吉田拓郎も賛同、他のアーティストと共に協力する。
だが、様々な事情から構想は頓挫する。

しかし頓挫したその構想は、別の形で開花する。
日本民間放送連盟が1985年の日本青年年のイベント開催が模索されたとき、日本グラミー賞構想の趣旨が加わるかたちで、「ALL TOGETHER NOW」と題されたイベントへと向かうこととなる。

1985年6月15日「ALL TOGETHER NOW」開催。

吉田拓郎が司会を務めたこのイベントは、解散したはっぴいえんど、サディスティック・ミカ・バンド(ライブ当日は松任谷由実がボーカルをとったため、サディスティック・ユーミン・バンドと呼ばれた)の再結成をはじめ、、オフコース、佐野元春、サザンオールスターズ、さだまさし、南こうせつ、チェッカーズ、THE ALFEE、山下久美子、坂本龍一、武田鉄矢、財津和夫、イルカ、白井貴子、アン・ルイス、ラッツ&スターと、当時のフォーク・ニューミュージック・ロックなど日本のアーチストが集った。(ちなみに山下久美子・白井貴子のバックコーラスとして渡辺美里が参加。)
これだけの多彩なアーティストが集ったことから、「ALL TOGETHER NOW」は日本の音楽フェスティバルの原点と呼ばれることもある。

吉田拓郎とオフコースは「ALL TOGETHER NOW」のトップバッターとして一緒に登場、吉田拓郎「お前が欲しいだけ」、オフコース「Yes-No」を歌っている。

その後も吉田拓郎と小田和正・オフコースの関係は続く。
1986年、吉田拓郎が高杉晋作役を務めた映画「幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬」に、オフコースは「時代のかたすみで(せめて今だけ)」(アルバム「IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987」収録 作詞・作曲 小田和正)を提供した。
1988年、オフコース最後のアルバム「STILL a long way to go」の収録曲「逢いたい」に、吉田拓郎が歌詞を提供している(作曲 清水仁)。

----------

小田和正と吉田拓郎の関係が再び濃くなるのは1994年3月、二人が泉谷しげる主催のチャリティライブ「島原・深江救済チャリティーコンサート メッセージソングの日」に参加したときだった。
この時、吉田拓郎の「俺たちは楽器が出来るのだから、みんなでバンドを組んで、それぞれの持ち歌を演奏しよう」というアイデアから、参加アーティスト達の一部で「スーパーバンド」が結成される。
スーパーバンドには吉田拓郎(ベース・バンマス)、泉谷しげる、伊勢省三、南こうせつ、忌野清志郎(以上 ギター)、さだまさし(ギター・バイオリン)、大友康平、浜田省吾(ドラム)、小田和正(キーボード)がバンドメンバーとして参加。途中には、井上陽水が登場してスーパーバンドをバックに歌っている。

そして同年8月、泉谷がチャリティライブを始めるきっかけとなった奥尻島の支援と、島原・深江の支援の両方を行うライブが日本武道館で企画される。
企画段階から泉谷・拓郎・小田の三人によって進められるようになったこのライブでは、スーパーバンドをメインにしたものだった。
一度は、マスコミへの情報リークによる混乱(出演予定者の辞退など)で、ライブ自体が流れる寸前まで追い込まれるが、三人の決断により、ライブは開催されることになる。

1994年 8月16日、日本武道館「日本をすくえ'94 奥尻島、島原・深江救済コンサート」 開催。

この時にはスーパーバンドとして、泉谷しげる、吉田拓郎、小田和正、伊勢正三、大友康平、坂崎幸之助、財津和夫、山本潤子、稲垣潤一、白井貴子、渡辺美里が参加している。
また佐藤竹善・平松愛理・加藤いづみ・沢田知可子・石川よしひろ・陣内大蔵が「ヤングバンド」と称して、スーパーバンドの前に演奏を披露している。
なお、このライブの企画立ち上げから当日までの顛末は、小田和正の手によってドキュメンタリー映像化され、テレビ朝日で放映されている。

スーパーバンドがみたび登場するのは、1996年 9月14・15日「日本をすくえ'96 阪神・淡路大震災救済支援コンサート 」である。
このライブは泉谷の「神戸に遊びに来い、観光などで地元の経済を潤せ」というアイデアから、神戸ワールド記念ホールで開催された。
このときのスーパーバンドには、泉谷しげる、吉田拓郎、小田和正、山本潤子、伊勢正三、稲垣潤一、大友康平、 坂崎幸之助、白井貴子、大江千里が参加、ゲストとして浜田省吾・桜井賢が登場している。

しかしその後、中核メンバーである泉谷と拓郎が喧嘩したことで、スーパーバンドの活動は停止状態となる。
東日本大震災後の2012年に二人は漸く和解、拓郎のラジオで小田和正に打診する形で、スーパーバンド復活構想が持ち上がっているが、実現には至っていない。

----------

その後も小田和正と吉田拓郎の親交は続く。
2000年のフジテレビ系音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」をはじめ、拓郎の番組に小田が出るスタイルでの共演が目立つ。
今年(2013年) は、NHK BS プレミアム「吉田拓郎 YOKOSO」で二人の対談が実現している。

但し、「クリスマスの約束」への吉田拓郎の出演は初めてである。
なお2002年「クリスマスの約束 2002」では、小田和正は拓郎の「今日までそして明日から」をカバーしている。

----------

関連記事

TBS系音楽番組「クリスマスの約束 2013」 12/25放送決定

TBS系音楽番組「クリスマスの約束 2013」 TBS プレス発表記事

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新(クリスマスの約束関連)

TBS系音楽特番「クリスマスの約束 2013」(12/25放送)告知ページ開設

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜


----------

History of 「クリスマスの約束」
(2004年までのエピソード集)

ALL TOGETHER NOW と小田和正

>日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正、10/18 NHK BS プレミアム「吉田拓郎 YOKOSO」に出演(2013年)

NHK BS プレミアム「吉田拓郎 YOKOSO」(ゲスト:小田和正) 1/3再放送(2013年)

----------

IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987
オフコース
ファンハウス
1987-07-05


STILL A LONG WAY TO GO
オフコース
ファンハウス
1988-06-09


日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる
ビクターエンタテインメント
2003-03-26






RONIN 坂本竜馬 [VHS]
武田鉄矢
ポニーキャニオン
1986-04-21