ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正が2011年にリリースしたアルバム「どーも」に収録された、同年7月に公開された映画「ロック 〜わんこの島〜」主題歌である「hello hello」。
2000年の三宅島噴火で離れ離れになった犬と少年を描く物語に寄り添うような、優しいまなざしとエールを込めたバラードである。

アルバム「どーも」リリース、アルバムと連動したツアー「どーもどーも」開始直前、東日本大震災が起きる。
ツアーは延期された上、東北公演は年内見送り。
ツアー開催すら迷う中、小田はこの曲を歌ってはいけないのではないかという思いにとらわれる。
おそらく未曾有の大災害を前に「きっと いいことが 待っている そう思ってる ホントに 君が 幸せになると 信じてる」と歌う気になれなかったのだろう。
しかも東北大学に通い、小田薬局の元店員が大船渡在住など、東北に縁の深い小田である。

だが時が経つにつれ、「この曲を歌わなければならない」という思いに変わっていったという。

ツアー「どーもどーも」は「その日が来るまで」とタイトルが付与されて2011年5月にスタート。
ライブの本編最後に、「hello hello」は歌われた。

----------

アルバム「どーも」には「グッバイ」と「hello hello」が収録されている。
2012年「どーもどーも その日が来るまで」横浜赤レンガ広場での最終公演では、「グッバイ」からはじまって「hello hello」で本編を締めている。
それはオフコース時代から小田が歌っていた「人生は出会いと別れの繰り返し」というテーマの縮図なのかもしれない。

ドラマ「獣医ドリトル」主題歌として、生命の繋がりと人生の節目での別れを描いた「グッバイ」
優しいまなざしとエールに満ちた「hello hello」
この2曲は対の存在なのかもしれない。



関連記事:

小田和正 アルバム「どーも」
(アルバム紹介)

KAZUMASA ODA TOUR 2011 どーもどーも その日が来るまで
(ツアー情報・ライブレポ+α)

KAZUMASA ODA TOUR 2012 どーもどーも その日が来るまで
(ツアー情報・ライブレポ+α)

どーも
小田和正
螢▲螢ラジャパン
2011-04-20