ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
TM NETWORK 30周年ライブを終えた宇都宮隆最初のソロライブは、 野村義男(ベース)、松尾和博(ギター)、 nishi-ken (キーボード)とソロ活動を支えたミュージシャン達との、昭和歌謡曲をカバーするライブの追加公演。

バーをイメージしたステージには、TM NETWORK 「CAROL」の時の宇都宮さんの衣装や、この日本来開かれるはずだったC-C-Bのレコードが飾られていました。
(トークでも触れていましたが、C-C-Bの渡辺さん急病でライブがキャンセルになった際、渡辺さんとセッションしていた野村さんが話題にしたところ、宇都宮さんが代替で追加公演を開くことを提案したとのこと。)

アレンジは、時に nishi-ken さんの打ち込みをベースにした、現代的なアレンジに衣替えしていました。
宇都宮さんだけでなく、野村さん、 nishi-ken さんがメインボーカルをとることもありました。

トークは宇都宮さん、野村さんの掛け合い形式で、他の二人を巻き込みながら、メンバーの生まれた年や成人した頃のヒット曲などをテーマに話を展開していました。
その感じは、宇都宮さん、木根尚登さん、浅倉大介さん、阿部薫さん、葛城哲哉さんによるライブ「SPIN OFF from TM」や、宇都宮さん、木根さん、浅倉さんによる「フォークパビリオン」に通ずる、緩い感じでした。

あやふやセットリストは「続きを読む」参照。

TRILOGY
宇都宮隆
キングレコード
2012-09-05

TOKIO
星のフラメンコ
サン・トワ・マミー
東京砂漠
ナオミの夢
恋人も濡れる街角
悲しみの器
気絶するほど悩ましい
天使の誘惑
胸いっぱいの悲しみ
・メドレー
 情熱の嵐 〜 ブルースカイブルー 〜 ギャランドゥ
〜 私鉄沿線 〜 19:00の街 〜 青いリンゴ
〜 よろしく哀愁 〜 ハリウッド・スキャンダル 〜 花とみつばち
パフ
恋のダイヤル6700

やさしさに包まれたなら
Timesmile