ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
音楽特番「クリスマスの約束」から生まれた、小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹で結成された「委員会バンド」
番組以外では初お披露目となったのが、イベント「NUMBER SHOT 2015」
パスピエからはじまり東京スカパラダイスで終わったこのイベントは、ロック系の出演者が中心で、その中でアコースティックの委員会バンドは異彩を放っていました。

ライブレポやセットリストを「続きを読む」に掲載します。

NUMBER SHOT 2015 ホームページ
http://www.kyodo-west.co.jp/number_shot_2015/

小田日和
小田和正
アリオラジャパン
2014-07-02


おぼろづき
スターダスト・レビュー
インペリアルレコード
2015-05-27

スキマスイッチ(初回生産限定盤)(DVD付)
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2014-12-03

あなた
いきものがかり
ERJ
2015-05-13

・セットリスト
美しすぎて(ガロ)
Please Mr. Postman (The Marvelettes)
※たしかなこと(小田和正・歌い出しのみ)
魔法の黄色い靴(チューリップ)
らいおんハート(SMAP)
デイ・ドリーム・ビリーバー〜DAY DREAM BELIEVER〜(The Monkees /忌野清志郎訳詞バージョン)
約束(委員会バンドオリジナル曲)

----------

5人が登場したのはイベント中盤。
「委員会バンド」が新人バンドだと思っていた方も多く、小田さん達が登場したときは、ファンの歓声ととは違った驚きの歓声が混じっていました。

告知の通り、常田さんがキーボード、他の4人がアコースティックギター&ボーカルという編成で、特に挨拶も無く用意された席に座って「美しすぎて」スタート。
「Please Mr. Postman」の後に、根本さんの司会によりトークコーナーへ。
本日が「初ギグ」であると触れたものの、音楽特番「クリスマスの約束」で生まれたバンドだという紹介は省かれ、メンバー紹介へ。
小田さんの時は「♪雨上がりの空を見ていた〜」と「たしかなこと」軽く歌ってから、「というふうに自分達の曲は歌わないんだけどね」とコメント。

小田さんが福岡出身の財津和夫さんと1969年のヤマハライトミュージックコンテストで出会ったこと、その後、財津さんが新しいバンド・チューリップを結成して上京、そのデビュー曲は衝撃を受けた、という話から「魔法の黄色い靴」を演奏。

「らいおんハート」の後にフリートークでは、メンバーが「自分達の曲はやらない約束だったのに、小田さんが歌い出して慌てた。しかもどんぴしゃりの曲を…」とコメント。
(ちなみに前の組で雨が降っていましたが、委員会バンドのステージは雨に見舞われませんでした。)
「自分達が生まれる前の曲ばかりですが…」というコメントも。

「デイ・ドリーム・ビリーバー〜DAY DREAM BELIEVER〜」を歌った後、小田さんは「水野が中心になって新曲を作ってきました」という紹介から、委員会バンドのオリジナル曲「約束」へ。
素敵な曲をこれからも歌い継いでいきたいという、「クリスマスの約束」や委員会バンドの思いを歌った歌詞でした。