STARDUST REVUE が活動25周年目以降、5年おきに開かれる、彼らの地元・埼玉でのスペシャルライブ。
今年のライブは「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」の看板通り、彼らゆかりのゲスト11組(小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里)が参加。

スタレビによるアカペラでの注意事項説明、スタレビ&サポートメンバーとゲストによる舞台裏での円陣の中継というオープニングから、ゲスト全員を舞台に招いてライブをスタート。
「夢伝説」ではゲスト11組が参加した圧巻のコーラスが披露されました。
根本要さんは「このすごい人たちと一緒にできるのが信じられない。いくらお金を積んでも、これだけのメンバーはそろえられませんよ。35周年を祝って集まってくれました」と感謝した。
これに対して小田さんが「スタレビには昔からお世話になっていて、困ったときのスタレビ頼みで、少しはお返ししないとね」「これからも元気にいける所まで頑張ってください」とコメント。
そして小田さんに振られた鈴木さんは「小田さんも僕も、バンド、グループは断念しましたけど。35周年のスタレビは我々の誇りです」とコメントしてました
なおステージセットのコンセプトは「さいたまスーパー銭湯」とのこと。

そしてスキマスイッチを皮切りに、コラボレーションコーナースタート。
コラボレーションは、スキマスイッチとなら「奏」と「Goin' Back To 1981」というように、根本さんとゲストのトークを交えながらゲストの代表曲とスタレビの曲を1曲ずつ披露するスタイル。
(スタレビと一緒に SSKB ALL STARS として活動する杉山清貴、KAN、馬場俊英とのセッションは計4曲)
スキマスイッチの時は、根本さんが「スキマスイッチのコラボレーションアルバム(re:Action)にスタレビをなんで呼んでくれなかったんだ」と不満を漏らすと、大橋さんが「だって皆さん、全然東京にいなくて、つかまらないから」と返される一場面も。
また、お互いが知り合いになったTBS音楽特番「クリスマスの約束」のエピソードが出てきて、「(2009年の大メドレーを)最初は不安視して、あれこれ言っていた」「でも、小田さんは『俺は完成形が見えている』と主張していた」「終わった時、すごく良くて、小田さんに『すいませんでした』と思った」というエピソードを披露していました。
ちなみに、矢井田瞳さんの時にも、「クリスマスの約束」をきっかけに共演するようになった、との話も出てました。

スタレビの大ファンだという松たか子さんの時には、根本さんがコーラスに参加した「おやすみ」(松たか子/作詞・作曲 小田和正)を披露するために、小田さんをステージに招き入れ、松・小田・根本の3人のボーカルで披露。
「レコーディングの時は、小田さんの一緒のスタジオで、目の前に松さんがいて、幸せだった」という根本さんによると、以前から、いつかこの曲を3人で披露したいという話が出ていたそうです。

岸谷香さんでコラボコーナーはいったん終了、スタレビの曲でもあまり演奏していない曲のコーナーへ。

休憩を挟んでの第二部は、根本さん、小田さん、スキマスイッチがステージに登場。
そしてシークレットゲスト:水野良樹(いきものがかり)が呼ばれ、「クリスマスの約束」でおなじみとなったユニット「委員会バンド」で演奏を披露。
常田さんのピアノの音がミキサー段階でオフになっていたので歌い直し、なんてアクシデントを経て、いきものがかり「風が吹いている」、忌野清志郎訳詞バージョンの「デイ・ドリーム・ビリーバー」を演奏。
「委員会バンド、レパートリーはたくさんあります、ひとの曲ばかりですが」という根本さん、「いつか委員会バンドでライブをやりたいと、いう話は出ているんですが…」という話をすると、他のメンバーから「でも、根本さんがつかまらないから、その話が進まない」という突っ込みが入っていました。

再びコラボレーションコーナーがスタートし、森高千里さん「渡良瀬橋」のコーナーでは、何故か学生服(詰め襟・学帽付)に丸縁眼鏡のKANさん、馬場さんがリコーダーで間奏に参加する一場面も。

渡辺美里さん「恋したっていいじゃない」では、間奏での「D・A・T・E」のコールを「ス・タ・レ・ビ」に置き換えて観客にレスポンスを求めるシーンも。
スタレビと美里さんがコラボするようになったのは、7年前からとのこと。
それまで美里さんは、大阪のラジオ局で同じ時間帯の帯番組を根本さんと持っていたことから、根本さん達のことを「歌の上手い芸人だと思っていた」とジョーク?を飛ばしていました。
そして、美里さんが選んだというスタレビの曲「もう一度抱きしめて」をコラボしました。

鈴木雅之さんとのコーナーでは、デビュー当時のスタレビと先にデビューした鈴木さんとの共演テレビ番組の思い出を語ってくれました。

小田さんは、スタレビが選曲したという「YES-NO」にのって、ギターを持って本日4度目の登場。
1996年、小田さんとスタレビが共演したアスペクタ熊本でのイベント「BEAT MEGA '96」が、スタレビ初の女ラボレーションだったという話から、その時のエピソードへ。
このイベントで小田さんは、当初弾き語りで参加する予定だったため、イベントのトリを辞退。
しかし小田さんの後にトリを務めるのを避けたかったスタレビ側が、「だったら俺達の演奏で、小田さん、歌ってくれませんか?」と打診したところ、小田さん側が快諾してコラボレーションすることに。
選曲も任されたので、自分たちの好きな曲(オフコース「眠れぬ夜」「水曜日の午後」)を選んだところ、小田さんに「最近歌っていない」といわれたとのこと。
また小田さんがピアノの前に座った際には、小田さん、スタレビ、ゴスペラーズなどが参加した2003年の「VOICES OF HEART」で、根本さんのトークをカットするように、小田さんがいきなりピアノを演奏したというエピソードも話してくれました。
そして、小田さんのアイデアでアコースティックアレンジにしたら、認知度が広まり、ニッカウヰスキーのCMに起用されたという「木蘭の涙」を、小田さんのピアノ&ボーカルに根本さんのボーカルで披露してくれました。

小田さんが終わってコラボレーションコーナー終了…、と思いきや、ステージが転換され、「夜のヒットスタジオ」を思わせるステージセットへ。
そして「シュガーはお年頃」を皮切りに「夜のヒットスタ・レビ」のコーナーへ。
自分の曲を歌ったアーチストが、次のアーチストの紹介をする、という「夜のヒットスタジオ」を彷彿とさせる演出で「全力少年」「My Sweet Darling」「さよならのオーシャン」「私がオバさんになっても」「スタートライン〜新しい風」「明日、春が来たら」「愛は勝つ」「Diamonds」「め組のひと」「My Revolution」「ラブ・ストーリーは突然に」を、ほぼノンストップ・フルコーラスで、スタレビがバックバンドに徹して披露。
ゲストは舞台奥・中央のセリから登場し、その前のアーティストと握手・ハイタッチしてから歌うスタイルに。
ギターを持って登場した小田さん、2番の途中からハンドマイクに持ち替えて、ステージの上手・下手に伸びる花道を巡りながら歌っていました。

そして水野さんを含めたゲスト全員で「今夜だけきっと」を披露、ラストのアカペラは圧巻の一言。
歌い終わると、根本さん、涙ぐんでいて、小田さんや鈴木さんになぐさめられていました。

アンコールでは根本さんが「男の子だから泣かないと決めたもん」「こんな35年を見せてくれたスタッフ、仲間、みんなに感謝しています。ありがとう」とコメントしながら、スタレビの曲を演奏。
7時間以上となったライブの最後は、スタレビからファンへの感謝を歌った曲「道 〜The Song For Us〜」と、開場のみんなとの記念撮影でした。


全50曲のセットリストは「続きを読む」に掲載。


STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

----------

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」@ テアトロン(香川県さぬき市)
(STARDUST REVUE ゲスト出演)

なごや・きよす夢まつり「夢花火音楽祭 音市音座」
(小田和正・ STARDUST REVUE ・杉山清貴・渡辺美里・ KAN 出演)

NUMBER SHOT 2015 2日目(委員会バンド(小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹)出演)

音楽と髭達 2015 −MUSIC STADIUM−(スキマスイッチ・委員会バンド(小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹)出演)

----------

「クリスマスの約束 2009」感想
(小田和正・鈴木雅之・ STARDUST REVUE ・松たか子・スキマスイッチ出演)

「クリスマスの約束 2011」感想
(小田和正・鈴木雅之・ STARDUST REVUE ・松たか子・矢井田瞳・スキマスイッチ出演)

----------

松たか子「おやすみ」
(楽曲紹介)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

with ゲスト全員
愛の歌
夢伝説
ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス

with スキマスイッチ

Goin' Back To 1981

with 矢井田瞳
地平線と君と僕
WAKE UP! MY HEART

with 杉山清貴・ KAN ・馬場俊英 (SKB ALL STARS)
ボーイズ・オン・ザ・ラン
すべでの悲しみにさよならするために
ふたりの夏物語
と・つ・ぜ・ん Fall in Love

with 松たか子
トワイライト・アヴェニュー
with 松たか子・小田和正
おやすみ

with 岸谷香
M
Average Yellow Band

愛はいつも偶然じゃない
Find My Way
What is Love?
めぐり逢えてよかった
Rock'n Roll Blues
HELP ME
Get Crazy
銀座ネオン・パラダイス

・委員会バンド
(シークレットゲスト・水野良樹(いきものがかり)+小田和正・根本要・スキマスイッチ)
風が吹いている
デイ・ドリーム・ビリーバー

with 森高千里(+KAN ・馬場俊英)
渡良瀬橋
with 森高千里
ふたり

with 渡辺美里
恋したっていいじゃない
もう一度抱きしめて

with 鈴木雅之
恋人
Get Up My Soul

with 小田和正
YES-NO
木蘭の涙

<夜のヒットスタ・レビ>
シュガーはお年頃
全力少年(スキマスイッチ)
My Sweet Darling (矢井田瞳)
さよならのオーシャン(杉山清貴)
私がオバさんになっても(森高千里)
スタートライン〜新しい風(馬場俊英)
明日、春が来たら(松たか子)
愛は勝つ(KAN)
Diamonds (岸谷香)
め組のひと(鈴木雅之)
My Revolution (渡辺美里)
ラブ・ストーリーは突然に(小田和正)

with 水野良樹を含むゲスト全員
今夜だけきっと

オラが鎮守の村祭り
太陽の女神
Thank You
道 〜The Song For Us〜