木根尚登と佐藤竹善、二人の最初の共演は1997年、木根尚登のライフワーク的なライブ「Talk & Live」、この時期はゲストを呼んでおり、そのひとりに佐藤竹善が呼ばれたのであった。
この時は幼少期の話を、後に Sing Like Talking のメンバーとなる西村智彦とのエピソードも交えて竹善が話し、開場は大爆笑に包まれた。

2回目の共演は10年後の2007年、「木根尚登 Talk & Live 15th Anniversary Special」の2日目。
「Talk & Live」の最長トーク時間記録だったということで、佐藤竹善がゲストに再び呼ばれた。
この時は、佐藤竹善がカバーしている「万里の河」「Change The World」、木根尚登「REMEMBER ME?」を共演している。

そして更に10年の時を経て、3度目の共演が、木根尚登&佐藤竹善 初コラボライブ「TMN+SLT=∞」である。

----------

今回のコラボは、一部演奏曲が発表されている。
そこから、木根さんは初めて、あるいは竹善さんは初めて、という方に向けての目安的な意味も兼ねて、今回の演奏曲を予想してみたい。

TM NETWORK の曲は「Get Wild」が演奏曲としてあげられている。
それ以外の曲は、木根さんがイベントでよく歌っている曲から、 映画「僕らの七日間戦争」主題歌「Seven Days War」、その映画の挿入歌「Girlfriend」、アニメ「シティハンター2」エンディングテーマ「Still Love Her」あたりの、一般になじみのある曲が選ばれるとみられる。

SING LIKE TALKING の曲は「Spirit Of Love」が演奏曲としてあげられている。
それ以外の曲は、TBS系「世界ふしぎ発見」エンディングテーマでTBS系音楽番組「クリスマスの約束」でも歌われた「La La La」、 東洋醸造 「チューハイ ハイリキ」CMソング「With You」、フジテレビ系「ウチくる!?」エンディング・テーマ「回想の詩」あたりが選ばれるのではではないかと見ている。

木根尚登さんの曲は今のところ発表されていない。
ただ、小室哲哉プロデュースでシングルとして売れた「REMEMBER ME?」、今回の会場である府中の近く・聖蹟桜ヶ丘を題材にした「桜ヶ丘」、NHK 「みんなの歌」に選ばれた「ノックは3回〜Knock Three Times〜」から選曲されるのではないだろうか?

佐藤竹善さんの曲が一番読みにくい。
というのも、演奏曲として選ばれている Eagles「Desperado」、 Stardust Revue 「木蘭の涙」は、竹善さんのライフワーク的存在であるカバーアルバムシリーズ「CORNERSTONES」の収録曲である。
その「CORNERSTONES」から、スタンダードナンバーが選ばれるとみている。
具体的には、Eric Clapton 「Change The World」、TOTO 「Africa」、オフコース「生まれ来る子供たちのために」、GAO 「サヨナラ」あたりがセレクトされるのではないだろうか?。
一方、竹善さんはカバー以外のオリジナル曲があるが、その中でも東北芸術工科大の校歌で小山薫堂作詞の曲「明日へ」が選ばれる可能性があるとみている。

----------

イベント告知ページ
http://www.capital-village.co.jp/calendar/concert/2017050904.html

木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

SING LIKE TALKING 公式サイト
http://singliketalking.jp/

----------

関連記事:

木根尚登&佐藤竹善 初コラボライブ『TMN+SLT=∞』 7/20 開催

木根尚登&佐藤竹善 7/20 初コラボライブ『TMN+SLT=∞』 公開リハーサル決定

7/20 木根尚登&佐藤竹善 初コラボライブ『TMN+SLT=∞』 J:COMで生中継 他

----------

木根尚登 Talk & Live 15th Anniversary Special 2日日
(2007年12月 佐藤竹善ゲスト出演)

For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21




The Best of Cornerstones 1 to 5 ~ The 20th Anniversary ~
佐藤竹善
ユニバーサル ミュージック
2016-11-23