エンタメステーション:オフコースとベスト盤との面白い関係…。

オフコースのセレクションアルバム「SELECTION 1978-81」の話。


連載中の過去の記事は以下の通り。

80年代を象徴するバンド、オフコースを語り始めたら停まらなくなる! さて今回は序章 『LIVE』で「さよなら」を聴いてみる

80年代を象徴するバンド、オフコースを語り始めたら停まらなくなる! 今回は時計の針戻して「愛を止めないで」を

オフコースを語り始めると止まらなくなる。彼らの“口ほどにモノを言う”アルバム・タイトルをプレイバック!

オフコースの「時に愛は」〜愛、そのものを真ん中に置いた白眉のラブ・ソング〜

オフコースが歌う「僕等の時代」。“僕等”というコトバの中身について考える

オフコース 『over』のなかの、〜哀しみを越えた透明感〜

オフコース ニワトリよりタマゴが、いや、“言葉にできない”より“La La La”が先だった小田和正の代表曲

オフコースの10日間。これぞ“ライブ・ハウス・武道館”の本当の始まり、かも。

オフコース 最後を飾る、“汝の敵も愛せよ”的な“I LOVE YOU”


ブログ関連記事:

オフコース「SELECTION 1978-81」(2006年執筆)

----------

オフコース・小田和正「言葉にできない」関連記事

オフコース(小田和正)「over」「YES-YES-YES」関連記事

オフコース(小田和正)「I LOVE YOU」関連記事


SELECTION 1978-81
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21